マンガログ公式LINEで漫画のお得な情報を配信中

電子書籍サイトのお得情報、漫画のネタバレ情報をお届け

話題のAmeba漫画!今ならなんと100冊まで半額になるよ!

漫画「ぬきたし」9話のあらすじ詳細

 
この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

『この島ではHが自由w』

第6話 乳首に見る人類の歴史

この記事では、これまで3万冊以上の漫画を読破している筆者が、大人気の漫画「ぬきたし」9話の詳しいネタバレをお届けします。

【この記事でわかること】

☑「ぬきたし」9話のネタバレ

☑「ぬきたし」9話を読んでみた感想

【↓ぬきたし試し読みはコチラ↓】
\毎日最大50%還元

「ぬきたし」はまんが王国で先行配信されています。
まんが王国では割引クーポン(10~50%オフ1日2回もらえるよ。

「ぬきたし」関連記事
前話ネタバレ 全話まとめ 次話ネタバレ

『ぬきたし』第9話のネタバレ

由紀恵ちゃん

 

体イク祭りが進行する中、校舎に潜入した畔のNLNSのミッションは失敗しかけ、背後から迫ってきた全裸の男性に追い詰められていた。

 

NLNSのメンバーとはイヤホンで通信しているが畔の精神には余裕がない。

 

性蝕者(せいしょくしゃ)となった男は淫猥な「ドスケベ音頭」を口ずさみながら、水着姿で無防備な畔へと近づく。

 

レシーバーの向こうの淳之介の声で落ち着きを取り戻した畔は、淳之介から渡された秘密アイテム「由紀恵ちゃん」を胸の谷間から取り出して男へと投げつける。

 

男の注意がダッチワイフ「由紀恵ちゃん」に向いているスキに、対象のバッグを抱えて立ち去ろうとする畔。

 

畔と「由紀恵ちゃん」の間で男は逡巡する。

 

男の視線が「由紀恵ちゃん」の腹部に描かれた淫紋マークをとらえると、男は「由紀恵ちゃん」に夢中になってしまって懸命に腰を使い始めた。

 

男を尻目に畔はミッションを続けようとしたが、突然背後で破裂音が響く。

 

振り返った畔は男のハードピストンで無惨にも「由紀恵ちゃん」が破裂してしまっているのを目撃する。

 

淳之介は畔に撤退する命令を下すが、覚悟を決めた畔はアナルバイブで武装した。

 

男の一瞬のスキをついた畔は、背後から男のアナルに武器をねじ込むと、男を絶頂させ気絶させる。

 

潮時

 

男を倒してミッションの目的のカードキーを入手した畔が廊下に出ると、校内のいたるところで性蝕者たちの乱交が続いていた。

 

畔も発情してしまっているせいか吐息が粗い。

 

鈍った思考で身を隠しながら逃走していた畔は、性蝕者に見つかってしまい、組み敷かれて水着を脱がされていく。

 

豊かな胸と大きめの乳輪が水着からまろび出るが、畔は声すら出せずに為すがままになり、処女でいるのも潮時なのかもしれないと諦めてしまう。

 

性蝕者が股間の布をたくし上げると露になる畔のアソコ。

 

畔はアソコに性蝕者のムスコがあてがわれると、童貞で処女厨の淳之介に嫌われるのではないかと発情した頭で考えを巡らせる。

 

そして、畔は淳之介への気持を自覚した。

 

女部田の計画

 

畔の危機に駆けつけた淳之介は煙幕で性蝕者を攪乱すると、畔をお姫様抱っこのまま連れ去った。

 

畔にまだ作戦遂行の意志があるか問い掛ける淳之介。

 

淳之介への気持に気付いた畔は、淳之介のためにという本音をうっかり漏らしてしまい、気まずい雰囲気になる2人。

 

作戦に関して再考を始めた淳之介は、こちらの様子を覗う女部田と視線が合った。

 

ドスケベ音頭を口ずさみながら意味ありげに笑みを浮かべる女部田。

 

先日、淳之介を逆レイプしようとした女部田は、何かを画策しているようだが淳之介は気が付かない。

 

淳之介が考え込んでいると、ビキニ姿の片桐が心配そうに声をかけてきた。

 

片桐は畔が次の競技に出場するので応援するように淳之介に伝える。

 

淳之介は煽情的なブラジル水着をまとった女部田が競技の参加準備をしているのを見て、次の最終競技の棒倒しがエロ競技で、女部田が仕組んだ計画がある事を察知した。

 

肉棒倒し

 

棒倒しは別名「肉棒倒し」という、女子二人が交互にパイズリでムスコを擦って、男性を射精させたほうが勝ちというアタオカなもの。

 

淳之介が畔を守るため競技会場に潜入すると、女部田が近づいてきた。

 

淳之介のムスコを畔と女部田の4つの巨大な乳房が挟みこみ、エロ競技が開始される。

 

先行は女部田から始まり、女部田は淳之介に勝負に勝ったら自分のモノになるよう賭けを持ちかけた。

 

抵抗する淳之介だが、女部田は淳之介と畔が「反交尾勢力」であることをバラすと強迫しながら肉の塊で淳之介のムスコを擦り上げる。

 

女部田は淳之介をパイ射させ、屈服させて支配したい歪んだ欲望を暴露した。

 

攻守交替の時間が訪れ、畔は鼓動を押さえながら豊かな肉の谷間で淳之介のムスコをしごき始める。

 

懸命に動かす畔の脂肪の感触に快楽を感じ始めた淳之介。

 

それに水を差したのは、女部田の含みのある勝利宣言だった。

(9話終り)

次話のネタバレへ⇒

【↓無料試し読みはこちら↓】
⇒「ぬきたし」を無料で試し読み
まんが王国にジャンプしますので「ぬきたし」で検索してください(*^^*)

漫画『ぬきたし』9話の感想とまとめ

最終競技の畔と女部田の対決シーンはエロいのですが、笑ってしまう不思議な内容でエロコメディとして楽しめました。

 

自分の魅力に気付いていない畔は、モブ女子とかデブ女子とかネガティブなコンプレックスを持っているので、淳之介への気持ちに蓋をしていたのかな。

 

畔が自覚してしまった淳之介への想いと、NLNSのミッションの行方が気になる展開を見せているので、次回が気になります。

 

また、女部田の勝利宣言がどういう意味があるのかも気になるヒキで良かったです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

Copyright© マンガログ , 2021 All Rights Reserved.