オススメ漫画の紹介、ネタバレ感想、無料情報を中心にお届け!

スパイファミリー最新刊3巻を無料で読む方法とネタバレ感想紹介

アバター
WRITER
 
スパイファミリー
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、リバもとです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

本日は遠藤達哉先生が送る大人気作

 

「スパイファミリー」

スパイファミリー3巻

最新3巻無料で読む方法を紹介し

あらすじ・感想をネタバレ交えレビューしていきます。

 

 

この記事はこんな方に向けて書いています

  • 3巻の内容、みどころが知りたい
  • 3巻を無料で読みたい。

 

 

【↓先に試し読みしたい方はコチラ↓】

⇒スパイファミリー3巻

(ebookjapanの作品ページへ)

 

【スパイファミリーレビュー記事一覧】

1巻2巻3巻

 

 

「スパイファミリー」最新3巻を無料で読む方法

「スパイファミリー」の3巻無料で読むには

 

VODサイトのU-NEXTを使います。

U-NEXT画像

U-NEXTは日本最大級の動画配信サイトで、

電子書籍も配信しており、

見放題の映画・アニメが90,000本もあります!

 

U-NEXTに初めて申し込みの方には

31日間の無料お試し期間があり、

申し込み時に600円分のポイントが付与されます。

 

 

そのポイントを使えば、

「スパイファミリー」の3巻(税込501円)を

 

無料で読むことが出来ます。

 

※無料トライアルの31日以内に解約すれば料金は一切かかりません(*^^*)

↓↓3巻を無料で読むなら↓↓

登録・解約共に2~3分ほどで済みますよ(*^^*)

※もし既にU-NEXTには登録済みだと言う方は

music.jpをご利用ください。

 

music.jpVODサイト

無料お試し期間にもらえる600円分のポイントで

「スパイファミリー」の3巻が無料で読めます。

こちらもお試し期間中に解約すれば費用は掛かりません。

 

無料期間は1日短い30日間となっています。

「スパイファミリー」3巻レビュー(あらすじ・みどころ解説)

3巻のざっくりネタバレ

ユーリが自宅へ…

(黄昏とヨルの関係を怪しんだ)ヨルの弟・ユーリがヨルと黄昏の自宅へやってきた。

 

結婚のことを知らされていなかったユーリは、黄昏が結婚相手として本当にふさわしいのか見極めに来たのだ。

 

ユーリがそんなことを考えているとは知らず、黄昏とヨルはこの結婚に隠された秘密を守ろうと必死だった。

 

扱いづらそうなユーリの相手はヨルに任せたが、ヨルの天然が炸裂し、バレるのではないかとひやひやする黄昏。

 

しかし、ユーリは相当なシスコンであったため、滅茶苦茶なヨルの話もすんなり信じるのであった。

 

酔いも回り、すっかり出来上がったユーリだが、まだまだ二人の結婚を認めたわけではない様子。

 

夫婦である証拠にここでキスしてみろと迫るが、やっぱりヨルがほかの男に取られるのは嫌だと言って、2人のキスを防ごうとする(見せ場をつぶしてしまう)ユーリ。メチャクチャ行動が矛盾してますw

 

ヨルのこととなると、普段の冷静沈着な保安局員(秘密警察)としての一面はどこかへ行ってしまうようだ…。

 

“ちち”と“はは”はなかよし?

ユーリが自宅へ来た翌日、黄昏にはまだやるべきことが残っていた。

 

弟のユーリが保安局員であることから、ヨルも意図的に自分に近づいてきたのではとの疑いが黄昏の頭をよぎる。

 

ヨルが保安局の回し者ではないと確認しなければならない。

 

黄昏にとって保安局は敵であり、自分の素性がばれてはいけない相手だ。

 

保安局員であるユーリは、西のスパイである黄昏を捕まえることが当面の使命であると通達されている。

 

つまり、黄昏とユーリは義理の兄と義理の弟という関係でありながら、互いに敵対する関係でもあるのだ。

 

もしヨルが弟の仕事を知っていれば、すぐにでも黄昏のことを密告するかもしれない。

 

このことを懸念した黄昏は様々な手でヨルを揺さぶるが、ヨルはそもそも弟の職業を外務省職員だと信じ込んでいる。

 

そのためどんなに追い詰められてもユーリが保安局員であるといった内容を口にせず、ヨルがユーリの職業を知らないことが証明された。

 

朝よそよそしかった二人の姿を心配していたアーニャは、夕方二人がいつも通りになっていたことにほっと胸を撫でおろすのであった。

 

体育で芽生える友情!?

ある日、体育の授業で星がもらえると聞いたアーニャは、星をたくさんとって黄昏の任務を手伝おうと意気込んでいた。

 

黄昏のターゲットの次男であるダミアンとも仲良くしなけらばならないが、自分をいじめてくるダミアンのことが苦手なアーニャ。

 

試合が始まり、相手の心が読めるアーニャはボールを避けて避けて避けまくる。

 

ダミアンと共に最後の二人まで残ったその時、相手チームから投げられたボールがアーニャに当りそうになってしまう!

 

しかし、そんなアーニャを守ってくれたのは、あのダミアンだった。

 

ダミアンの仇を討とうと全身全力でボールを投げるアーニャだが、ボールは床に強く叩きつけられ、相手チームに転がっていく…。

 

あっけなく負けてしまい、噂されていた星ももらえなかったが、アーニャとダミアンの間には友情が…!?

 

星のために頑張るアーニャ

任務のためにアーニャを特待生にしなければならない黄昏。

 

しかし、アーニャは勉強が苦手で、芸術や運動も得意ではない。

 

そんなアーニャが星をとれる方法として思いついたのが、社会貢献である。

 

人命救助によって星を獲得した例は稀で、長期間の奉仕活動によって星を受賞したものは多い。

 

早速アーニャにも奉仕活動を手伝わせるが、集中力が続かず、仕事を放棄してしまう。

 

そんな時、プールでおぼれる子供の声が聞こえたアーニャ。

 

超能力のことを悟られないよう、黄昏の制止も振り切りプールへ直行してしまう。

 

後先考えずプールへ飛び込むアーニャだが、後を追ってきた黄昏もプールに飛び込み、おぼれていた子供とアーニャの救出に成功。

 

新たな家族?

人命救助によって星をもらったアーニャ。

 

周りの子たちはこのことを好ましく思っていないようだが、意外にもダミアンはアーニャのことを認めているようだった。

 

その日友人との会話で、星のごほうびは何にするのか尋ねられたアーニャ。

 

犬を飼えばダミアンと近づけるというおかしな考えを起こしたアーニャは、黄昏に犬をねだるのだが…!?

 

果たしてどんな犬が登場するのか!?

 

【↓無料試し読みはコチラ↓】

⇒スパイファミリー3巻

(ebookjapanの作品ページへ)

 

3巻みどころ解説

鬼滅の刃18巻見どころ紹介

黄昏とユーリの応酬

スパイである黄昏と、秘密警察であるユーリの掛け合いがたまりませんw

 

黄昏はユーリが秘密警察であることを知っていますが、ユーリは純粋に黄昏のことを結婚相手として認めていない様子。

 

しかし、スマートにおもてなしが出来、ヨルのことを大切にしている黄昏の姿を目の当たりにしたユーリの葛藤が見どころです。

 

次第に黄昏に心を開いていきそうですが、黄昏としては困るでしょうねw

 

アーニャの学校生活

今回も終始アーニャが可愛い!

 

アーニャは黄昏の任務を知っているため、何とか役に立とうと努力しますが、すべて空回りしているのが微笑ましい(*´ω`*)

 

一見、黄昏が主人公のように見えますが、実はかなりの読者がアーニャに魅了されていると思われます。

 

特に16話のアーニャの表情は可愛すぎますので必見です!

 

【↓無料試し読みはコチラ↓】

⇒スパイファミリー3巻

(ebookjapanの作品ページへ)

 

「スパイファミリー」3巻まとめ

3巻まとめ・総評

ヨルの弟が登場し、黄昏の素性がばれるかとひやひやしましたが、ユーリのシスコンっぷりのおかげでばれることはありませんでした。

 

スパイ漫画にありがちな頭を使う部分はあまりなく、ほのぼのと読むことが出来ます。

 

終始アーニャに癒されるので、「最近ちょっと疲れてるな…」と感じる方は是非読んでみてください!

 

3巻の口コミ

3巻の口コミも好評です(^^)☆

アーニャに続いてユーリという魅力的なキャラにも物語を引っ張っていってほしいですね(*^^*)

 

この作品はアーニャ主演のコメディだと僕も思っています。

 

やはりアーニャ推しの人は多いみたいですね( ̄▽ ̄)

 

「スパイファミリー」4巻の発売日は?

4巻は

2020年4月5日

の発売予定です。

 

【↓無料試し読みはコチラ↓】

⇒スパイファミリー3巻

(ebookjapanの作品ページへ)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^*)

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、リバもとです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リバログ-ribalog- , 2020 All Rights Reserved.