マンガログ公式LINEで漫画のお得な情報を配信中

電子書籍サイトのお得情報、漫画のネタバレ情報をお届け

今ならなんと100冊まで半額になるよ!

今ならなんと100冊まで半額になるよ!

「夫はグレーゾーン」第21話「雨降り」のネタバレ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

『夫が実は発達障害…⁉』

夫はグレーゾーン

この記事では、これまで3万冊以上の漫画を読破している筆者が、大人気の漫画「夫はグレーゾーン」21話の詳しいネタバレをお届けします。

【この記事でわかること】

☑「夫はグレーゾーン」21話のネタバレ

☑「夫はグレーゾーン」21話を読んでみた感想

【↓夫はグレーゾーン試し読みはコチラ↓】
\毎日最大50%還元

「夫はグレーゾーン」はまんが王国で先行配信されています。
まんが王国では割引クーポン(10~50%オフ1日2回もらえるよ。

「夫はグレーゾーン」関連記事
前話ネタバレ 全話まとめ 次話ネタバレ

『夫はグレーゾーン』第21話のネタバレ

孤独感

 

美和は目を覚ますと嫌な予感がし、不安に苛まれてため息がこぼれた。

 

気を取り直して妊娠と出産に関する本を読もうとするが、目下の心配は初出勤している優斗の事だった。

 

美和は思い直して発達障害に関する本を読み始める。

 

本の内容は優斗のあるある話を詰め込んだような内容で、美和の不安がさらに募る一方。

 

読み進めていくうちに対処する工夫などが書かれた部分に至って、合点がいく事柄を見つけ共感する美和。

 

しかし、優斗の性格から、本人がその気にならないとどうにもならないなと、あきらめムードになった。

 

ふとしたことで美和は元同僚の陽ちゃんや、恵子とも連絡が取れなくなっていることに気付き、孤独感が増してきたので気分転換に散歩に出ることにする。

 

カミカワさん

 

優斗の職場に配達から戻った翔吾が顔を出す。

 

同僚の斉木に起こったトラブルの対処に駆り出された優斗は、翔吾と一緒に斉木の配送を代行することになった。

 

翔吾は事務員に優斗をカミカワさんと紹介されて、「上川」を「神川」と思い込む。

 

自分の事で手一杯の優斗は事務員に促されるまま、しぶしぶ翔吾の配送車に乗り込んだ。

 

翔吾は優斗を見て奇妙な既視感を覚えるが、何処で会ったのか思い出せずにいるが、ほどなく車はトラブルの現場へと到着した。

 

斉木に絡んでいたのは近所でもクレーマーとして有名な人物らしく、長引くと判断した所長は翔吾にすぐに斉木の配送を代行するように指示を出す。

 

落ちました

 

優斗と翔吾が一件目の配送先に到着したときには、天気が崩れて雨が降り始めていた。

 

翔吾は荷物の配達に行っている間、散らかり放題の斉木の配送車の片付けを、優斗に頼むとその場を後にした。

 

残された優斗は片付けが出来ない人なので不適材、不適所と言わざるを得ない。

 

翔吾が帰ってきたときには配送車内の状態は悪化していて、翔吾に怒られると思った優斗は緊張でガチガチになった。

 

翔吾は初めてだし仕方ないと笑って済ませると車内を片付け始め、優斗は翔吾をいい人と感じて感動する。

 

ふいに翔吾のポケットからペンが落ちたので優斗は拾って翔吾に手渡した。

 

その時に翔吾は美和との出会いで、同じ出来事があった事を思い出す。

 

それがキッカケとなり、優斗との会話で翔吾は「カミカワ」が「上川」で、優斗が美和の夫だと思い出して青ざめる。

 

次話のネタバレへ⇒

【↓無料試し読みはこちら↓】
⇒「夫はグレーゾーン」を無料で試し読み
まんが王国にジャンプしますので「夫はグレーゾーン」で検索してください(*^^*)

漫画『夫はグレーゾーン』21話の感想とまとめ

優斗と翔吾の名字を巡るすれ違いショートコントのような展開でしたが、悪い方向に考えすぎる美和とのギャップがあって、いまいち笑えない気がしました。

 

展開の重さは今まで通りなので、お笑い要素を追加されても入り込めなかったようです。

 

美和の不安が的中して翔吾が優斗に気付いたので、更に人間関係がこじれていきそうな予感。

 

優斗の同僚の斉木も闇を抱えているみたいで、ドロドロした部分や解決しない問題ばかりが増えているので、そろそろ一つくらいは消化してほしいと思ってしまいます。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

Copyright© マンガログ , 2021 All Rights Reserved.