マンガログ公式LINEで漫画のお得な情報を配信中

電子書籍サイトのお得情報、漫画のネタバレ情報をお届け

話題のAmeba漫画!今ならなんと100冊まで半額になるよ!

漫画「さんかく窓の外側は夜」10巻のネタバレと感想|ラストはスッキリ爽快な終わり方!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

『異色のBLホラーアクション』

さんかく窓の外側は夜 10

この記事では、これまで3万冊以上の漫画を読破している筆者が、大人気の漫画「さんかく窓の外側は夜」10巻の詳しいネタバレをお届けします。

【この記事でわかること】

☑「さんかく窓の外側は夜」10巻のネタバレ

☑「さんかく窓の外側は夜」10巻を読んだ感想

【↓さんかく窓の外側は夜試し読みはコチラ↓】
\毎日最大50%還元

「さんかく窓の外側は夜」で検索してください。
まんが王国では割引クーポン(10~50%オフ1日2回もらえます。

「さんかく窓の外側は夜」関連記事
前巻ネタバレ 全話まとめ

『さんかく窓の外側は夜』を無料で読む方法

結論
コミック.jpの無料トライアルを利用すれば、「さんかく窓の外側は夜」を1冊無料で読める。


コミック.jpは30日の無料お試し期間があり、初回登録時に675円分の無料ポイントがもらえます。

2021年9月現在倍の1,350ポイントもらえ、そのポイントで「さんかく窓の外側は夜」(1冊690~759円)を2冊無料で読むことが出来ます。


無料期間中に解約しても費用は一切発生しません。

↓「さんかく窓の外側は夜」を無料で読む↓

『さんかく窓の外側は夜』第10巻のネタバレ

53話 繋がり

 

先生は三角に問いかけ、肩を触ろうとするが自分の戒めによって触ることができなかった。

 

先生は父さんに名前を教えてくれと三角に言うと、三角の胸からミシッと音が鳴る。

 

冷川はそれを感じ、この感じ知っていると呟く。

 

そして全部壊れればいいのにって思った時に感じたものだと言う。

 

三角は絶望感で呼吸すらできなくなっていき、そんな三角に先生が追い討ちをかけようとする。

 

しかし、異変を感じた非浦と逆木のアイデアで、外で待機している半澤のエネルギーをみんなの元へ届けることに成功する。

 

先生は気にせず精神的に三角を追い詰めていくが、三角は仲間のことを思いだし、お前とは血しか繋がっていないと言い放ち、立ち上がる。

54話 逃げないでくれ

 

三角はいつからか怖いものが見えることを周りの人には言わなくなっていた。

 

先生は三角の母親のことを考えてあの場を離れたと言うが、三角はそれに対し、打ち明けてできることを試せばよかったのに逃げたため、母親の心に穴が空いてしまったと言う。

 

先生は昔母親に似たようなことを言われたのを思い出し、黙れと頭を抱えながら叫ぶ。

 

三角は先生の腕を掴み名を名乗ると、お前を壊して直すと宣言する。

 

先生の恨みや憎しみの心がどんどん消え、最後に空っぽな心の中に残ったのは、三角と三角の母親の姿だった。

 

三角は膝から崩れ落ちた自分の父親に、許しも罰しもしないが今度こそ逃げないでくれと泣きそうな顔で言う。

55話 再会

 

先生の力・結界が無くなり、非浦がみんなの精神に呼びかける。

 

迎えは結界の中の時間、約1年間ほど冷川を説得し続けたが冷川は強情だから三角にここに来てこいつを殴れと言う。

 

どうやって行こうかと三角が困っていると、逆木が非浦の黒い水溜りのようなものに手を突っ込み、三角の足を掴む。

 

覚悟を決めた三角はそのまま引きずり込まれ、迎とほぼ入れ替わりのような形で冷川の前に現れる。

 

三角を見た冷川は、拒絶されると怯えて結界から崩れ落ちそうになる。

 

外に出た迎は、カラビナだと言い非浦に結界をくっつける。

 

それは三角とも繋がっていて、引っ張り上げることができるような仕組みになっていた。

 

迎は、あとは三角が捕まえて落とさなければ…と呟く。

56話 そばにいてほしい

迎は先生が作った呪いの中に、自分が自分を呪って作った入れ子の中にいるような状態だったと冷川と話していて感じたことを話す。

 

その頃三角は、冷川と冷川の過去の憎しみの中の世界にいた。

 

憎しみが生きる糧となっている冷川の人生を目の当たりにして涙を流す三角。

 

三角は冷川にこのまま沈んで、終わりにしてあなたの苦しみを終わらすことになるなら止めないと言う。

 

冷川は涙ぐみ、混乱している頭で感情と言葉を繋いでいく。

 

そして冷川が、ただそばにいてほしい、いさせてほしいと言ったその瞬間に大人の姿に戻り、三角は冷川の手を握って俺といたら怖くなくなるぜと言う。

57話 最終話

二人は元の世界に戻っていた。

 

混乱している冷川と、どこか納得したような感じの三角。

 

安心した一同が先生の処分について尋ねると半澤は脱税で二課に取り押さえられると言う。

 

冷川は迎にありがとうと言い、半澤は冷川のそんな姿を見て、肩に手を置く。

 

半澤は昔のことを思い出しながら、本当に救うことができていなかったと冷川に謝罪する。

 

冷川は自分があなたが助けてくれていたのを理解できなかったんだと言う。

 

非浦は先生の倒し方を三角に聞くが、三角は1番にそれを話さないといけない人がいると言う。

 

そして冷川の前で本名の書いた契約書をびりっと破り、またみんなでご飯に行こうと言う。

 

後日、先日のことを話した二人は初仕事を思い出しながら元気に事務所を後に現場に向かっていた。

(10巻終り)

↓最終回のより詳細なネタバレはコチラ↓

【↓無料試し読みはこちら↓】

さんかく窓の外側は夜(1)

⇒「さんかく窓の外側は夜」を無料で試し読み
まんが王国にジャンプしますので「さんかく窓」で検索してください(*^^*)

漫画『さんかく窓の外側は夜』10巻の感想とまとめ

みんなハッピーエンドでしたね。

 

先生は出所後、三角の母親に会いにいったのでしょうか…それとも一人で誰も呪わずに生きていく生活をしているのでしょうか。

 

個人的には半澤さんの最後の謝罪のシーンがとても沁みました。

 

サクサク読めてとても面白い漫画でした!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

Copyright© マンガログ , 2021 All Rights Reserved.