オススメ漫画の紹介、ネタバレ感想、無料情報を中心にお届け!感動する映画、マンガの名言満載!

パーフェクトクライム(Perfect Crime)13巻あらすじ・ネタバレ感想 東雲と香織に新たな試練!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
リバもとです。 勇気を出して12年務めた会社を退職し、資格試験とブログに挑戦中です! 漫画の名言で人生変えられました! なので迷っているあなたに一歩踏み出す勇気と言葉を届けます!

リバログ-ribalog-にご訪問ありがとうございます。

 

本日は原作:梨里緒先生、漫画:月島綾先生のタッグで送るオトナの恋愛劇

 

「Perfect Crime【パーフェクトクライム】」

 

13巻のあらすじ・感想をネタバレ交えレビューしていきます。

(巻数は電子書籍の巻数です。単行本7巻後半にあたります。)

 

この記事はこんな方に向けて書いています

  • パーフェクトクライムはどんなマンガ??
  • 13巻のあらすじが知りたい。
  • 13巻の見どころを知りたい。
  • パーフェクトクライムを試し読みしたい。
  • ドロドロの恋愛劇が好き(*^^*)
  • 東雲さんに身も心も溶かされたい。

 

トリンドル玲奈さん主演で2019年1月~3月でドラマ化された作品なのでドラマの方をご存じの方も多いと思います(*^^*)

 

↓↓↓先に13巻の無料試し読みをしたい方はこちらから↓↓↓

⇒【無料試し読み】パーフェクトクライム13巻(ebookjapanへ)

 

前巻(12巻)のレビューはコチラ↓↓

 

全巻のまとめ記事はコチラ↓↓

「パーフェクトクライム」第13巻 レビュー

13巻あらすじ

待ち遠しいゴールデンウイーク

冬木が香港支社長へと栄転となり、部下の礼子も寿退社する予定。

冬木の後任のデザイン部長には小野が就任。

香織の身の回りの環境は少なからず変わったが、東雲との交際は遠距離でも順調に進んでいた。

 

そんな4月のある日、スカイプでテレビ電話をする香織と東雲。

東雲は今度のゴールデンウイークには日本に帰ると言う。

その言葉に喜ぶ香織。

更に、冬木が東雲の本社勤務を掛け合ってくれ、日本の本社に近いうち戻れそうだと伝える。

一緒に仕事が出来るといいなと語り合う2人。

香織は、東雲と一緒にいられることが待ち遠しくて仕方なかった。

 

4月も終わりに近づき、ゴールデンウイークまであと3日…。

仕事も何とか目途がつき、今度の休みは東雲とゆっくり過ごせそうだと考えていた矢先、部長の小野からちょっと話があると会議室に呼び出される。

 

東雲が昇進!?

会議室にて小野から、香港支社のデザイン部長が横領をしていたことが明るみになったとの話を聞く。

香港支社のデザイン部長といえば、当然東雲の直属の上司になる。

冬木の前任の香港支社長も横領に絡んでおり、元支社長とデザイン部長は解雇される見通しだとのこと。

そして空席になった香港の次期デザイン部長は、東雲になる可能性が高いと小野は告げる。

もし東雲がこの辞令を蹴れば、東雲は会社を辞めざるをえないと言う小野。

 

ショックを受ける香織だが、東雲はこの辞令を受けるだろうし、自分も彼に受けて欲しいと思っていると小野に伝える。

大丈夫かと聞く小野に、一緒にいる事だけが幸せではないと答える香織。

しかし香織の心の中は、悲しみで溢れてしまいそうだった。

これからはずっと一緒にいられると思っていたのに…。

 

東雲との電話

その夜、東雲からテレビ電話がかかってくる。

日本に戻れなくなったことを謝る東雲。

そして香織に自分はこの辞令を受けるべきか尋ねる。

香織はホントは辞令を受けず、自分の傍にいて欲しいが、東雲のこれまで積み上げた会社での実績を思うと本当のことは言えない。

そして香織は自分の心を押し殺し、辞令を受けるのが当然だと東雲に伝える。

東雲は納得いかない表情で、しょせんサラリーマンだから仕方ないよなとつぶやく。

そして香織が東雲の立場ならどうしたかと聞く。

東雲は本社のデザイン部人事の裏事情を話し始める。

 

本当なら冬木の後の本社デザイン部長には香織が第一候補に挙がっていたが、それだと香織が仕事に縛られて東雲と離れていくかもしれないと考えた冬木の猛反対があり、最終的に小野に決まったというのだ。

そこで人事に強くモノを言ったため、今回の東雲の部長就任には冬木も強く反対できないのだと。

 

結局香織と自分、どちらかが仕事をやめないことにはずっと一緒にいることは叶わないと言う東雲。

そして香織に傍にいられないことを謝るが、その言葉にカチンときた香織は東雲を責め立てる。

お互いを思いやった結果で今こうしてるのに、謝られる意味が解らないと。

そして東雲の人を試すような言い方をするところだけは好きになれないと、感情に任せて叫ぶ。

 

悲しげな表情をうかべる東雲。

その顔を見て冷静になった香織は、謝ろうとするが東雲が先に話し始める。

自分のそう言った人の顔色を伺う部分は、家庭環境から来ているので変えることは出来ない。

欲しいものがあっても欲しいと言えなかったし、言いたいことも言えなかった。

だから今香織に仕事をやめて自分の所へ来いなんて言える自信が無いと。

 

そしてお互いにあやまる東雲と香織。

更に東雲は横領事件のデータを休暇返上で見直しすることになったので、ゴールデンウイーク日本には帰れなくなったと言う。

自分が香港に行くと言う香織だが、今からだとチケット取るのは無理だと言う東雲。

その言葉に、折角縮まった2人の距離が再び離れていくように感じる香織。

そして2人は簡単な言葉を交わして電話を置いた…。

 

東雲の降って湧いた昇進話が2人の距離を遠ざける…!?

そして香織の下した決断とは…!?

(あらすじの続きは13巻で)

 

↓↓↓13巻の無料試し読みはコチラから↓↓↓

⇒【無料試し読み】パーフェクトクライム13巻(ebookjapanへ)

 

13巻みどころ・ネタバレ感想

香織、東雲瓜二つの朝日奈に迫られるw

13巻一番の見どころです!

ショッキングですが、中々刺激的な場面でしたw

 

東雲の双子の弟である朝日奈恭一はまだ香織のクライアントです。

現場に一緒に視察に行く途中、東雲と何かあったかのかと聞かれた香織は愚痴っぽく答えてしまい、朝日奈に気合を入れられますw

 

なんと朝日奈は車の中で香織を押し倒します!!!

 

「いや、あの、あなたの兄さんの恋人なんですけど…( ゚д゚)」

 

仕事を辞めて東雲の傍に今すぐ行くか、それとも別れるのかと服を脱がしながら迫ります!!

瓜二つの朝日奈に迫られ、香織が出した答えとは!?

 

大人しくなったはずの小野が…再度復活!?

デザイン部長になり、順風満帆のはずの小野。

彼はずっと香織が好きでしたが、香織は東雲とくっついてしまいます。

それをもう納得していたはずなんですが…、どうも13巻ではまだ香織のことが好きなのかなというふうにも見えます。

優秀な部下を手放したくないからなのか、それとも香織のことが女性として好きなのか?

僕は小野がこの漫画で一番悪い奴と思ってますw

なのでまたグチャグチャに引っ掻き回してくれないかなと少しイケない期待をしています(;^ω^)

 

パーフェクトクライム(Perfect Crime)第13巻 まとめ

13巻まとめ

12巻は冬木の送別でキレイに終わったのに、朝日奈、小野といった役目が終わったはずのキャラたちが、ゾンビみたいに復活して東雲と香織の脅威となりそうですw

まさか、冬木と沙織もゾンビみたいに復活しない……よね?(;^ω^)

 

さて香織と東雲はやはり一緒にいられない運命なのか?

それともどちらかが力技でハッピーエンドに持っていくのか?

14巻の発売が待ちきれません(*^^*)

 

↓↓↓パーフェクトクライム13巻の試し読みはコチラ↓↓↓

⇒【無料試し読み】パーフェクトクライム13巻(ebookjapanへ)

 

パーフェクトクライムを読むなら電子書籍で!

「パーフェクトクライム」はご存じの通り、不倫も絡んだオトナのドロドロの恋愛劇です。

ただこういったドロドロの大人の恋愛漫画って中々家に置きづらいですよね…。

 

家置いてたら旦那に「コイツ不倫願望あるんか?」と思われかねないし、

彼氏にも「えっ!?こんなドロドロした漫画読むんだ?」と引かれかねません。

男性で読みたい方も、なかなか書店では買いにくいですよね?

 

そんな方には電子書籍での購読をオススメします。

パーフェクトクライムを読むなら電子書籍サイトの中でもebookjapan」がオススメです!

 

下の記事で、電子書籍ebookjapanのメリットを紹介していますのでご一読ください(*^^*)


 

あなたに良き読書ライフを☆

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
リバもとです。 勇気を出して12年務めた会社を退職し、資格試験とブログに挑戦中です! 漫画の名言で人生変えられました! なので迷っているあなたに一歩踏み出す勇気と言葉を届けます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リバログ-ribalog- , 2019 All Rights Reserved.