電子書籍・VODサイト比較、漫画の無料・最安情報

「波よ聞いてくれ」1巻のネタバレ感想紹介

 
波よ聞いてくれ
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、マンガ好きKです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

本日は沙村広明先生が送る大人気作

 

「波よ聞いてくれ」

波よ聞いてくれ 1巻

1巻をほぼ無料で読む方法を紹介し,らすじ・感想をネタバレ交えレビューしていきます。

 

 

【↓先に試し読みしたい方はコチラ↓】

⇒【無料試し読み】波よ聞いてくれ 1巻  

(ebookjapanの作品ページへ)

 

【次巻のネタバレをチェック】

次巻:2巻

 

「波よ聞いてくれ」1巻をほぼ無料で読む方法

「波よ聞いてくれ」1巻をほぼ無料で読むにはVODサイトのU-NEXTを使います。

U-NEXT画像

U-NEXTは日本最大級の動画配信サイトで、電子書籍も配信しており、見放題の映画・アニメが90,000本もあります!

 

U-NEXTに初めて申し込みの方には31日間の無料お試し期間があり、申し込み時に600円分のポイントが付与されます。

 

 

そのポイントを使えば、「波よ聞いてくれ」1巻(税込660円)をほぼ無料(=60円)で読むことが出来ます。

※無料トライアルの31日以内に解約すれば料金は一切かかりません(*^^*)

↓↓1巻をオトクに読むなら↓↓

登録・解約共に2~3分ほどで済みますよ(*^^*)

※もし既にU-NEXTには登録済みだと言う方はmusic.jpをご利用ください。


music.jp
VODサイト
無料お試し期間にもらえる600円分のポイントで「波よ聞いてくれ」1巻がほぼ無料で読めます。


こちらもお試し期間中に解約すれば費用は掛かりません。


無料期間は1日短い30日間となっています。

「波よ聞いてくれ」1巻レビュー(あらすじ・みどころ解説)

1巻のざっくりネタバレ

人生の転機は居酒屋

25歳を過ぎての男との別れはつらい。

 

鼓田ミナレもその例外ではなく、25歳を過ぎて男と別れた挙句、40分前に知り合った男・麻藤兼嗣(まとうかねつぐ)にその愚痴をこぼしていた。

 

目を覚ましたミナレは、泥酔していても部屋にたどり着き靴をきちんとそろえる自分の可愛げのなさを恨み、再度号泣。

 

そのまま仕事場であるボイジャーに出勤。

 

同じく出勤してきた中原忠也(なかはらちゅうや)に昨日一緒に飲みにいけなかったことを謝られるが、麻藤の名刺を見せながら昨日のことを自慢する。

 

名刺には「藻岩山ラジオ局」のチーフディレクターと書いてあり、その時丁度店内では藻岩山のラジオが流れていた。

 

その内容は昨日ミナレが酔いながら麻藤に話したもので、それが公共の電波で流れたていたのだ。

 

すぐに藻岩ラジオの乗り込むミナレだが、麻藤に促され、そのまま生放送で話すことが決定。

 

こうして幕を開けたミナレのラジオデビューは、一回も噛むことなく成功したのだった。

 

ミナレの声の秘密

ラジオでミナレの放送が流れたあと、ボイジャーのHPにはミナレのラジオに関する書き込みが多数寄せられていた。

 

また、動画サイトに店を飛び出すミナレの様子がアップされていたこともあり、瞬く間にミナレの情報が拡散。

 

これを機に藻岩山ラジオで働かないかと麻藤から提案されたミナレはボイジャーをやめると大口を叩くが、初めは週一のアシスタントからだといわれ、再就職決定とならずにうなだれてしまう。

 

 

ある日ミナレは麻藤のもとへ。

 

ラジオブースを見せた麻藤は、暇ならマイクでしゃべってみないかと提案。

 

それに対しミナレは、どうして自分なのかと麻藤に詰め寄る。

 

他の芸人に同じような素人外録を企画したが、反響はミナレの半分以下だったこと、ミナレの声が聞きやすく一度も噛まなかったことなどをあげ、一緒に天下を取ろうと大それたことを言う麻藤。

 

果たしてミナレはこのままラジオパーソナリティーになってしまうのだろうか。

 

生活に困ったミナレが同棲!?

夏祭りが終わったらボイジャーを解雇されるミナレは、とにかく金に困っていた。

 

中原と酒を飲み酔っぱらったミナレは中原から家に来ないかと提案されるが、すぐさま却下し、帰宅。

 

いつも通り家に帰るミナレだが、その背後には見知らず男性が…。

 

警察にも来てもらい事情を説明するが、ミナレが帰宅していたのは階下の男性宅。

 

今日だけではなく、これまでも酔ったときは階下の部屋に侵入、それを発見した男性がミナレを上の部屋に運び入れ、靴をそろえてくれていたようだ。

 

この日を境に藻岩山ラジオのAD・南波瑞穂(なんばみずほ)宅へ転がり込んだミナレ。

 

看板番組を持つことが決定したようだが、当分ラジオの報酬は期待できないようだ…。

 

ボイジャーに転がり込んだのは…?

ミナレの看板番組が決まり、着々と話が進んでいく様子が気に入らない中原。

 

藻岩山ラジオときっぱり縁を切りボイジャーに戻ってきてほしいという中原だが、それは自分がミナレのことを好きな気持ちからくるものもあったようだ。

 

複雑な気持ちのままボイジャーに到着した二人に、一本の電話が…。

 

その電話はボイジャーの店長からで、事故に遭ってしまったため中原一人で店を切り盛りしろとのことだった。

 

そこへ現れた謎の女性。

 

果たして彼女は何者なのか!?

 

 

【↓無料試し読みはコチラ↓】

⇒【無料試し読み】波よ聞いてくれ 1巻  

(ebookjapanの作品ページへ)

 

1巻みどころ解説

鬼滅の刃18巻見どころ紹介

ミナレの気持ちが痛いほどわかる

25歳を過ぎての別れほどつらいものはないと書きましたが、これに共感できる女性は多いのではないでしょうか?

 

いくら辛いといっても見ず知らずの男性にベラベラ愚痴を聞いてもらい、挙句の果てに公共の電波で愚痴を流される女性はいないと思いますが…w

 

この他にもミナレに共感できる部分が沢山あり、女性でも楽しめる作品となっています(^^♪

 

表紙の下を見ろ

本編とあまり関係ないのですが、波よ聞いてくれの表紙は絶対見た方がいい!

 

普段表紙の下ってあまり見る機会ないですよね。

 

波よ聞いてくれ1巻の表紙はミナレがマイクに向かっている絵ですが、その下にはなぜか札幌のグルメ情報が…w

 

最初見たときは「???」となりました(笑)

 

だって、普通は本編に関係する重要な何かが書かれていると思うじゃないですか!?

 

それが札幌グルメですよ!?w

 

2巻以降は何が隠れているのか、注目して見ていかなければなりません( ̄ω ̄)w

 

【↓無料試し読みはコチラ↓】

⇒【無料試し読み】波よ聞いてくれ 1巻  

(ebookjapanの作品ページへ)

 

1巻の口コミ

Twitterでの口コミを紹介していきます♪

たしかに!わかる人はもっと笑えるんだろうとというセリフが多いw

このシーン僕も笑いましたw

 

ミナレの中のヒモの定義w

 

 

「波よ聞いてくれ」1巻まとめ

1巻まとめ・総評

ひょんなことからラジオパーソナリティになったミナレですが、25歳にして人生波乱すぎますw

 

居酒屋で酔っぱらって見知らぬおじさんに愚痴をこぼしたら、その内容を公共の電波で発信させられるとかどこの世紀末ですかw

 

個人情報無視w

 

こんな設定ありえないと思って読んでいましたが、ミナレだったらあり得るかも…と思い始めるのが沙村広明マジックなんですよね(^^)

 

2巻でも破天荒なミナレが見られることを期待しましょう♪

 

 

⇒【無料試し読み】波よ聞いてくれ 1巻  

(ebookjapanの作品ページへ)

 

【次巻のネタバレをチェック】

次巻:2巻

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^*)

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、マンガ好きKです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マンガログ , 2020 All Rights Reserved.