オススメ漫画の紹介、ネタバレ感想、無料情報を中心にお届け!

凪のお暇 3巻のネタバレ感想・あらすじ・無料試し読み可能 凪、メンヘラる。

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、リバもとです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

リバログに訪問ありがとうございます。

本日はもうすぐドラマが最終回!

 

「凪のお暇」(コナリミサト先生作)

 

3巻をあらすじ・ネタバレ感想交えて紹介していきます。

 

この作品を読むと、

  • 小さいことに悩んでるのは自分だけではないんだ
  • こういう風に考えるのアリだな…。
  • 私もお暇したい…。

 

といった気分になります。

自由人思考の方、ミニマリストの共感を集めやすいマンガです。

またそうなりたい方にも是非参考にして欲しいです。

 

 

この記事はこんな方向けに書いています。

  • 「凪のお暇」3巻のあらすじが知りたい。
  • 「凪のお暇」3巻の見どころが知りたい。
  • 実は会社をやめたい…。
  • 自分を変えたい。
  • 節約方法を勉強したい。

 

先に3巻を試し読みしたい方はコチラ↓↓からどうぞ。

⇒【無料試し読み】凪のお暇 3巻(ebookjapanへ)

 

次巻(4巻)のレビュー記事はこちら↓↓

 

凪のお暇 3巻作品概要

他人に合わせてばかりの日々をやめ、心地良い新生活をおくっていた大島凪28歳。

だけど、何かと優しい隣人・ゴンとの関係が深まるにつれて、気持ちが揺らいで…?

(出典:ebookjapan「凪のお暇」3巻紹介文より)

凪のお暇 3巻あらすじ・みどころ紹介・ネタバレ感想

3巻あらすじ

凪、慎二との思い出を振り返る。

2巻での元同僚・足立への発言がブーメランとなって凪の胸に突き刺さっている。

そのブーメランを抜くために、元カレの慎二のどこが好きだったかを考えてみる凪。

凪は慎二との思い出を回想する。

 

慎二と付き合っていた時に2人で行った水族館。

そこでみたイワシの魚群を見て、凪は美しいと感じる。

そんな中、一匹のイワシが群れから外れる。

凪は心の中ではぐれたイワシを応援するが、慎二はそのイワシに対して空気読めと辛辣なことを言う。

果ては、はぐれたイワシが死んでしまったら自分が食べてあげたいと言う凪に対し、イワシは貧乏人の食べ物と吐き捨てる慎二。

こんな風に全く価値観の違う慎二のどこが好きだったのだろうか?

慎二の好きなところが一つもない。

なのに付き合っていたのは「営業部のエース・将来有望・みんなに好かれている」といった肩書でしか彼を見ていなかったのでは…。

そんな考えが凪の頭に浮かぶ。

 

自己嫌悪に陥りそうなので、外に買い出しに出かける凪。

外で新築の家を見かけた時に、慎二の実家に訪れたことを思い出す。

慎二の実家は絵にかいたような理想的な家族。

ただ慎二は実家にいるのによそ行きの態度を崩さない。

ここの一員になれば、誰もが100点満点に見てくれるだろうか?

そんな考えで慎二と付き合っていたことを思い出す。

自分の満足でなく、他人の目を満たすかを気にして付き合っていたことに。

 

慎二、凪との思い出に浸る

今度は慎二サイドの話が展開。

理想的な家族に見えた慎二の家族は、ただの見せかけで、夫婦仲はバラバラ。

兄の慎一は嫌気がさし、トンズラ。

他人の目を感じると皆で理想の家族を演じてみせていたのだ。

そして慎二も凪と行った水族館のイワシの群れを思い出していた。

慎二は同じ方向に向かって見せつけるかのように泳ぐイワシたちが自分の家族に重なって嫌悪感を覚えていた。

一匹のイワシが群れから外れ、逆方向に泳ぎ出したのを見ると、その姿に憧れと畏怖を抱く慎二。

ただ口をついたのは「スゴイ」や「憧れる」でなく、「空気読め」であった。

同時に、自分がイワシをバカにすると、凪が反論する姿が可愛かったことを思い出す。

そして凪の作るイワシ料理が食べたかったなと感傷に浸る。

 

凪、目が怖くなる。

その頃、凪はイワシを買って帰り、うららとゴンにイワシのフリッターをごちそうする。

料理中に凪はイワシに自分の姿を重ねる。

イワシが群れで泳ぐように、慎二の肩書に乗っかって泳ごうなんて打算があった過去の自分。

そのことを思い出すと嫌な気分になる。

その時にゴンから怖い目をしていると指摘を受ける凪。

そして3人でフリッターを食べている最中に、凪の携帯が鳴る。

かかってきた相手を見た凪は、あとでいいからと電話をほったらかす。

凪がまた怖い目をしているのに気づくゴン。

放られた携帯画面に相手の名前がでる。

電話をかけてきたのは凪の母であった…。

 

凪に怖い目をさせる凪の母とはいったい?

(あらすじの続きは3巻で!)

 

↓↓↓3巻の無料試し読みはコチラから↓↓↓

⇒【無料試し読み】凪のお暇 3巻(ebookjapanへ)

 

3巻みどころ・ネタバレ感想

素直になれない慎二

はぐれたイワシを見て、憧れの気持ちがあるのに、「空気読め」

 

男ならこの行動は思わず「わかる」と言っちゃいます

思っていることと反対のことを言ってしまう。

そんな不器用な生物が男なのだと。

男のほとんどは中々自分の心の内を明かせないのです。

恥ずかしくて(/ω\)

照れ隠しで反対のことを言ってしまうのです。

なので女性の皆さんは、男の「?」発言を凪みたいにストレートに受け取らず、その反対のことを思っているんだと考えてくださいね(*^^*)

それが男を理解する第一歩です。

 

凪、ゴンと関係を持つ。

言い訳ばかりの自分が嫌になり、勇気を出してゴンの部屋に遊びに行った凪。

折角のお暇なんだしもっと力を抜いたら?とゴンに誘惑され、関係を持ってしまう。

それから連日ゴンとただれた時間を過ごす。

 

といった風にアリ地獄にに凪は落ちていき、ゴン無しでは生活できないメンヘラ女になっちゃいます。

なんにしてもゴンはHがクソ上手いという設定ですので、凪も今までゴンにハマった女の例に漏れず、Hをキッカケにゴンの魅力にハマっていってしまいますw

ゴンといると空気がとてつもなく美味しく感じる凪。

この麻薬のような男から抜け出せるのか?

ちなみにゴンのあだ名は「モーゼの海割り」と「メンヘラ製造機」です。

凪も見事にメンヘラに製造されちゃってますw

 

 

凪のお暇 3巻 まとめ・電子書籍のススメ

3巻まとめ

見事にメンタルがヘラっちゃった凪wwww

笑っちゃいけないんですけどね( *´艸`)

ただ自分も恋したときこんな風になってないかと思うとちょっと怖いです。

こうならないように気をつけたいですね(;^ω^)

果たして凪は無事立ち直れるか?

4巻の展開が気になります!

 

次巻(4巻)のレビュー記事はこちら↓↓

凪のお暇を読むなら電子書籍で!

まだまだ本屋も全国的に多く、紙の本が主流のひとつではありますが

全国の書店数は徐々に減少傾向にあります。

そんな中今一番伸びている読書方法は電子書籍を使った読書です!

電子書籍のメリット

  • いつでもどこでも漫画を読める!
  • 本棚が不要!部屋がスッキリ!
  • 発売日になれば夜でもすぐ買える!(地方は2~3日遅れる)
  • 書店に行く手間が省け、時間の節約になる!
  • 買いにくい本(エロ・グロ・ドロドロ)を誰にもバレず読むことが出来る!
  • 試し読みをしてその作品が自分に合うか判断できる!

 

デメリットとしては

  • 中古として売れない
  • 人に貸し出しは出来ない

ぐらいですね!

そして数ある電子書籍サイトの中でも

ebookjapanが特にオススメです。

 

【ebookjapanの特徴】

  • ebookjapanは、割引キャンペーンが多い!

10~15くらいの割引は定期的に行われています。

なんと初めてヤフーIDでログインされる方には最大50%オフのクーポンも!(上限500円)

 

  • 会員登録不要!

他の電子書籍サイトは月額会員制がほとんどですが、

ebookjapanでは面倒な会員登録不要!

欲しいマンガがすぐに買えます!

 

  • Tポイント、PayPayボーナスライトが貯まる、使える!

お持ちのTカードと連携させれば、Tポイントがもらえる!

もしくはPayPayボーナスライトが貯まる!

最大30%相当が還元されます!

そして貯まったTポイント、PayPayボーナスライトで漫画を買うことも可能です!!

 

 

  • 無料漫画の量がすごい!!!

まず全作品とも無料試し読みが出来ます!!

中には1冊丸々無料で読める漫画も!

現在2000冊以上の漫画が無料で読めます(^^)/

⇒ebookjapan無料漫画一覧

 

  • アプリを使えばオフラインでも読める!

ebookjapanのアプリをインストールして、作品をダウンロードしておけば、ネット環境が無くても購入した作品が読めます!

ただし購入はブラウザでしないとTポイント、PayPayボーナスライトが付きません!

 

凪のお暇3巻は↓↓↓からebookjapanで試し読み出来ます(*^^*)

⇒【無料試し読み】凪のお暇 3巻(ebookjapanへ)

 

 

あなたに良き読書ライフを☆

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、リバもとです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リバログ-ribalog- , 2019 All Rights Reserved.