電子書籍・VODサイト比較、漫画の無料・最安情報

波よ聞いてくれ7巻を無料で読む方法とネタバレ感想紹介

 
波よ聞いてくれ
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、マンガ好きKです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

本日は沙村広明先生が送る大人気作

 

「波よ聞いてくれ」

7巻をほぼ無料で読む方法を紹介し

あらすじ・感想をネタバレ交えレビューしていきます。

 

【6巻のおさらい】

宗教法人“波の智慧派”から帰還したミナレ、久連子、瑞穂。

 

教団の番組を放送するといった計画は阻止されたが、政府のすすめる全基幹放送のネット移行を視野に入れた大変革が見送られたことは教団の目的が達成されたといっても過言ではないようだ。

 

ミナレたちがこの事件で大忙しだったころ、城華はラジオ業界へ進む決心を固めていた。

 

すでにHBC北海道放送のスタッフとも会い、放送を見学していた様子。

 

果たして城華の目的とは?

 

また、ミナレの次の放送を考えるのは瑞穂だが、どんな内容の番組になるのだろうか?

 

 

【↓先に試し読みしたい方はコチラ↓】

⇒波よ聞いてくれ7巻 

(ebookjapanの作品ページへ)

 

【↓前巻と次巻のネタバレもチェックする↓】

前巻:6巻 次巻:8巻

 

「波よ聞いてくれ」7巻をほぼ無料で読む方法

「波よ聞いてくれ」7巻をほぼ無料で読むには

 

VODサイトのU-NEXTを使います。

U-NEXT画像

U-NEXTは日本最大級の動画配信サイトで、電子書籍も配信しており、見放題の映画・アニメが90,000本もあります!

 

U-NEXTに初めて申し込みの方には31日間の無料お試し期間があり、申し込み時に600円分のポイントが付与されます。

 

 

そのポイントを使えば、「波よ聞いてくれ」7巻(税込660円)をほぼ無料(=60円)で読むことが出来ます。

※無料トライアルの31日以内に解約すれば料金は一切かかりません(*^^*)

↓↓7巻をオトクに読むなら↓↓

登録・解約共に2~3分ほどで済みますよ(*^^*)

※もし既にU-NEXTには登録済みだと言う方はmusic.jpをご利用ください。

 

music.jpVODサイト無料お試し期間にもらえる600円分のポイントで「波よ聞いてくれ」7巻がほぼ無料で読めます。

こちらもお試し期間中に解約すれば費用は掛かりません。

無料期間は1日短い30日間となっています。

「波よ聞いてくれ」7巻レビュー(あらすじ・みどころ解説)

7巻のざっくりネタバレ

ニートを救出せよ!

次のミナレの放送は、瑞穂が企画することになった。

 

その内容は、多野(おおの)家の長男多野潤一(おおのじゅんいち)を説得し、説得の成功・失敗に関わらずドキュメンタリー風に放送するといったものだった。

 

高校生の時のクラスの美少女二人の名前を借りて部屋に押し入ったミナレは、最終手段かと思われた暴力で潤一をねじ伏せる。

 

ミナレと潤一がやり合っている中、瑞穂はこの部屋に似つかわしくない人形を発見する。

 

潤一が知人に作り方を教わって作ったという人形は、潤一の亡くなった妹・沙樹にそっくりだった…。

 

 

ややこしい家庭環境

今回依頼してきた多田衿子(おおたえりこ、潤一から見て義理の妹)と多田深雪(おおたみゆき、潤一から見て義理の母)は、義理の父と義理の兄(潤一)、義理(沙樹)の妹と7年前に家族になったようだ。

 

再婚を機に衿子は沙樹といる時間が増えたようだが、潤一はそのことを良く持っていなかったようで、そのせいか潤一と衿子の間には未だ壁があるようだった。

 

5年前に義父と沙樹が事故に遭わなければこんなことにならなかったのに…と語る衿子だが、その横で母は能天気に晩御飯のことを気にしていた。

 

沈みがちだった母も一昨年くらいからあんな調子でイライラするし、でも潤一の心を開くことさえできない自分は本当に役立たずだと衿子は落ち込んでしまう。

 

 

一筋縄ではいかない

ミナレは相変わらず暴力でどうにかしようとするも、潤一もすぐに外へ出てきてくれない。

 

衿子からのメールでは潤一は以前会社に勤めていたことがあるようだが、そこで何かしらあった様子。

 

少しずつだが、潤一が引きこもった理由が明らかになってきた。

 

 

父と沙樹が亡くなった後、自分でもこのままではだめだと思って父の知人・南条のツテで小さな印刷会社に入った潤一。

 

そこで倉田かな恵と、営業課の江原に出会う。

 

潤一の教育係となった倉田は明るくて仕事もでき、次第に潤一は倉谷に憧れに似た恋心を抱き始める。

 

人生のリハビリ的な感じでゆるく仕事をしていた潤一だが、ある日、江原と倉田が別れ話をしている場面に遭遇してしまう。

 

後からやってきた南条によると、江原は子持ちの女性と結婚することが決まったのだという。

 

南条曰く、その結婚相手の名前は多田深雪、潤一の義母だったのだ…。

 

一昨年くらいから義母が能天気になったのは新しい男が出来たからだと理解した潤一はその場で倒れ、そこから仕事に行けなくなってしまったのだという。

 

しかし、今日に至るまで義母や義妹からその件について一切説明はなく、せめてもの反抗でここに居座っているという潤一。

 

それを聞いた衿子は、今まで母を説得していたからだと部屋に入ってくるのだが、全てに裏切られた潤一は聞く耳を持たない。

 

ミナレは瑞穂に対しプランCで行くと宣言するも、そもそもプランAもBも存在しない。

 

果たしてミナレはどういった作戦で潤一を説得するのだろうか。

 

(続きは7巻の後編で)

 

【↓無料試し読みはコチラ↓】

⇒波よ聞いてくれ7巻 

(ebookjapanの作品ページへ)

 

7巻みどころ解説

鬼滅の刃18巻見どころ紹介

暴力で解決!

今回もミナレの破天荒さにやられましたw

 

ニートという家庭のデリケートな部分にずかずか入り込み、挙句の果てに暴力でねじ伏せるという暴挙www

 

ミナレだからこそ許される技ですねw

 

というか、瑞穂もなぜ止めないのでしょう(^^;

 

これを聞いた麻藤は面白がっているし、放送業界にいる人間はなぜこんなに人の不幸を面白がるのか…w

 

ミナレの考え出したプランCもだいぶ荒療治なので、その破天荒っぷりをご自分の目でご確認ください(^^♪

 

 

忘れ去られたヒロミ

ミナレたちが波の智慧派に拉致監禁された時、ミナレと瑞穂の身の回りの世話をしてくれたヒロミを覚えていますか?

 

今回はそのヒロミは活躍します(^^♪

 

というか、なぜ忘れたころに出てくるんですかね?

 

ミナレの階下に住んでいた進二もそうですけど、主要人物でない人ほど重要な立ち位置にいるんですよね。

 

細かいところ1つ1つに注意すると気づくんでしょうが、伏線に気付かないまま読み進めてしまうので、「あれ?こいつまた出てきた?」ってなるんでしょうね(^^;

 

【↓無料試し読みはコチラ↓】

⇒波よ聞いてくれ7巻 

(ebookjapanの作品ページへ)

 

7巻の口コミ

Twitterでの口コミを調べてみました♪

この牛乳のシーン好きですw

こういうしずかな笑いがいいんですよね! 

 

「波よ聞いてくれ」7巻まとめ

7巻まとめ・総評

これまでのオカルト路線とは異なり、身近な「ニート」が題材となりました。

 

オカルトではないのにゾクッとするシーンがいくつもあり、やっぱりこの作品は面白いなと再認識させられました。

 

潤一を助けるために様々な人が動くのですが、果たして潤一はニートを卒業することが出来るのでしょうか!?

 

また、ミナレが潤一に手を焼いている裏で城華も動いています。

 

8巻ではどんな展開が待っているのでしょうか?

 

ちなみに7巻の表紙の下には、ニートの増加率グラフが…。

 

ここに書かれているミナレのコメントが秀逸なので、ぜひ見てください♪

 

【↓無料試し読みはコチラ↓】

⇒波よ聞いてくれ7巻 

(ebookjapanの作品ページへ)

 

【↓前巻と次巻のネタバレもチェックする↓】

前巻:6巻 次巻:8巻

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^*)

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、マンガ好きKです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マンガログ , 2020 All Rights Reserved.