マンガログ公式LINEで漫画のお得な情報を配信中

電子書籍サイトのお得情報、漫画のネタバレ情報をお届け

話題のAmeba漫画!今ならなんと100冊まで半額になるよ!

「妊娠したら死にたくなった」14話のあらすじ詳細

 
この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

『幸せの絶頂!のはずだったのに…』

妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~(分冊版)

この記事では、これまで3万冊以上の漫画を読破している筆者が、大人気の漫画「妊娠したら死にたくなった」14話の詳しいネタバレをお届けします。

【この記事でわかること】

☑「妊娠したら死にたくなった」14話のネタバレ

☑「妊娠したら死にたくなった」14話を読んでみた感想

【↓妊娠したら死にたくなった試し読みはコチラ↓】
\毎日最大50%還元

「妊娠したら死にたくなった」で検索。
まんが王国では1日2回割引クーポン(10~50%オフがもらえるよ。

「妊娠したら死にたくなった」関連記事
前話ネタバレ 全話まとめ 次話ネタバレ

『妊娠したら死にたくなった』第14話のネタバレ

命をつなぐ携帯

千夏は屋上の塀に脚をかけ、今にも飛び降りようとしたその時、鳴るはずのない携帯が身につけていた涼太のパーカーのポケットの中で鳴った。

 

持ってきているはずはないのに、なぜ携帯がポケットに入っているのか一瞬疑問に感じた千夏はすぐに原因を思い出した。

 

昨日電話する振りをした時にそのままパーカーのポケットに携帯を入れてしまっていたのだ。

 

電話の相手は涼太だった。

 

千夏は考えた末、最期に涼太の電話に出ることを決めた。

 

その理由は、最期にもう一度だけ自分の言葉で涼太に感謝の気持ちを伝えたいと言う身勝手な千夏の思いからだった。

 

涼太は電話で自分の姉が母についていてくれているから、今からアパートへ帰ると言った。

 

千夏の体調を案じ、義父と義母が一緒にいるのか尋ねた。

 

すると電話越しに、外の音が聞こえた。

 

どこにいるのか涼太が尋ねると、千夏は今までありがとうと感謝の思いを伝えようとしたところ、それを遮り涼太は血相を変えてどこにいるのか尋ねた。

 

絶対に死ぬなと必死に千夏を止める涼太。

 

千夏はもう自分で自分をコントロールできないため、周りの人を傷つけることが本当に辛いと胸の内を明かす。

 

取り返しのつかない事になる前に千夏は自分で自分を消すというのだった。

 

本当は死にたくないが、どうしても頭が死ぬ方へ死ぬ方へ考えてしまうのだと千夏は言った。

そんな千夏に涼太は、いざとなれば数ヶ月眠らせて治療する方法がある、スポーツ選手でその方法で克服した人がいると言う。

 

回復するまで薬で眠らせた状態にするから、千夏も周りも苦しまなくていいと。

 

少し千夏が落ち着くと、涼太は右足からゆっくり後ろにひき、塀から離れるように千夏を誘導した。

 

そして安全なところまで電話で誘導し、千夏は気がつけば地上1階まで降りてきていた。

 

必ず治ると涼太は千夏を励ましながら、千夏が飛び降りようとしたマンションにたどり着き、千夏をきつく抱きしめた。

 

再びそこへ

そこからはあっという間で、実家とアパートで千夏の荷物がまとめられた。

 

誰も口にすることはなかったが、千夏にはどこに向かっているかすぐにわかった。

 

社内では涼太がそことは違う場所に電話をかけていたが、結局千夏のような重症な患者を受け入れてくれる病院は、千夏の住む地域にはそこしかなかった。

 

そう、千夏がかつて入院しており、もう二度と戻らないと誓ったS総合病院の閉鎖病棟だった。

 

憔悴しきった千夏は特に抵抗することもなく、促される通りに閉鎖病棟へ向かう道を歩いた。

 

陽の光が当たらない真っ暗な世界へ再び戻るために。

 

次話のネタバレへ⇒

【↓無料試し読みはこちら↓】
⇒「妊娠したら死にたくなった」を無料で試し読み
まんが王国にジャンプしますので「妊娠したら」で検索してください(*^^*)

漫画『妊娠したら死にたくなった』14話の感想とまとめ

間一髪で千夏が助かりました。

 

携帯が鳴るタイミングも、涼太の誘導も見事でした。

 

正気を失っていると人の言う言葉なんて中々入ってこないようなものですが、そこは千夏が涼太を本気で好きだったと言うことと、涼太の咄嗟の機転で話し始めた前向きなエピソードに、千夏の心にも少し希望が芽生えたのだと感じました。

 

自殺未遂を起こしたので、閉鎖病棟に戻ってきてしまった千夏ですが、これからどのような日々が千夏を待っているのか続きが気になります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

Copyright© マンガログ , 2021 All Rights Reserved.