マンガログ公式LINEで漫画のお得な情報を配信中

電子書籍サイトのお得情報、漫画のネタバレ情報をお届け

話題のAmeba漫画!今ならなんと100冊まで半額になるよ!

漫画「サレタガワのブルー」30話のネタバレ(15巻収録)

 
サレブル アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

『反吐が出そうなほど、不快な不倫』

サレタガワのブルー 分冊版

この記事では、これまで3万冊以上の漫画を読破している筆者が、大人気の漫画「サレタガワのブルー」30話の詳しいネタバレをお届けします。

【↓無料試し読みはこちら↓】
⇒「サレタガワのブルー」を無料で試し読み
まんが王国にジャンプしますので「サレタガワのブルー」で検索してください(*^^*)
【この記事でわかること】
☑「サレタガワのブルー」30話のネタバレ

☑「サレタガワのブルー」30話を読んでみた感想

☑「サレタガワのブルー」を無料で読む方法

「サレタガワのブルー」関連記事
前話のネタバレ 全話まとめ 次話のネタバレ

『サレタガワのブルー』第30話のネタバレ

それから、暢と藍子の距離は縮んでいったらしい。

 

暢は、自分と同じ経験をしている藍子を特別に感じていた。

 

藍子とならもう一度恋愛できるかも、そう話していた。

 

当時のたみくんは、その報告が純粋に嬉しかったと言う。

 

亡くなった後も茉拓に一途だった暢が、再出発できる気がして。

 

麻衣は悔しさから目に涙を浮かべている。

 

そこまで恋愛を我慢して、ようやく結婚したのがあの女。

 

しかも不倫までされるなんて、暢があまりにもかわいそうだ。

 

暢は、自分の過去を話されているとは知らず。

 

仕事部屋で寝袋にくるまり、横になっている。

 

寝室のベッドには藍子がいた。

 

和正からは相変わらず連絡がこない。

 

既読にはなる自分のメッセージを見つめ、これで終わりなのかと考える。

 

向かい合っての別れ話なんてなくて。

 

どちらかの意思で、あっけなく終わってしまうのだろうか。

 

「・・冗談じゃないわよ」

 

悔しそうに、藍子はSNSに投稿した。

 

「会いたい・・それだけなのに。頬を伝う涙。」

 

ポエムのようなそれに、チェックしていた暢は戸惑う。

 

このタイミングで、二人は別れてしまうのだろうか。

 

梢の言う通り、不倫相手と別れたからといって再構築などできない。

 

撮った写真一枚で、戦えるだろうか。

 

あいにゃんのSNSに、フォロワーから心配するコメントが届く。

 

そんな時、和正からメッセージが届いた。

 

出張で忙しかったようだ。

 

夜久しぶりに、少し早いクリスマスデートをしよう。

 

和正からの誘いに、ときめき、ベッドで転がりながら喜ぶ藍子。

 

嬉しそうに、SNSにデートに誘われたと投稿する。

 

それを見た暢は寝袋を抜け出し、思わずガッツポーズする。

 

二度目のチャンスだ・・!!

(30話終り)

次話のネタバレへ⇒

【↓無料試し読みはこちら↓】

サレタガワのブルー 分冊版

⇒「サレタガワのブルー」を無料で試し読み
まんが王国にジャンプしますので「サレタガワのブルー」で検索してください(*^^*)

『サレタガワのブルー』を漫画アプリ「マンガMee」無料で読む

無料の漫画アプリ「マンガMee」で「サレタガワのブルー」は配信されており、1日1話分支給されるチケット、もしくはCMを見ることで数話無料で読むことが出来ます。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

漫画『サレタガワのブルー』第30話のネタバレと感想まとめ

藍子の裏アカウント”ひみつのあいにゃん”ですが、和正に振り回されている様子が可笑しい回でした。

 

連絡が返ってくるだけで喜ぶ藍子。なんだかかわいらし様子に、これが不倫ではなかったら応援できたものですが・・。

 

対して暢は、二人のデートでは証拠をつかめるとガッツポーズしてしまうほどに。覚悟が決まってきているのかもしれませんね。

【↓無料試し読みはこちら↓】

サレタガワのブルー 分冊版

⇒「サレタガワのブルー」を無料で試し読み
まんが王国にジャンプしますので「サレタガワのブルー」で検索してください(*^^*)

この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

Copyright© マンガログ , 2021 All Rights Reserved.