電子書籍・VODサイト比較、漫画の無料・最安情報

まくむすび2巻をほぼ無料で読む方法とネタバレ感想紹介

 
まくむすび1巻
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、マンガ好きKです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

本日は保谷伸先生が送る大人気作

 

「まくむすび」

まくむすび2巻

2巻をほぼ無料で読む方法を紹介し

あらすじ・感想をネタバレ交えレビューしていきます。

 

マンガを描くことが好きだった土暮咲良(つちくれさくら)は、高校に入ったらマンガとは決別し、生まれ変わろうとしていた。

 

ひょんなことから自分の漫画が演劇部によって舞台化され、それを見た咲良は感動と興奮を覚える。

 

演劇に興味のなかった咲良だが、気が付いたら演劇部に入部していた。

 

「むすび」という部名を付けられた咲良は、あおはるマルシェでの台本を作ることになるのだが果たしてうまくいくのだろうか?

 

【↓先に試し読みしたい方はコチラ↓】

⇒【無料試し読み】まくむすび2巻  

(ebookjapanの作品ページへ)

 

【まくむすびレビュー一覧】

1巻2巻3巻

 

「まくむすび」2巻をほぼ無料で読む方法

「まくむすび」2巻をほぼ無料で読むには

 

VODサイトのU-NEXTを使います。

U-NEXT画像

U-NEXTは日本最大級の動画配信サイトで、電子書籍も配信しており、見放題の映画・アニメが90,000本もあります!

 

U-NEXTに初めて申し込みの方には

31日間の無料お試し期間があり、

申し込み時に600円分のポイントが付与されます。

 

 

そのポイントを使えば、

「まくむすび」2巻(税込627円)を

 

ほぼ無料(=27円)で読むことが出来ます。

※無料トライアルの31日以内に解約すれば料金は一切かかりません(*^^*)

↓↓2巻をオトクに読むなら↓↓

登録・解約共に2~3分ほどで済みますよ(*^^*)

※もし既にU-NEXTには登録済みだと言う方は

music.jpをご利用ください。

 

music.jpVODサイト

無料お試し期間にもらえる600円分のポイントで

「まくむすび」2巻がほぼ無料で読めます。

こちらもお試し期間中に解約すれば費用は掛かりません。

 

無料期間は1日短い30日間となっています。

「まくむすび」2巻レビュー(あらすじ・みどころ解説)

2巻のざっくりネタバレ

台本が完成したけど…

すでに扱う題材は決まっていたものの、まだ台本は完成していなかった。

 

ジャス子とリューグーは扱う題材をもとに喫煙シーンの練習をしていたのだが、この姿がネットに拡散されてしまう。

 

これを問題視した顧問・里中(さとなか)先生に呼び出されるママ先輩とむすび。

 

お菓子のたばこを使った練習であることはわかっているようだが、大きな騒ぎになってしまったため、たばこという要素だけでもなくしてほしいと要求してきた。

 

タバコという要素をなくしてしまったら内容が変わってしまうと反論するむすび。

 

ママ先輩も台本を変える気はないと言い張り、里中先生はそれならば顧問をやめると言い出した。

 

あおはるマルシェを見てから決めてほしいと話し合っているようだが、むすびにはその内容が入ってこない。

 

それもそのはず、里中先生が顧問をやめるのであれば、演劇部は廃部になってしまうからだ…。

 

 

不安になるリューグー

後日、ママ先輩から演劇部のみんなに、里中先生に呼び出された理由が明かされた。

 

しかし、里中先生が顧問をやめることと廃部の話は明かされず、むすびは自分のせいだと自責の念にとらわれる。

 

それでもあおはるマルシェに向けた練習は行わなければならない。

 

リューグーの家で練習をすることになったのだが、ジャス子の求める演技が出来ず、リューグーはだんだんと不安になってしまう。

 

そもそも演劇経験のないリューグーにとって、たばこを吸う仕草やサラリーマンを自然な演技は難しく、自信を無くしてしまったのだ。

 

それでもなおダメ出しをするジャス子だが、ダメ出しの仕方がよくないとママ先輩の指導が入る。

 

この面倒見の良さ、まとめ方のうまさがママ先輩たる所以なのだろう。

 

徐々にお芝居の形になっていくことに、むすびは感動と興奮を覚えるのであった。

 

 

今度はむすびが自信を無くす

あおはるマルシェ前日。

 

むすびは自分のせいで部が廃部になるかもしれないことを気にしているようだが、青葉高の金成百合(かんなりゆり)から台本に自信がないのだろうと指摘されてしまう。

 

それでも不安な気持ちを隠し、舞台の確認へ行くむすび。

 

初めて上がる舞台は大きく、使い方によっては舞台はいろいろな可能性を秘めていることに気付き、むすびは舞台上でぼーっとしてしまう。

 

次の瞬間、上から照明を下す掛け声があったのにむすびはその場から離れず、タツさんというベテランに怒られたしまったのだ。

 

ここからむすびは一気に自信を無くしてしまう。

 

自分の台本は面白いのか、台本のせいで部がなくなるかもしれない、照明だってうまくやれる自信がない、むすびからは様々な不安が出てくるが、ジャス子はそんなむすびを励まし続ける。

 

せっかくなんだから悔いのない舞台にしようというジャス子の言葉に心を動かされ、むすびは台本を変更することに…。

 

果たして舞台は上手くいくのだろうか?

 

(つづきは2巻後編にて)

 

【↓無料試し読みはコチラ↓】

⇒【無料試し読み】まくむすび2巻  

(ebookjapanの作品ページへ)

 

2巻みどころ解説

鬼滅の刃18巻見どころ紹介

青葉高校の舞台

あおはるマルシェでは他校の演劇シーンも描かれています。

 

名門・青葉高に舞台についても詳しく書かれているのですが、セットがあるだけで華やかさが全く違いますね。

 

星見高校はセットがなく、あくまでも登場人物を目立たせる演出なので、その対比が上手く表現されています(*´ω`*)

 

どちらがいいとか悪いとかではなく、どちらも演劇の世界として成立するのだということを考えさせられる内容となっていますね。

 

 

等身大の心理描写

1巻に引き続き、今回はリューグーやむすびまでも自信を無くしてしまいます。

 

それに対し、高校生という多感で、何をやっても若さで乗り越えられる青臭さがよく伝わってくる内容となっていました。

 

学校ものにありがちな熱血教師が問題を解決するという展開はなく、あくまでも生徒たちが自分で乗り越えて強くなる描写が上手いです(^^♪

 

【↓無料試し読みはコチラ↓】

⇒【無料試し読み】まくむすび2巻  

(ebookjapanの作品ページへ)

 

2巻の口コミ

Twitterでの口コミを調べてみました♪

地元が舞台になっているとそれだけで面白くなる(*´ω`*)

それくらい演劇部の人にとって為になることが書いてある!

 

「まくむすび」2巻まとめ

2巻まとめ・総評

ついに台本が完成し、演劇部はあおはるマルシェに向けて練習を重ねる日々。

 

途中、リューグーが自信を無くす場面もありましたが、ママ先輩のおかげで何とかかたちになってきました(*´ω`*)

 

もちろん2巻の終盤では星見高校の演技も載っています!

 

3巻ではどんな展開が待っているのでしょうか(^^?

 

 

⇒【無料試し読み】まくむすび2巻  

(ebookjapanの作品ページへ)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^*)

 

【まくむすびレビュー一覧】

1巻2巻3巻

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、マンガ好きKです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マンガログ , 2020 All Rights Reserved.