オススメ漫画の紹介、ネタバレ感想、無料情報を中心にお届け!

liar(ライアー)漫画6巻のネタバレ感想・あらすじ 試し読み可能(*´▽`*) 市川のジェラシー燃え上がる!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、リバもとです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

リバログ-ribalog-にご訪問ありがとうございます。

このブログでは漫画を30,000冊以上読破している漫画コンシェルジュ・リバもとが、

オススメの漫画、今から人気に火が付きそうな漫画を紹介しています。

 

 

本日はエブリスタで小説が連載されたのち漫画化された人気作

「liar(ライアー)

6巻のあらすじ・感想をネタバレ交えレビューしていきます。

※紙のコミックと、電子コミックでは収録されている話数が違います。

この記事では電子コミック版の巻数で表記しています。

 

この記事はこんな方に向けて書いています

  • 6巻のあらすじが知りたい。
  • 6巻の見どころを知りたい。
  • liarを無料で試し読みしたい。

 

まず6巻の無料試し読みをしたい方はこちらからどうぞ。

⇒「liar」6巻を無料で試し読み

「liar」で検索してくださいね(*^^*)

 

東洋コーポレーションに復帰し、市川との再会を果たした美紗緒。

2人は福岡へ出張。

市川は成田にアプローチしようとする河上を退け、

4年ぶりに肌を合わせ、

お互い相手への気持ちが途切れていないことを再確認するのであった。

そして6巻は市川の視点から始まる。

 

「liar」第6巻 レビュー

6巻あらすじ

冷静になれない   

昨日も美紗緒に好意を抱いている後輩の河上にツラく当たってしまった。

美紗緒のことが気になり、嫉妬でアタマがどうにかなりそうな市川。

何度美紗緒を抱いても足りない、いくら自分を好きと言われても信じられない。

満たされない自分が嫌になる。

そんなことを思案している内、美紗緒が市川の部屋に入ってくる。

 

「イチさん、もう7時ですよ。」

 

そう告げる美紗緒。

部屋まで迎えに来た美紗緒を抱き寄せ、

 

   抱き足りない」

 

といい、市川は朝から美紗緒を抱こうとする。

 

「だ、だめですっ…」

 

抗いながらも、美紗緒は好きな市川に求められることに幸せを感じているので満更ではない。

しかし、4年前のような不安でいっぱいの日々は送りたくない   

その思いが美紗緒の頭をよぎる。

 

「イチさん、仕事の時間!」

 

といい、市川にストップをかける。

市川は不満げな表情を見せるが、美紗緒にキスをし、シャワーを浴び、支度をする。

 

今日は昼過ぎに名古屋支社の方にも回るので飛行機の便を変えるよう指示する市川。

そして出発まで2人は昔のように軽口を叩き合う。

そして市川は美紗緒の胸元が開きすぎと指摘する。

 

「男誘惑してんじゃねーよ。」

 

なんとも子供っぽい嫉妬をする市川に美紗緒は思わず聞いてしまう。

 

「イチさんて、私のこともしかして…、

好きなんですか?」

 

それに対し市川は

 

「俺が”好き”なんか言うわけねぇだろ。」

 

と煙草をふかしながら答える。

 

「…ですよね。」

 

と美紗緒は寂しそうな表情でつぶやく。

が、意を決して自分の本心を素直に伝える。

 

「私は、

ずっと好きなんですからね。

イチさんのこと   

 

市川は軽く笑い、

 

「いいんじゃねーの」

 

と流す。

美紗緒は心でこう願う。

 

『いつか、不器用すぎるイチさんの口から、

ハッキリした言葉をもらえる日が来ますように   

 

出野部長と会った後、次の出張先名古屋に向かう市川と美紗緒。

 

「イチさん、今日は東京帰れそうですよね。

いちお最終の新幹線取っときます?」

 

と市川に聞くが、無視される!

市川は胸元が隠れる服を差し出し、買ってすぐ着るように告げる。

美紗緒が服を買い、市川の元に戻ると、市川も着替えを買っていた。

 

『着替え?

もしかして今夜も泊まるつもり…?

朝の”抱き足りない”を満たすってこと?

…やっぱり私のこと好きなんじゃないですか(/ω\)』

 

と心の中の嬉しさを隠し切れず悶絶する美紗緒。

 

そして名古屋支社の担当社員とイベント会場で落ち合う2人。

名古屋に泊まるなら、イベント後おいしい店に案内するという担当社員に対し、

 

「あ、我々今日は最終の新幹線で東京に戻るんですよ。」

 

と答える市川。

美紗緒は疑問に思うが、イベント終了後市川が

 

「さて飯行くぞ。」

 

と言い、

 

「え?東京に帰るんでは?」

 

と尋ねる美紗緒。

不機嫌な顔で振り向く市川。

市川はどうやら今日だけは絶対2人だけの夜にしたかったらしく、

邪魔をされないよう名古屋の社員に東京に帰るなどと嘘をついたのだ。

 

2人の名古屋での夜は熱い夜になるのか?

それとも不器用な市川がまた拗ねるのか?

(あらすじの続きは6巻で読めます!)

 

↓↓↓無料試し読みはコチラから↓↓↓

⇒「liar」6巻を無料で試し読み

「liar」で検索してくださいね(*^^*)

 

6巻みどころネタバレ感想

市川のヤキモチが過去最大、最高回数!

あらゆることに嫉妬の炎を燃やす市川!

 

  • 美紗緒が胸元が開いてる服を着てれば

「男誘惑してんじゃねーよ!(; ・`д・´)」

 

  • 部長の出野が美紗緒の頭を撫でれば

「おまえ、スキだらけなんだよ(; ・`д・´)」

 

  • 夜遅くに部長の出野から美紗緒に電話があれば

「出なくていーだろ(ガード甘いんだよ(; ・`д・´))」

 

5巻の河上君へのジェラシー攻撃もすごかったけど、

6巻の市川は更にターボがかかってます(笑)

 

けど最終的には

「美紗緒は    俺のだ(; ・`д・´)」

 

とかなり独占欲の強い自分を露呈してしまいます。

 

6巻最大の見どころは市川のジェラシーです(*^^*)

女性の皆さんは「市川カワイイ!」と思わず唸ってしまうこと間違いなしです!

 

「liar」第6巻 まとめ

まとめ

今後この顔文字(; ・`д・´)を「市川くん」と名付けることにします。

ジェラシー燃やしっぱなしの市川に対し、

美紗緒は市川の嫉妬を嬉しがったり、ふとしたことに愛を感じたり、

幸せいっぱいなのが伝わってきます。

その美紗緒の表情にキュンキュン来ます!

主人公2人の行動は対照的ですが2人とも可愛すぎ!!

今のところ大きなトラブルはなく幸せそうな2人ですが、

これは近々2人の間に大きな障害が出て来るフラグだと思います(*’ω’*)

まさかの田所再臨…なんてことにならなければいいんですが(;^ω^)

7巻の展開が楽しみです(*^^*)

 

7巻の感想記事はこちら↓

liar(ライアー)漫画7巻のネタバレ感想・あらすじ

 

注意!電子書籍を利用したことない人だけ読んでください!!

まだまだ本屋も全国的に多く、紙の本が主流のひとつではありますが

全国の書店数は徐々に減少傾向にあります。

そんな中今一番伸びている読書方法は電子書籍を使った読書です!

電子書籍のメリット

  • いつでもどこでも漫画を読める!
  • 本棚が不要!
  • 発売日になればすぐ買える!
  • 書店に行く手間が省け、時間の節約になる!
  • 買いにくい本(エロ・グロ・ドロドロ)を誰にもバレず読むことが出来る!
  • 試し読みをしてその作品が自分に合うか判断できる!

 

そして数ある電子書籍サイトの中でも

「まんが王国」が特にオススメです。

 

【まんが王国の特徴】

  • まんが王国は、割引やポイントバックのキャンペーンが多い!

10~30%くらいの割引は定期的に行われています。

なんと今なら新規登録者に50%ポイントバッククーポンを配布中!

 

  • 月額会員500円以上のコースにはもれなくボーナスポイントが付いて来る!

月額会員2000円コースですと、クレジットカード払いの場合、

何と2000PTの通常ポイントに加え、500PTのボーナスポイントが付いてきます!

(ケータイ料金合算払いの場合はボーナスポイントが300PT。)

オトク度では1番の電子書籍サイトです!

 

  • 無料試し読みの上位版!「じっくり試し読み」がすごい!

おすすめの漫画が3000作品以上で数十~数百ページ試せます!

時には1巻丸々無料で試し読みできることも!

全作品とも無料試し読みが可能ですのでその作品があなたに合う、合わないも読んで判断できます(^^)/

 

こちらからまんが王国に行けますので、「liar」で検索してみてください(*^▽^*)

 

あなたに良き読書ライフを☆

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、リバもとです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リバログ-ribalog- , 2019 All Rights Reserved.