マンガログ公式LINEで漫画のお得な情報を配信中

電子書籍サイトのお得情報、漫画のネタバレ情報をお届け

今ならなんと100冊まで半額になるよ!

「にぶんのいち夫婦」44話のネタバレ

 
にぶんのいち夫婦 アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

『自慢の夫は浮気している…?』

にぶんのいち夫婦

この記事では、これまで3万冊以上の漫画を読破している筆者が、大人気の漫画「にぶんのいち夫婦」44話の詳しいネタバレをお届けします。

【この記事でわかること】

☑「にぶんのいち夫婦」44話のネタバレ

☑「にぶんのいち夫婦」を無料で読む方法

☑「にぶんのいち夫婦」44話を読んでみた感想

【↓無料試し読みはこちら↓】
⇒「にぶんのいち夫婦」を無料で試し読み
まんが王国にジャンプしますので「にぶんのいち夫婦」で検索してください(*^^*)

「にぶんのいち夫婦」関連記事
前話のネタバレ 全話まとめ 次話のネタバレ

『にぶんのいち夫婦』第44話のネタバレ

文が浮気!?

和真は新店立ち上げのため、ランチがてら地域の飲食店をリサーチ中。

 

同僚の高梨と部下の立川さとみと共に、オープンしたばかりだが若い人を中心にSNSで大人気のお店に赴く。

 

店に向かい、行列に並んでいる最中、和真は妻の文らしき女性が男性と連れ立って店の中に入っていくのを目撃する。

 

仕事中のはずの文がこんなところにいるはずがないと思いながらも、悶々としながら順番を待つ和真。

 

30分以上待ってやっと店内に入り席に着く途中、和真は辺りを見回し文らしき女性と一緒にいた男性を発見する。

 

その2人の様子を伺う和真は、男性が相手を「中山さん」と呼んでいたことで女性が文であると確信し、2人の席に近づき声をかける。

 

思わぬ遭遇に呆然とする文。

 

様子を見に来た高梨も文に気付き、ぎこちなく挨拶を交わす。

 

状況を和真に尋ねる高梨に、和真は自分の分も含めて先に注文をしておくように頼み、その場から追いやる。

 

席に戻る高梨をよそに、文と一緒にいた男性・樋口は和真が文の旦那であることをほぼ確信したような態度で確認してきて、自分は文の仕事仲間だと自己紹介する。

 

樋口を警戒する和真

若いながらに女性の扱いに慣れていそうな樋口に警戒心を抱く和真は、文がここにいる理由を問う。

 

急遽休みになったことを説明しようとする文を遮り、樋口は自分が無理に文を連れてきたと答える。

 

和真はテーブルの状況から2人がパイをシェアして食べたことを知り、さらに警戒心を強める。

 

お互い牽制し合う2人に困惑し口を挟めなくなってしまった文。

 

和真は文が樋口と一緒にいる時間を減らそうとあえて作るのに時間のかかるビーフシチューを夕飯にリクエストし、その場を立ち去る。

 

立ち去る和真を睨みつける樋口と、文と樋口の様子を伺う和真の視線がぶつかり、笑みを浮かべて文との会話に戻る樋口。

 

2人が会話している姿を、和真はしばらく睨みつけていた。

次話のネタバレへ⇒

【↓無料試し読みはこちら↓】
⇒「にぶんのいち夫婦」を無料で試し読み
まんが王国にジャンプしますので「にぶんのいち夫婦」で検索してください(*^^*)

『にぶんのいち夫婦』を無料で読む方法

にぶんのいち夫婦を無料で読む方法
コミック.jp、ひかりTVブックの無料期間を利用する。

 

無料期間 初回にもらえるポイント 備考
コミック.jp 30日間 675円分⇒1350円分 2021年10月現在、倍の1350ポイントもらえる。
ひかりTVブック 申し込みした月のみ 1170円分 990円コースに登録。

 

 

詳しく説明していきます。

【コミック.jp】で無料で読む

コミック.jpは30日の無料お試し期間があり、初回登録時に675円分の無料ポイントがもらえます。

2021年10月現在倍の1,350ポイントもらえ、そのポイントで「にぶんのいち夫婦」(分冊版1冊165円)を最大8冊無料で読むことが出来ます。

にぶんのいち夫婦 分冊版


無料期間中に解約しても費用は一切発生しません。

↓「にぶんのいち夫婦」を無料で読む↓

【ひかりTVブック】で無料で読む

ひかりTVブックで無料

ひかりTVブックの990円コース初回登録で、初月の会員費が無料かつ1170円分のポイントがもらえます。

そのポイントを利用すれば「にぶんのいち夫婦(分冊版)」最大7冊無料で読めます。

無料期間中に解約しても費用は一切発生しません。

↓「にぶんのいち夫婦」を無料で読む↓

 

この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

Copyright© マンガログ , 2021 All Rights Reserved.