オススメ漫画の紹介、ネタバレ感想、無料情報を中心にお届け!感動する映画、マンガの名言満載!

パーフェクトクライム(Perfect Crime)1巻あらすじ・ネタバレ感想 無料試し読み紹介

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
リバもとです。 勇気を出して12年務めた会社を退職し、資格試験とブログに挑戦中です! 漫画の名言で人生変えられました! なので迷っているあなたに一歩踏み出す勇気と言葉を届けます!

リバログ-ribalog-にご訪問ありがとうございます。

このブログでは漫画を20,000冊以上読破している漫画コンシェルジュ・リバもとが、

オススメの漫画、今から人気に火が付きそうな漫画を紹介しています。

 

本日は原作:梨里緒先生、漫画:月島綾先生のタッグで送るドロドロ恋愛劇

 

「Perfect Crime【パーフェクトクライム】」

 

1巻のあらすじ・感想をネタバレ交えレビューしていきます。

この記事はこんな方に向けて書いています

  • パーフェクトクライムはどんなマンガ??
  • 1巻のあらすじが知りたい。
  • 1巻の見どころを知りたい。
  • パーフェクトクライムを試し読みしたい。

トリンドル玲奈さん主演で2019年1月~3月でドラマ化された作品なので

覚えていらっしゃる方も多いと思います。

 

↓↓↓先に1巻の無料試し読みをしたい方はこちらから↓↓↓

⇒【無料試し読み】パーフェクトクライム1巻 

 

「パーフェクトクライム」第1巻 レビュー

1巻あらすじ

不純な恋に溺れる女

前島香織。33歳独身。

大手住宅メーカーのデザイン部勤務のチーフプランナー。

仕事をバリバリこなし、社内でも注目のキャリアウーマン。

 

そんな彼女には秘密がある。

それは会社の上司との不倫関係。

不倫相手はデザイン部部長 冬木拓馬 36歳。

職場では穏やかな冬木、しかしベッドの上ではまるで別人。

そのギャップに香織が溺れてもう7年。

決して実らない恋ではあるがそれでもいいと割り切って関係を続けていた。

 

逢瀬の夜、拓馬は香織にこう話す。

 

「香港から優秀なデザイナーが異動してくる。

なかなかイイ男だけど、わかってるよね?」

 

自分以外の男に心動かされるのは許さないというのだ。

 

「ええ…」

 

香織もいつものことなので相槌を打つ。

 

美形デザイナー東雲の出現

翌日香織は、社内で見知らぬ美形の男性とぶつかる。

急ぐ香織はぶつかった謝罪もそこそこに駆け足でその場を去ろうとする。

 

「あの、プランニング課の前島香織さん…ですよね?」

 

急いでると言う香織に構わず話しかける男。

 

「今日からデザイン課に配属になった…

東雲遥斗(しののめはると)です。」

 

拓馬が言っていた例の香港から異動してきたデザイナーであった。

 

「じゃぁ東雲さん、それではまたゆっくり話しましょう。」

 

と言いお客との打ち合わせに向かう香織。

東雲は謎めいた微笑を浮かべ、去っていく香織を見つめる。

 

オ・シ・オ・キ

打ち合わせから戻ると、課の女子社員が浮足立っており、化粧品のニオイが充満していた。

香港支社ナンバーワンデザイナーかつ美形の東雲が異動して来たので、皆色気づいていたのだ。

東雲に目をやる香織。

 

「前島!

ちょっといいかな?」

 

上司の拓馬が声を掛ける。

拓馬は香織を資料室に連れていき、

自分以外の男を見たお仕置きと言い、香織を愛撫する。

 

「香織は俺以外を見ちゃダメ。

解った?」

 

「…はい…」

 

腰くだけになり、潤んだ瞳で力なく答える香織。

拓馬は普段は穏やかだが、時々独占欲むき出しで香織を求めてくる。

香織はそういう拓馬が嫌いではなく、むしろ彼のそういった面に魅力を感じていた。

 

『さ、私も課に戻ろう』

 

と香織が立ち上がった瞬間、

 

「困った人たちですね。」

 

誰もいないはずの資料室の奥から声がした。

出てきたのは香港支社から異動してきた東雲であった—。

 

7年間誰にも知られず続いてきた関係が、初対面の男に知られてしまった…。

拓馬と香織の秘密の関係を知った東雲はどう出るのか?

そして秘密を知られた香織の対応は??

(あらすじの続きは1巻で)

 

↓↓↓無料試し読みはコチラから↓↓↓

⇒【無料試し読み】パーフェクトクライム1巻

 

1巻ネタバレ感想

反発しあう香織と東雲。しかし仕事では…

秘密を知られた香織は、いくら口外しないと言われても気が気ではありません!

その上、お客の指名で東雲をデザイナーとして仕事で組むことになります。

お互いに嫌いだと言い合う2人だが、仕事に関しては驚くほど感性が合う。

2人は仕事を通して互いに認め合っていく。

 

香織に関しては

「ツンデレかいっ!!」

と突っ込みたくなるほど弱い面を徐々に東雲に見せていきます。

ちょっと男に迫られただけで弱くなる…。

うーん、30代の独身女ってこんなものなのかな(笑)?

 

東雲の歓迎会

数日後、東雲の歓迎会が開かれる。

女子社員に囲まれる東雲。

それを遠目に見つめる香織。

歓迎会中に拓馬からいつものようにホテルに誘われる。

しかし東雲のことが気になり始めた香織は拓馬の誘いを断る。

そして涼みに店の外に出た香織を追いかけ外に出る東雲。

そこで改めて「不倫はもうやめろ」と香織に伝える。

香織は構わないでと拒否するが、その瞬間東雲のトーンが変わる。

 

「黙って従えよ、この強情女」

 

そして香織に強引にキスをする東雲。

 

「歓迎会終わったら、お前の家行くから」

 

と言い残し店の中に戻っていく。

 

うーん、このシーンが1巻で一番好きですね(*^^*)

東雲が急に強引な男になる場面が特に…♡

何か男の僕でもクラっと来ちゃいます(笑)

ここ間違ってないですよね(笑)?

 

パーフェクトクライム(Perfect Crime)第1巻 まとめ

いきなり不倫のベッドシーンから始まるパーフェクトクライム1巻。

香港支社から異動してきた東雲。

香織に不倫を止めるよう忠告する!

そして中々止めない香織に対し、遂に実力行使に出る!!

嫌いな香織のためになぜそこまで!?

東雲の動機が気になったまま1巻は終わります。

「不倫劇」というよりは

不倫を絡めた「ドロドロの大人の恋愛劇」というのがふさわしいですね!

しかし東雲さん、ギャップにクラっと来ちゃいます( *´艸`)

あれ?俺、男なのに(笑)!

 

ただこういったドロドロの大人の恋愛漫画って中々家に置きづらいですよね…。

家置いてたら旦那に「コイツ不倫願望あるんか?」と思われかねないし、

彼氏にも「えっ!?こんなドロドロした漫画読むんだ?」と引かれかねません。

男性で読みたい方も、なかなか書店では買いにくいですよね?

 

そんな方には電子書籍での購読をオススメします。

パーフェクトクライムを読むなら電子書籍サイトの中でもebookjapan」がオススメです!

⇒【無料試し読み】パーフェクトクライム1巻(ebookjapanへ)

 

下でebookjapanのメリットを紹介していますのでご一読ください(*^^*)

 

時代の波に乗れ!電子書籍のススメ!

まだまだ本屋も全国的に多く、紙の本が主流のひとつではありますが

全国の書店数は徐々に減少傾向にあります。

そんな中今一番伸びている読書方法は電子書籍を使った読書です!

電子書籍のメリット

  • いつでもどこでも漫画を読める!
  • 本棚が不要!
  • 発売日になればすぐ買える!
  • 書店に行く手間が省け、時間の節約になる!
  • 買いにくい本(エロ・グロ・ドロドロ)を誰にもバレず読むことが出来る!
  • 試し読みをしてその作品が自分に合うか判断できる!

 

そして数ある電子書籍サイトの中でも

ebookjapanが特にオススメです。

 

【ebookjapanの特徴】

  • ebookjapanは、割引キャンペーンが多い!

10~15くらいの割引は定期的に行われています。

なんと初めてヤフーIDでログインされる方には最大50%オフのクーポンも!(上限500円)

 

  • Tポイントが貯まる、使える!

お持ちのTカードと連携させれば、最大で通常の30倍のTポイントがもらえる!

他で貯めたTポイントで漫画を買うことも可能です!!

※関連記事※

ebookjapanはTポイントを使って漫画が読める!ポイント付与時期も解説。

 

  • 無料漫画の量がすごい!!!

まず全作品とも無料試し読みが出来ます!!

中には1冊丸々無料で読める漫画も!

現在2000冊以上の漫画が無料で読めます(^^)/

⇒ebookjapan無料漫画一覧

 

↓↓↓パーフェクトクライム1巻を試し読みはコチラ↓↓↓

⇒【無料試し読み】パーフェクトクライム1巻(ebookjapanへ)

 

あなたに良き読書ライフを☆

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
リバもとです。 勇気を出して12年務めた会社を退職し、資格試験とブログに挑戦中です! 漫画の名言で人生変えられました! なので迷っているあなたに一歩踏み出す勇気と言葉を届けます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リバログ-ribalog- , 2019 All Rights Reserved.