オススメ漫画の紹介、ネタバレ感想、無料情報を中心にお届け!感動する映画、マンガの名言満載!

センコウガールが面白い!2巻あらすじ・ネタバレ感想・無料試し読み情報

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
リバもとです。 勇気を出して12年務めた会社を退職し、資格試験とブログに挑戦中です! 漫画の名言で人生変えられました! なので迷っているあなたに一歩踏み出す勇気と言葉を届けます!

リバログ-ribalog-に訪問ありがとうございます。

このブログでは漫画を20,000冊以上読破しているリバもとが、

オススメの漫画、今から人気に火が付きそうな漫画を紹介しています。

 

本日は永井三郎作のガール・ミーツ・ガール漫画

「センコウガール」

2巻のあらすじ・感想をネタバレ交えレビューしていきます。

この漫画試し読みで1巻を読んだらめちゃくちゃ面白くて、そのまま一気読みしてしまいました(笑)

※1巻の紹介記事はこちら

センコウガールが面白い!1巻あらすじ・ネタバレ感想・無料試し読み情報

 

この記事はこんな方に向けて書いています

  • 「センコウガールがどんなマンガなのか興味がある。」
  • 「センコウガール2巻のあらすじが知りたい。」
  • 「センコウガール2巻の見どころを知りたい。」
  • 「センコウガールを無料で読める情報が知りたい。」

1巻が今なら無料です!(5月4日現在)

⇒【今なら1巻が無料】センコウガール1巻を読む 

(※無料期間は予告なく終了することがございます。)

 

2巻の無料試し読みはこちらから。

⇒【無料試し読み】センコウガール2巻を試し読み 

 

漫画「センコウガール」作品概要

七子(ななこ)が死んだ。同時に生まれ変わったような姿で現れた美少女不登校児・如月民子(きさらぎたみこ)。彼女に「名指し」された3人のクラスメイトは、民子の狂気の行動に追い詰められていくが…? 民子の真の目的は、復讐か、それとも…?? そして民子の自宅の「腐乱した何か」の正体は?? いじめ、マウンティング、毒親…… 全ての「女の子」の呪縛を解き放つ、ガール・ミーツ・ガールミステリー!

(出典:ebookjapanセンコウガール作品紹介)

漫画「センコウガール」2巻あらすじ

如月民子は幼少から綺麗な女の子であった。

小学校ではオール5の成績、運動神経抜群、学校1の美少女。

そのせいで同性の友達から嫌がらせを受けたり、帰り道、男に尾けられたりすることもあった。

民子は母親に相談するが、民子の母親は自分に似ず綺麗な民子を疎ましく思う。

「またどっかで男誘うようなマネでもしたんだろ?」

そういって民子を拒絶する。

ある日民子は帰り道、男に刃物を突き付けられ、いたずらされそうになる。

男の顔に土をかけて、何とか難を逃れた民子だった。

そして自分の部屋でナイフを握りこう決意する。

「自分のことは自分で何とかしなきゃ。」

 

保健室で眠りから覚めた民子は、校庭でパンを大量に食べる田辺曜子に話しかける。

「なんでそんなに食べるの?おいしいの?」

こう問いかける民子に

「おいしいとかわかんない。

なんでか?…からっぽだからかな。

食べても食べても、埋まらなくて。」

と答える田辺曜子。

 

「ヘンな女~」

 

眼を輝かせて田辺に興味を示す民子であった。

 

三浦英子が学校に来ず、クラスメイト達はこう噂する。

『如月さんが英子に復讐したんじゃ…』

その噂を聞き次は自分の番と思ったのか学校を早退する早川隼子。

校門を出ようとした瞬間

 

「早川さーん!もう帰るの!?」

 

なんと民子がすぐ後ろに付いてきていました。

民子を突き飛ばし、逃げる早川隼子。

早川隼子は過去を思い出します。

 

彼女には脚のケガで陸上を諦めています。

ケガをして落ち込んでいた時、体育の授業で民子がインターハイ並みの記録を出してしまいます。

「如月さん、陸上とかやっていたの?」

「いえ。中学も今も帰宅部なんで。」

それを聞いた早川隼子はこう思います。

 

『ふざけるな…!

こちとら全てを陸上に捧げてきても報われなかったのに!

才能をオマケみたいに持ちやがって…許せない!』

 

それが民子への嫌がらせのキッカケでした。

 

そして民子に追いつかれ倒される早川隼子。

民子は早川隼子にこう語る。

 

「イヤガラセへの復讐じゃないよ。

早川さんも英子と同じように『死にたい』が口癖だったでしょ!?

だからわたしが殺してあげるって言ってんの。」

 

民子は、自殺する直前の七子との海岸での会話を隼子に話す。

 

七子は虚ろな目で「死にたい」と繰り返し言っていた。

民子は七子に思わず「あたしが殺してあげようか」と言った。

七子は悲しいような嬉しいような、寂しいような、なんとも表現できない、穏やかな表情を浮かべた。

そのあと学校に一緒に行かないかと七子に誘われたが、民子は断った。

そしてそのまま七子は学校の屋上から飛び降りたのだ。

 

「死ぬことをあんな穏やかな表情で受け入れられる人間が死んでいく顔はどんなだろう?

七子の死にゆく顔が見たかった…。

そうすれば黒い箱の中にいる私にも光が見えたかもしれない…」

と民子は隼子に語ります。

 

「だからお願い早川さん、わたしに殺させて?

死ぬ顔をみせてよ。」

衝撃をうけ、呆然とする隼子。

そんな隼子にさらに衝撃の言葉を投げかける民子。

 

「大丈夫。

わたし人を殺すのは初めてじゃないから。

今度はきっと上手くできるハズよ!」

 

果たして民子は誰を殺しているのか??

隼子は民子の願いを拒絶できるのか!?

(この続きは2巻にて)

 

⇒【無料試し読み】センコウガール2巻を試し読み 

 

漫画「センコウガール」2巻ネタバレ感想・見どころ

明らかになる民子の過去そして現在

民子の過去の回想が増えてきて、だいぶ彼女の輪郭が見えてきましたね。

  • 容姿端麗
  • 運動神経抜群
  • 母親は民子の美貌に嫉妬している。
  • 人を殺している!?
  • 男嫌い

すごく恵まれているように見える彼女でも、母親との確執、男からの目線、同性からのイヤガラセと悩みがつきません。

ただ彼女が1巻から言っている「黒い箱」とは何なんでしょう?

「生きることに絶望している」

「お先真っ暗」

ということでしょうか?

七子もまた「黒い箱」の中にいたと言うので、青春特有の絶望感かもしれませんね。

そしてその黒い闇を振り払うのが〈閃光〉(センコウ)であるのかなと。

そのセンコウになる女の子は誰なのでしょうか?

 

そして民子の現在の家には母親がいないように感じられます。

ハエが度々出てきていましたが、2巻でハエが出て来る理由が明らかになりましたね!?

そう、民子の家の庭には死体が埋まってるのです!!

いったい誰の死体かはまだ不明ですが、母親の可能性が高いと思われます。

 

七子の死んだ理由は??

2巻でもまだ明らかになっていませんが、七子も何かに深く悩んでいたのは間違いありません。

男関係?家族関係?それとも禁断の愛?

七子の死んだ理由はまだ明らかになりませんでしたが、少しずつベールが剥がされてきました。

そして七子が穏やかな顔で死んでいけたのではという疑問と、その顔が見たかったという欲が民子を大きく変えました。

その点では、民子にとって七子が暗闇を照らす閃光なのではないかと現時点では思えます。

 

まとめ

徐々に謎が明らかになりつつある第2巻。

民子の異常さが際立つ描写が多かったと思いますが、きっと3巻はこれより強烈になるはず!!

ミステリーや心理描写が好きな方に向いている漫画だと思います。

 

ちなみにこの「センコウガール」は電子書籍のみの配信になります!!

紙媒体での出版は今のところ情報なしです。

まずは無料で読める1巻を読んでみてください!!(5/4現在)

読んだあなたの感想お待ちしています!

 

⇒【今なら1巻が無料】センコウガール1巻を読む 

(※無料期間は予告なく終了することがございます。)

 

2巻の無料試し読みはこちらから。

⇒【無料試し読み】センコウガール2巻を試し読み 

 

あなたに良き読書ライフを☆

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
リバもとです。 勇気を出して12年務めた会社を退職し、資格試験とブログに挑戦中です! 漫画の名言で人生変えられました! なので迷っているあなたに一歩踏み出す勇気と言葉を届けます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リバログ-ribalog- , 2019 All Rights Reserved.