オススメ漫画の紹介、ネタバレ感想、無料情報を中心にお届け!

「親愛なる僕へ殺意をこめて」1巻あらすじ・ネタバレ感想 無料試し読み可 ヤンマガ連載中のサイコサスペンス!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、リバもとです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

リバログ-ribalog-にご訪問ありがとうございます。

このブログでは漫画を20,000冊以上読破しているリバもとが、

オススメの漫画、今から人気に火が付きそうな漫画を紹介しています。

 

本日はヤンマガで好評連載中のサイコサスペンス漫画

「親愛なる僕へ殺意をこめて」(原作:井龍一先生、漫画:伊藤翔太先生)

1巻をあらすじ・ネタバレ感想交えてレビューしていきます。

この記事はこんな方に向けて書いています

  • 「親愛なる僕へ殺意をこめて」はどんなマンガ??
  • 1巻のあらすじが知りたい。
  • 1巻の見どころを知りたい。
  • 「親愛なる僕へ殺意をこめて」を無料で読める情報が知りたい。
  • グロ漫画が好きな方。
  • ミステリー、サスペンスが好きな方。

 

↓↓↓先に1巻の無料試し読みをしたい方はこちらから↓↓↓

※お得情報※

7/4まで1巻が丸々無料で読めます!

⇒【7/4までの期間限定】「親愛なる僕へ殺意をこめて」1巻を無料で読む 

 

 

「親愛なる僕へ殺意をこめて」第1巻 レビュー

作品概要

「人生は楽しんだもん勝ち」がモットーの大学生・浦島エイジ。

だが彼は、人には言えない“過酷な運命”を背負っていた。

その現実と向き合った時、彼は惨劇に巻き込まれていく―――。

出典:ebookjapan「親愛なる僕へ殺意をこめて」1巻作品紹介

原作:井龍一

漫画:伊藤翔太

掲載誌:ヤングマガジン

既刊4巻(2019年6月22日現在)

 

1巻あらすじ

浦島エイジの記憶

浦島エイジは冴えない男子大学生。

彼女もおらず、童貞であることをコンプレックスに毎日を過ごしている。

 

10/23。今日も合コンで惨敗。

しかし、エイジはめげることなく、いつかできる最愛の恋人と夢の国へ行くため

500円貯金を続けている。

合コンは残念だったが、仕方ないと眠りにつくエイジ。

 

翌朝、これまでにないほど心地よい目覚めを迎えるエイジ。

 

「おはよ。エイジくん。」

 

エイジの横に横たわる美女が声を掛ける。

 

「は?へ?」

 

混乱するエイジ。

授業に遅れそうと登校準備をする美女。

 

「あの…これってどういうこと?」

 

エイジはストレートに疑問をぶつける。

 

「え、ひどい!

付き合おうって言ったのエイジくんじゃぁーん!

どういうことってどういうことよぉ!?」

 

泣き出した美女を何とかなだめて、部屋から送り出す。

エイジはいったん状況を整理する。

隣に寝ていた彼女の名は”雪村京花”

同じ大学に通う評判の美人。

だが告白した覚えが全くない…。

酒を飲みすぎていたのか…。

 

「ま、いいか。

きっと酔った勢いで告白したんだろう。

酔った勢いとはいえあんなカワイイ子と付き合えたんなら結果オーライ!!」

 

人生で初めての彼女が出来、浮かれ気分で登校する。

浮ついていたため登校中人にぶつかってしまう。

 

「あ、すいま…」

 

ぶつかったのは大学で評判の悪い不良の名脇だった!!

 

「浦島さん、チーッス!!」

 

なぜかエイジに最敬礼の名脇。

敬語でエイジに挨拶をし去っていく。

またも混乱するエイジ。

そこにエイジの友達の柏木が登場する。

そして柏木の話から、京花に絡んでいた名脇をエイジが右ストレート一発でぶっ飛ばし、

それからエイジと京花は付き合うことになったことを知る。

だがエイジには京花の記憶も、名脇の記憶もない。

 

「なぁ、名脇を殴ったのっていつのことだ?」

 

エイジは柏木に問う。

 

「あん?3日前やろ?」

 

「柏木、今日って10月24日だよな?」

 

「何言うてんねんエイジ。

今日は27日やろ?」

 

確かにスマホやテレビを確認する限り今日が10月27日なのは間違いない。

だがこの3日間の記憶が全くないのはどういうわけだ?

考え込むエイジ。

その時エイジを後ろからのぞき込む人影が…。

エイジは人影に驚くが、それは同じクラスの真明寺麗であった。

ジッとエイジを見つめる真明寺。

 

「よかった。”いつものエイジ”だ。」

 

真明寺は意味深な言葉を残しその場を去っていった。

 

様々な疑問が渦巻く中でも、彼女が出来たことに浮かれるエイジは、

解けない疑問は後にして雪村京花に誘われるまま楽しいひと時を一緒に過ごす。

 

そして二人でエイジのアパートに向かう途中、エイジは京花にある秘密を打ち明けようとする。

しかしその時見知らぬ男が2人の前に立ちはだかる。

男はフリーライターの一寸と名乗る。

そしてエイジに尋ねる。

 

「彼女さんにはもう言ったの??」

 

やめろと言葉少なに抵抗するエイジ。

だが構わず一寸は話を続ける。

 

「君が”殺人鬼の息子”だってことをさ。」

 

エイジの父親は女子大生を何人も惨殺した”LL”と呼ばれる殺人鬼だった。

父の本名は八野衣真。

エイジは叔父夫婦に引き取られ、浦島と名字を変え生活していたのだ。

 

「殺人鬼の息子がさー、普通の幸せを夢見ちゃダメだろ~。」

 

エイジを追い詰める一寸。

その時

 

「ちょっとあなた!

さっきから聞いていたらなんなんですか?」

 

京花が一寸に対して食って掛かる。

 

「お父さんがどうとか、エイジ君に何も関係ないじゃないですか!!」

 

一寸に対して一歩も引かずまくしたてる京花。

京花の声に周囲の目も集まってきたため、そそくさとその場を立ち去る一寸。

 

「ほんっと腹立つなぁ、ああいう人。

気にしちゃだめだよ、エイジ君。」

 

「…京花ちゃん、なんで?」

 

自分が殺人鬼の息子と知っても一向に変わる気配のない京花を不思議に思うエイジ。

 

「あぁ、だってアタシ前から知ってたし。」

 

エイジの父親のことは大学内では結構有名な噂で、

エイジと付き合いだしてからわざわざ京花に教えに来てくれた人もいたという。

 

「お父さんは、お父さん。

エイジ君は、エイジ君。

あたしはそれでいいと思うな。」

 

京花の言葉に涙が止まらないエイジ。

そんなエイジを京花は優しく抱き締めるのだった。

 

月は変わり11/1。

河川敷にパトカーのサイレンがけたたましく鳴り響く。

桃井という女刑事が現場検証に現れる。

河川敷で、若い女の死体が発見されたのだ。

 

「桃井さん、私、こんなホトケは見たことありません。

ものすごい”拷問”の痕ですよ。」

 

鑑識員がそうつぶやく。

そしてホトケと対面する桃井。

その若い女のホトケは異様なものだった。

全裸で、全身にピンを刺され、手の指を切断され、口に切断された指を突っ込まれていた。

たまらず、吐き気を催す桃井。

そしてこう思う。

 

「同じだ…15年前と…。

”LL”(殺人鬼)が戻ってきやがった…。

 

死体は15年前の”LL”こと八野衣真が起こした事件と殺害手口が酷似していた。

果たして再度現れた”LL”の正体とは!?

そしてエイジの記憶喪失との関係は!?

(あらすじの続きは1巻で読めます!)

↓↓↓無料試し読みはコチラから↓↓↓

※お得情報※

7/4まで1巻が丸々無料で読めます!

⇒【7/4までの期間限定】「親愛なる僕へ殺意をこめて」1巻を無料で読む 

 

1巻ネタバレ感想

殺人鬼LLとは?

あらすじでも語られた通り、エイジの父親「八野衣真」のことです。

15年前女性4人を今回の河川敷の死体と同じ方法で拷問し、殺した。

指名手配された”LL”こと八野衣真は、

潜伏先で捜査員に取り囲まれると、最後は自らに火を放ち、焼身自殺した。

その直前、”LL”がネットに書き残したメッセージが物議をかもした。

 

また殺す LL

 

15年経った今でもなお世間の注目を集める通称”LL”事件。

そしてその注目が一つの事実を暴き出す。

八野衣真には子供がいたのだ!

世間は彼を悪魔の子供とみなしている。

そしてそれがこの物語の主人公である浦島エイジなのであった…。

 

1巻の感想

謎が謎を呼ぶ展開で全く先が読めませんが、一つ言えるのは…

 

死体の描写が今まで見てきた漫画で一番というぐらい生々しい…。

 

作品全体はサスペンス調でありながら、そこまでグロイ描写は多くないんですが、

数少ないグロ場面では、

これでもかという衝撃を絵で与えてきます(‘Д’)!!!

絵なのに死体に妙にリアル感があるんですよね。

伊藤翔太先生の画力のなせる業でしょう!

実際河川敷の死体の描写は気分悪くなる人いるだろうなーと。

なのでグロ苦手な人は注意してくださいね!!

 

「親愛なる僕へ殺意をこめて」第1巻 まとめ

物語は始まったばかりですが、多くの謎が提示されています。

これをどうキレイにまとめていくか!?

作者の腕に注目です!

 

↓↓↓「親愛なる僕へ殺意をこめて」1巻無料試し読みはコチラから↓↓↓

※お得情報※

7/4まで1巻が丸々無料で読めます!

⇒【7/4までの期間限定】「親愛なる僕へ殺意をこめて」1巻を無料で読む 

 

時代の波に乗れ!電子書籍のススメ!

まだまだ本屋も全国的に多く、紙の本が主流のひとつではありますが

全国の書店数は徐々に減少傾向にあります。

そんな中今一番伸びている読書方法は電子書籍を使った読書です!

電子書籍のメリット

  • いつでもどこでも漫画を読める!
  • 本棚が不要!
  • 発売日になればすぐ買える!
  • 書店に行く手間が省け、時間の節約になる!
  • 買いにくい本(エロ・グロ・ドロドロ)を誰にもバレず読むことが出来る!
  • 試し読みをしてその作品が自分に合うか判断できる!

 

そして数ある電子書籍サイトの中でも

ebookjapanが特にオススメです。

 

【ebookjapanの特徴】

  • ebookjapanは、割引キャンペーンが多い!

10~15くらいの割引は定期的に行われています。

なんと初めてヤフーIDでログインされる方には最大50%オフのクーポンも!(上限500円)

 

  • Tポイントが貯まる、使える!

お持ちのTカードと連携させれば、最大で通常の30倍のTポイントがもらえる!

他で貯めたTポイントで漫画を買うことも可能です!!

※関連記事※

ebookjapanはTポイントを使って漫画が読める!ポイント付与時期も解説。

 

  • 無料漫画の量がすごい!!!

まず全作品とも無料試し読みが出来ます!!

中には1冊丸々無料で読める漫画も!

現在2000冊以上の漫画が無料で読めます(^^)/

⇒ebookjapan無料漫画一覧

 

 

あなたに良き読書ライフを☆

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、リバもとです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リバログ-ribalog- , 2019 All Rights Reserved.