マンガログ公式LINEで漫画のお得な情報を配信中

電子書籍サイトのお得情報、漫画のネタバレ情報をお届け

今ならなんと100冊まで半額になるよ!

漫画「さんかく窓の外側は夜」最終回57話のネタバレ|結末はハッピーエンド!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

『異色のBLホラーアクション』

さんかく窓の外側は夜 10

この記事では、これまで3万冊以上の漫画を読破している筆者が、大人気の漫画「さんかく窓の外側は夜」最終話の詳しい内容をお届けします。

【この記事でわかること】

☑「さんかく窓の外側は夜」最終回のネタバレ

☑「さんかく窓の外側は夜」最終回を読んだ感想

【↓さんかく窓の外側は夜試し読みはコチラ↓】
\毎日最大50%還元

「さんかく窓の外側は夜」で検索してください。
まんが王国では割引クーポン(10~50%オフ1日2回もらえます。

「さんかく窓の外側は夜」各巻のネタバレ記事
1巻 2巻 3巻
4巻 5巻 6巻
7巻 8巻 9巻
10巻 全巻まとめ・登場人物 さんかく窓の外側は夜:後日談 

『さんかく窓の外側は夜』を無料で読む方法

結論
コミック.jpの無料トライアルを利用すれば、「さんかく窓の外側は夜」を1冊無料で読める。


コミック.jpは30日の無料お試し期間があり、初回登録時に675円分の無料ポイントがもらえます。

2021年10月現在倍の1,350ポイントもらえ、そのポイントで「さんかく窓の外側は夜」(1冊690~759円)を1冊無料で読むことが出来ます。


無料期間中に解約しても費用は一切発生しません。

↓「さんかく窓の外側は夜」を無料で読む↓

『さんかく窓の外側は夜』最終回57話のネタバレ

最終話までの流れは10巻のレビュー記事で確認してくださいね(*^^*)

 

無事家から出る冷川と三角

冷川の本当の願いは「三角にそばにいて欲しい」というものであった。

 

それを聞いた三角は、自分といれば怖くなくなると冷川が最初出会ったときに言ったセリフをそのまま返す。

 

そして気付くと家を囲んでいた結界は解けており、冷川と三角は茫然自失になっている先生を置いて外に出る。

 

 

家の外には非浦と逆木、迎、半沢が2人を待っていた。

 

三角は先生がまだ生きており茫然自失となっていると伝える。

 

それを聞いた逆木は先生をこのままにしておいていいのかと疑問を呈する。

 

すると半澤が捜査二課に連絡して、脱税で先生を逮捕する方向で動くことを伝える。

 

またな

冷川は迎に家の中で救おうとしてくれたことの礼を言う。

 

また半澤は冷川に対してもっと積極的に関わり、冷川の心を助けるべきだったと謝る。

 

しかし冷川は、半澤は自分を助け続けてくれていたのにそれを自分が理解できていなかったと言う。

 

その言葉を聞いた半澤は今日は自分の家に泊まりくるように言って、冷川と肩を組む。

 

 

その裏で非浦は三角にどうやって先生の術を解いて家から出ることが出来たのかを尋ねる。

 

それについて三角はハッキリと答えることはせず、まず一番にそのことを伝えなければいけない人がいるから今度落ち着いたら非浦にも話すと言う。

 

非浦はそれは誰かと疑問に思いながらも「うん」と承諾するのであった。

 

 

一件落着したので一行は解散することになるが、三角は冷川との契約書を取り出し、それを破り捨てる。

 

その瞬間、三角を紐づいていた縛りが解ける。

 

それを見た冷川は口を開けて茫然としているが、三角は明るい表情で皆に「まーたな」と言い、今度ゆっくりご飯に行こうと告げて解散する。

母と三角の会話

場面は三角の家に移る。

 

テレビでは今回の宗教施設の事件が報道されており、三角の母はそのニュースを見つめていた。

 

帰ってきた三角は母の横に座り「ただいま」と言う。

 

母は三角の方に顔を預け、父親のことが知りたいかと尋ねてくる。

 

三角は母自身が話したいならいつでも聞くと言い、無理に父親のことを掘り下げることはしなかった。

 

除霊の仕事を再開!

翌日に三角は冷川の事務所に出勤するが、三角の姿を見た冷川は驚く。

 

もう契約もないので三角はここには来ないと冷川は思っていた。

 

そして冷川は三角にどうやって先生と自分の呪いを壊したのかと尋ねる。

 

三角は自分が壊したのではなく、冷川が自分で消したというか元々冷川の憎しみはあの場所には残っていなかったと答える。

 

あの場所に残したと考えていた冷川の憎しみは年月が過ぎることでもうなくなっており、だから自分たちは出てこれたのだと説明する。

 

それを聞いた冷川は、憎しみがもうないなら何か自分の心に空き部屋が出来てしまったようだと言う。

 

三角はその空き部屋は別のことで埋めろと言い、昨日冷川が自分に言ったことを思い出せと続けるが、冷川は自分が何を言ったか覚えていなかった。

 

三角は自分がそばにいてやるからゆっくり考えろと冷川に言う。

 

そして三角はたまった仕事を片付けようと言うが、冷川はその前に自分の引っ越しを手伝って欲しいと三角に頼む。

 

昨日半澤の家に泊まった際、人型のシミがあるような部屋から引っ越すようしつこく言われたのだ。

 

なので新しく引っ越す部屋を霊的な意味で「キレイ」にする手伝いを三角にして欲しいと言う冷川。

 

それを聞いた三角は引っ越し先も事故物件なのだと知り分呆れるが、冷川との初仕事が部屋の“清掃”だったことを思い出す。

 

当時を思い出した冷川は三角が騒がしかったと懐かしそうに話す。

 

三角は怖かったから仕方ないと弁解。

 

それに冷川が自分といれば怖くなくなると言ったのにちっとも怖さは無くならないと愚痴る。

 

それを聞いた冷川は三角も同じようなことをあの家で言ったことを思い出し、それに付いて尋ねようとする。

 

しかし三角はその質問を遮るようにドアを開け、キリキリ働こうと元気よく言って冷川の質問を誤魔化すのであった。

(さんかく窓の外側は夜・完)

※ちなみに最終回の続きである後日談が2021年9~11月号に掲載されています。

 

後日談を無料で読むには下の記事へどうぞ。

後日談を無料で読める期限が2021年10月31日までなので、気になる方はお早めに

【↓無料試し読みはこちら↓】

さんかく窓の外側は夜(1)

⇒「さんかく窓の外側は夜」を無料で試し読み
まんが王国にジャンプしますので「さんかく窓」で検索してください(*^^*)

漫画『さんかく窓の外側は夜』最終回の感想と考察

三角が先生の結界を解くことが出来た理由を一番に話したかったのは「三角の母親」

母親の話をしたことで先生の結界が解け、三角と冷川は家から出ることが出来ました。

 

なので三角が非浦に言った「まず話したい人」とは三角の母親のことです。

 

それはそうですよね、母親のおかげで無事に帰還することが出来たのですから。

 

ただ三角は無理に母親にそのことは伝えず、母が自分に父親のことを話す気になった時に伝えようと考えています。

 

また「三角と先生が実の親子である」というのは非浦にとってもかなりショックが大きいので、あえてあの場で話さなかったのだと考えます。

 

結局冷川と三角の関係はBL(ボーイズラブ)?いやBuddy Loveです。

BL系の雑誌に連載されていましたが、実際BL的な描写は少なく(無いと言っても過言ではない!)、あえて挙げるなら1巻の除霊シーンです。

 

三角を介して除霊を冷川が行い、その際三角はとてつもない快感に襲われます。

 

BLと除霊を上手くここから絡めていくのかなと思いきや、いい意味でその予想は裏切られ、その後は除霊に伴う快感はあまりクローズアップされず、心霊アクションとしてストーリーが進んでいきました。

 

1~10巻まで性的な描写は一切なかったので、細かく言うと従来のBL(BOYS LOVE)作品にはあたらないと思います。

 

ただBuddy(相棒) Loveという意味でのBLとしてとらえれば、BL作品と分類できるのではないかと(笑)

この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

Copyright© マンガログ , 2021 All Rights Reserved.