感動する漫画の名言、オススメの漫画のネタバレ感想、無料情報を中心にお届け!その他映画、勉強、ダイエット、AGA等のお役立ち記事も満載!

「天国大魔境」2巻のネタバレ感想・考察・無料試し読み情報

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
リバもとです。 勇気を出して12年務めた会社を退職し、資格試験とブログに挑戦中です! 漫画の名言で人生変えられました! なので迷っているあなたに一歩踏み出す勇気と言葉を届けます!

こんにちは、マンガコンシェルジュ リバもとです。

 

このマンガがすごい!2019オトコ編第一位に選ばれた

SFサバイバル漫画「天国大魔境」の2巻が3/22に発売されました!

 

謎ばかりが出てきて先の読めない展開で終わった1巻。

(※1巻のあらすじ・考察はこちらをご覧ください。)

その1巻での疑問が2巻で少しずつ紐解かれていきます!

それでは「天国大魔境」第2巻の紹介をしていきます。

⇒【天国大魔境】2巻を無料で試し読み 

 

天国大魔境2巻あらすじ(ネタバレあり)

1巻の最後、東京に戻る船内で、「僕は脳は男なんだ」と衝撃の告白をしたキルコ。

2巻はそのキルコの回想から始まる。

 

5年前の浅草。

竹早桐子は電動カートレースのドライバー。(外見上キルコかと思われる)

弟の春希と一緒に暮らしている。

そして1巻でキルコが捜していた稲崎露敏(ロビン)、初老の”医者”も登場する。

ロビンは電動カートレース集団のリーダー。

”医者”はヒルコ(人食い)の研究をしているとの噂がある怪しい男。

どうやら5年前にも人食いの化け物:ヒルコは存在している。

カートレースが開催されるある日、春希はレースのコース上に人食いを発見する。

姉のレースの為、人食いに果敢に挑む春希だが、抵抗むなしく捕食されてしまう。

そこにレース中の桐子が現れ、弟を助けようとする。

カラダの大部分を食われた春希は姉に抱かれ意識が飛んだが、なんと生きており、意識を取り戻す。

目覚めた春希は鏡をみて愕然とする!

「僕が姉ちゃんになっている!?」

パニックに陥る春希(?)

頭にも手術跡があり、脳は春希、体は桐子だということは間違いない。

なぜこんなことになったのか!?

謎を解くため、ロビンと”医者”を捜す春希。

だが二人とも行方不明になっており、消息がつかめない。

春希はなぜこうなったかの理由を知るため、ロビンと”医者”の二人を捜す決意をする。

 

マルにこれまでの経緯を話したキルコ。

マルもキルコは中身は男であると渋々納得する。

そんな中二人に新たな試練が訪れる。

船を「人食い(ヒルコ)」が襲ってきたのだ!!!

逃げ場のない船での戦い!

二人は無事に「人食い(ヒルコ)」を倒せるのか…!?

 

⇒【天国大魔境】2巻を無料で試し読み 

 

天国大魔境2巻感想・考察(ネタバレあり)

キルコの素性

2巻ではキルコの素性が明かされました…。

まさか脳だけ男だったとは…。

1巻から一人称が「僕」だったりしたので気にはなっていたんですが、まさか脳が別人(姉)に移植されてるとは思いもよりませんでした!(まぁ、一巻で頭に傷跡があるよという伏線はあったのですが)

ただこれがミスリーディングで、作中でも言及ありますが、弟を失くしたことを認めたくない桐子の思い込みというオチもあるかもしれません。

ただ脳が移植されてたとすると、姉である桐子の脳はどこに行ったのでしょうか?

とにもかくにも”医者”が全てのカギを握っていそうですね!

 

そして「キルコ」という名前もおおよその由来がわかりましたね!

これはリバもと独自の見解です。

 

キルコ=「」リ「」(桐子)+ハ「」キ(春希)

 

二人の名前を合わせて「キルコ」としたのでしょう!

中心に弟の春希の「ル」が来るのも、体の中枢の脳が春希のモノであることに掛けているのではないかと。

 

学園内の「赤ん坊」

今回学園内の場面ではトキオが、ククに誘われて施設内の「赤ちゃん」を見に行きます。

そこには顔と肢が異形の生き物がいました…。

 

(出典:天国大魔境2巻/石黒正数)

 

そして侵入者ありの警報が鳴り響き、ククとトキオはこの部屋から脱出します。

しかしその時この異形の赤ちゃんが思念(?)を発します。

 

(出典:天国大魔境2巻/石黒正数)

いったい「赤ちゃん」は何者なのか?

人食い(ヒルコ)にも似てるようですが、姿かたちが半分は人間に近いので、人食いでは無いと推測します。

造形としては植物+人間の印象を受けますので、遺伝子操作された人間という可能性は十分にあると思います。

そしてコナが描いていた絵にも赤ちゃんの絵がありました。この一致は何を示すのか、今後の展開が気になるところです。

 

タラオの「病気」の正体

タラオが終盤で危篤になりますが、1巻と比べてタラオの肌に変化が出ています。

(出典:天国大魔境2巻/石黒正数)

タラオの顔にアザが浮かび上がってきてますよね!?

これ1巻で死んだ、トキオの保護者、ミクラと同じ症状なんですね!

つまりミクラも施設出身!?それならマルも!?

 

マルもミクラも施設出身なら、なぜ外の世界にいるのか?

おそらく施設の方針に反発した大人たちが少数の子供を引き連れて外の世界に脱出したのではないかと予測します。

 

病気の原因は?

前回の考察通り病気の原因は遺伝子操作だと推測します。

そしてその副産物として、動物たちも影響を受け、人食い(ヒルコ)が誕生したのではないかと。

ただなぜ遺伝子操作をしているかはまだ根拠ある予想が立てられません。

 

ぶっ飛んで予想するなら「人類植物化計画」!!!

 

病気で死んだ人間を土葬すると、今回出てきた赤ちゃんが生えてくる!!!!

その実験の為に子供たちは施設で育てられている!!!!

 

かなりぶっ飛んだ予想ですけど当たることを願っています(笑)

 

2巻まとめ

2巻の展開としては。

外世界

  • キルコの素性が明らかになる。
  • 船での人食い(ヒルコ)との戦い

施設内

  • 「赤ちゃん」との出会い
  • タラオの病気の悪化

となります。

 

2巻でかなり面白さが加速してきましたね!

大友克洋の「AKIRA」が好きな人は、世界観、描写も通ずるところがありますからオススメですよ!

 

このマンガがすごい!2019オトコ編第1位「天国大魔境」!

アニメ化もしやすい題材だと思うので、アニメ化に期待!!!!

下記から無料で試し読みができますのでお気軽にどうぞ!

⇒【天国大魔境】2巻を無料で試し読み 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
リバもとです。 勇気を出して12年務めた会社を退職し、資格試験とブログに挑戦中です! 漫画の名言で人生変えられました! なので迷っているあなたに一歩踏み出す勇気と言葉を届けます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リバログ-ribalog- , 2019 All Rights Reserved.