マンガログ公式LINEで漫画のお得な情報を配信中

電子書籍サイトのお得情報、漫画のネタバレ情報をお届け

話題のAmeba漫画!今ならなんと100冊まで半額になるよ!

「夫はグレーゾーン」第7話のネタバレ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

『夫が実は発達障害…⁉』

夫はグレーゾーン

この記事では、これまで3万冊以上の漫画を読破している筆者が、大人気の漫画「夫はグレーゾーン」7話の詳しいネタバレをお届けします。

【この記事でわかること】

☑「夫はグレーゾーン」7話のネタバレ

☑「夫はグレーゾーン」7話を読んでみた感想

☑「夫はグレーゾーン」を無料で読む方法

【↓夫はグレーゾーン試し読みはコチラ↓】
\毎日最大50%還元

「夫はグレーゾーン」はまんが王国で先行配信されています。
まんが王国では割引クーポン(10~50%オフ1日2回もらえるよ。

「夫はグレーゾーン」関連記事
前話ネタバレ 全話まとめ 次話ネタバレ

『夫はグレーゾーン』第7話のネタバレ

翔吾の電話にかき乱される美和

 

優斗に仕事を頼む上司を見て白井や陽菜は衝撃を受ける。

 

邪悪に微笑む上司の思惑など知らない優斗は嬉しそうに返事をした。

 

家では翔吾から電話を受けた美和に戦慄が走っていた。

 

面倒な旦那はどこか問題でもあるのではないか?と嫌味を言う翔吾。

 

優斗は怒鳴ったり人を殴ったりしない、翔吾とは違う、と強い口調で美和は言い返す。

 

翔吾は、美和は俺を誤解しているから一回会って話そうと優しく諭す。

 

美和は断るが、翔吾は俺たちは一緒にいないとダメだと食い下がる。

 

翔吾の言葉にぞくっとした時美和の家のインターフォンが鳴った。

 

画面に映った母にホッとした美和は強引に電話を切ると母を招き入れた。

 

怒った翔吾はスマホをベッドに投げつける。

 

美和は携帯番号を変えたのになぜ翔吾が番号を知っているのか不気味に思った。

 

母に優斗の発達障害を打ち明けた美和

 

先日急に電話を切った美和を心配して訪れた母は散乱した部屋を見て驚く。

 

優斗をかばうように言い訳をしながら片づける美和を母は気遣う。

 

その時机の上にある発達障害の本が母の目に留まる。

 

優斗が発達障害か、電話の要件はそれだったのか美和に尋ねる母。

 

美和は日頃の優斗の様子と病院でグレーゾーンと言われたことを話した。

 

母はグレーゾーンに反応すると父もそうだったのかもしれないと言った。

 

美和は父のDVを思い出すが、優斗は暴力を振るわないと反論した。

 

美和はインターフォンが鳴っても決して出ないよう母に頼むとシャワーを浴びに行った。

 

美和の過去と優斗への思い

 

玄関の施錠を再確認する美和を見つめながら、母は美和の悲しい過去を思い出していた。

 

美和の幼少期、母に暴力をふるう父。

 

美和を守ろうと父から離そうとした時、美和にやかんの熱湯がかかり美和は背中に消えないやけどを負った。

 

その傷を翔吾は汚いと罵り、お前みたいな傷もの相手してやるのは自分だと言った。

 

その一方で優斗は心配し、傷は気にならないけど美和が嫌なら見ないよと優しい笑顔を向け傷を隠してくれた。

 

シャワーを浴びながら美和は涙を流す。

 

優斗だけでなく誰にでも苦手なものはあるし、生きづらさなんてきっと殆どの人が抱えている。

 

だから皆あがいたり傷ついたりしながらも幸せになろうと頑張っている。

 

美和は唇を噛みしめ鋭い目つきをした。

 

美和がシャワーを浴びている間、母は発達障害の本に目を通していた。

 

「思った事をすぐ口にしてしまう」という一節を見た母は、結婚式での優斗の母との会話を思い出した。

 

美和の母は幼い美和を連れてDVシェルターで暮らしていた。

 

優斗の母は美和の母との会話の際、他の親族に聞こえる声でその事を話題にした。

 

うちには暴力男はいないし皆で幸せになりましょうと、明るく笑う優斗の母。

 

周りがひそひそ話をする中、美和の母はただうつむき青ざめた。

 

優斗の父に止められるも、優斗の母に全く悪意はなさそうだった。

 

高い集中力で仕事をこなす優斗

 

その頃優斗は周りが唖然とする程テキパキと仕事をこなしていた。

 

上司は優斗を重要な仕事からは外し、急がない古い書類の整理を頼んだがあまりの集中力に驚いた。

 

昼休みになっても仕事を続ける優斗に上川は声をかけるが、優斗は手を止めず「話しかけないでください!気が散る!」と一蹴した。

 

優斗の実家では、重箱におかずを詰めた優斗の母が美和の家に向かって出発しようとしていた。

 

次話のネタバレへ⇒

【↓無料試し読みはこちら↓】
⇒「夫はグレーゾーン」を無料で試し読み
まんが王国にジャンプしますので「夫はグレーゾーン」で検索してください(*^^*)

漫画『夫はグレーゾーン』7話の感想とまとめ

翔吾がDV、モラハラ男すぎてびっくりしました。

 

優斗を追いかけ道路に飛び出した美和を助けたところくらいしかいいところが見つかりません。

 

たまたま休みなのかもしれませんが仕事もしてなさそうですね。

 

美和は幼少期からDV被害に遭っていたのですね。

 

そんな人が翔吾みたいな人に遭うなんて…悲しい。

 

デリカシーがない発言をする人は想像力や思いやりが足りない人と思っていましたが、クレーゾーンの事もあるのでしょうか。

 

特定のことに高い集中力を発揮するのは発達障害の特徴のひとつでしょうか?

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

Copyright© マンガログ , 2021 All Rights Reserved.