マンガログ公式LINEで漫画のお得な情報を配信中

電子書籍サイトのお得情報、漫画のネタバレ情報をお届け

話題のAmeba漫画!今ならなんと100冊まで半額になるよ!

「夫はグレーゾーン」第1話のネタバレ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

『夫が実は発達障害…⁉』

夫はグレーゾーン

この記事では、これまで3万冊以上の漫画を読破している筆者が、大人気の漫画「夫はグレーゾーン」1話の詳しいネタバレをお届けします。

【この記事でわかること】

☑「夫はグレーゾーン」1話のネタバレ

☑「夫はグレーゾーン」1話を読んでみた感想

☑「夫はグレーゾーン」を無料で読む方法

【↓夫はグレーゾーン試し読みはコチラ↓】
\毎日最大50%還元

「夫はグレーゾーン」はまんが王国で先行配信されています。
まんが王国では割引クーポン(10~50%オフ1日2回もらえるよ。

「夫はグレーゾーン」関連記事
全話まとめ 次話ネタバレ

『夫はグレーゾーン』第1話のネタバレ

主人公の川上美和は一年前に会社の同僚の優斗と結婚した。

 

優斗は抜けているところがあるが会社の皆からいじられるような癒し系だった。

 

美和も彼の優しさと穏やかな性格に惹かれ交際・寿退社した。

 

幸せな結婚生活を夢見ていた美和だが、結婚して一年を過ぎ吐く程の苦しさと孤独を感じる日々。

 

美和は時折優斗の言動に違和感を感じていた。

 

当初天然くらいに思っていたが、あまりのマイペースぶりに最近はイライラしてしまう。

 

優斗は一緒に買い物に出かけても美和を置いて興味の惹かれるものに走ったり、時々全く周りを見ていない。

 

優斗の言葉は時に無神経で美和の心を削った。

 

二人で優斗の実家を訪れた時、母が作った茄子の油味噌を喜ぶ優斗に今度自分も作ろうと美和は言う。

 

すると優斗は美和が作るのは無理だと悪びれもせず笑顔で一蹴した。

 

固まる美和に気づくこともなく、優斗は楽しそうに箪笥上から学生時代の通知表を取ろうとする。

 

食後にしてと止める美和が埃で咳込んでも気づく様子もなかった。

 

実家からの帰り道、母が美和のこと好きになれないと結婚前に言っていたと笑顔で言う優斗に美和は無神経すぎると怒鳴る。

 

片付けもしない、食べ方も汚い、空気が読めないと日頃のいらだちをぶつける美和。

 

優斗はがみがみ言ってばかりで嫌と言い、引き留める美和を無視しその場を去って行った。

 

美和はいつも優斗との会話が最後まで続かないことに気づいた。

 

気疲れする美和だったが、帰宅した優斗は全くいつも通りだった。

 

翌朝出勤した優斗は清掃の女性の挨拶を無視し、空をぼんやり眺めた。

 

その頃優斗が散らかした部屋をため息をつきながら片づける美和は、優斗がスマホを忘れていることに気づく。

 

会社まで届けることにし、オフィスの入り口付近に着いた時バタバタする社内に異変を感じる。

 

美和が見たのはもう笑い話では済まないと上司に怒鳴られる優斗だった。

 

美和は青ざめその場を去ったが、その姿を見た元同僚の津田陽菜が美和に電話をかけてきた。

 

陽菜によると優斗は最近病的な程ミスが多く、今日も取引先との大事な約束を忘れていたのだ。

 

美和は今後何かあったら教えてほしいと陽菜に頼む。

 

陽菜がオフィスに戻ると優斗のミスの対応に皆が追われていた。

 

それを見て陽菜は怒り呆れたような顔で、優斗は絶対「アレ」だ、迷惑だから早く辞めてほしいと皆に言った。

 

職場からの帰り道悩んだ美和は優斗の母に相談しようと思ったが、前に美和を好きになれないと言っていたことを思い出し実母に相談することにする。

 

母に電話した時本屋のポップに目が留まり美和は慌てて電話を切る。

 

本を開くと「話が通じない、徹底的なマイペース、片付けが苦手、ミスが多い、相手の気持ちに共感することができない等の症状がある人は発達障害の可能性があります。」とあった。

 

優斗の特徴そのもので美和は固まる。

 

次話のネタバレへ⇒

【↓無料試し読みはこちら↓】
⇒「夫はグレーゾーン」を無料で試し読み
まんが王国にジャンプしますので「夫はグレーゾーン」で検索してください(*^^*)

漫画『夫はグレーゾーン』1話の感想とまとめ

会社で夫があんな風に怒鳴られたのを見たり、皆から愚痴を言われていたらとても辛くなりますね。

 

優斗ほどではないですが、悪気なく相手の心を削る言動をしたり全く相手の気持ちが想像・理解できない同僚がいました。

 

ミスも驚くほど多かった。

 

仕事上で関わりがなければ自然に距離を取ったりできますがその時はイライラしていました。

 

今思えば発達障害だったのかもしれません。

 

優斗は優しいだけに発達障害の症状で距離を取られたら可哀そうです。

 

発達障害の認知度が上がると付き合い方に柔軟性が出てくるのかもしれません。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

Copyright© マンガログ , 2021 All Rights Reserved.