オススメ漫画の紹介、ネタバレ感想、無料情報を中心にお届け!感動する映画、マンガの名言満載!

くにはちぶ最新刊6巻のネタバレ感想・あらすじ 無料試し読み可能

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
リバもとです。 勇気を出して12年務めた会社を退職し、資格試験とブログに挑戦中です! 漫画の名言で人生変えられました! なので迷っているあなたに一歩踏み出す勇気と言葉を届けます!

リバログ-ribalog-に訪問ありがとうございます。

このブログでは漫画を30,000冊以上読破しているリバもとが、

オススメの漫画、今から人気に火が付きそうな漫画を紹介しています。

 

本日は各務浩章作

「くにはちぶ~国八分~」

6巻のあらすじ・感想をネタバレ交えレビューしていきます。

 

この記事はこんな方に向けて書いています

  • くにはちぶはどんなマンガ??
  • くにはちぶ6巻のあらすじが知りたい。
  • くにはちぶ6巻の見どころを知りたい。
  • くにはちぶ6巻を無料で試し読みしたい。

 

・前巻(5巻)のレビューはコチラ。

くにはちぶ5巻のネタバレ感想・無料試し読み情報・感想wiki

 

「くにはちぶ-国八分-」6巻レビュー

作品概要

【主人公】

女子中学生・道端たんぽぽ

成績も別に良くはない、普通の、ちょっと甘えん坊な女の子。

部活は吹奏楽部。健気な性格。

 

【ストーリー】

・舞台は無作為に抽出された一人を一年間国民全員が無視する法律(通称くにはちぶ)がある国。

・違反したら、いかなる理由があろうとも裁判なしで一年間の禁固。

・主人公が今年の無視の対象者=「くにはち」に選ばれる。

・この法律を廃止するためにも健気に学校に通う主人公だが、周りがそれを許さない。

・今のところ、学校の生徒との対立を中心に描かれている。

・国と中学生、そして理不尽な法律が「バトルロワイアル」に似た雰囲気を醸し出している。

 

6巻あらすじ

かざりに追い詰められたクラスメイトのすずらんの自殺を止めたたんぽぽ。

しかし、休む間もなく、男子のいじめグループがたんぽぽにちょっかいを出してくる。

いじめられっ子の画彩をたんぽぽにぶつけ、画彩を逮捕されかねない状況に追い込む。

たんぽぽは画彩に、反応すると逮捕されるので、自分が動いてどくまで無視するよう指示する。

画彩の後ろで様子を観察する監察官の踏(ふみ)。

なんとかその場は誰も逮捕されることなく、やり過ごす。

 

ほっとしたのも束の間、今度はかざりがいじめっ子グループの男子を突き落とそうとする。

そしていじめをやめるよう忠告し、

画彩に自分でいじめっ子を突き落とし、やっつけるようけしかける。

戸惑う画彩を尻目に、いじめっ子の足を掴み、落とさせまいとするたんぽぽ。

あざみが手を貸し、何とかかざりの手からいじめっ子を助け出す。

かざりはいじめっ子を突き落とすことも助けることもしない画彩に、

自分すら助けられない人間は死んだほうがいいと言い、

たんぽぽ、あざみはかざりの考えに反論する。

そしてかざりはもう一度画彩に問う。

いじめっ子と戦うのか、それともいじめられたままを選ぶのかを。

かざりの機嫌を取るように卑屈な笑いを浮かべ画彩。

画彩が戦うのではなく平和的に物事を運びたいと喋っている途中に

かざりの蹴りが画彩の顔面にヒットする。

やはりこんな卑屈な奴は死んだほうがマシだと断じて、その場を後にするのであった。

 

たんぽぽに救われた画彩は、たんぽぽを慕うようになり、

たんぽぽの動画を撮りながら追うようになる。

そんな画彩に再びいじめっ子たちが近付き、悪だくみをする…。

 

放課後あざみとたんぽぽは、登校してこないクラスメイトの説得に向かう。

しかし、あざみを先生が呼んでいると女子生徒が呼びかける。

たんぽぽを残し、職員室に向かうあざみ。

校門前で一人あざみを待つたんぽぽ。

たんぽぽめがけ、突如野球ボールが飛んでくる!

何とかボールをよけたたんぽぽ。

その目に飛び込んできたのはボールを持ったいじめっ子グループと、

バットを振らされるいじめられっ子の画彩であった。

たんぽぽのいる校門に素振りしながら近付いていくよう画彩に命じるいじめっ子。

彼らの目的は、退屈しのぎにたんぽぽに危害を加える事であった。

最悪たんぽぽが死んでも、くにはちなので罪には問われない。

逆らえない画彩はバットを振りかざし、たんぽぽに近付いていく。

絶体絶命のたんぽぽ…!!

その時、ある人物がたんぽぽの前に現れる…。

(あらすじの続きは6巻で読めます!)

↓↓↓無料試し読みはコチラから↓↓↓

⇒くにはちぶ6巻を無料試し読み (ebookjapanへ)

 

6巻みどころネタバレ感想

改善の兆し、しかし…。

りんごの友達のすずらん、いなみ、ももかも学校に来るようになり、

クラス自体に復調の兆しが現れる。

しかし、かざりは新たな作戦を発表する。

その作戦とは、くにはち=たんぽぽを学校に来れなくした人に

一千万円をプレゼントするというものだった。

たんぽぽは学校だけでなく、学校外の人間にまで狙われるようになる!

 

華厳かざりは一筋縄ではいきませんね…。

あざみも手を焼いています。

ただかざりは、

  • くにはちが学校に来なければ、逮捕を恐れず皆が学校生活を送ることが出来る。
  • そしてそれがくにはち対象者のためにもなる。

と確信して行動しています。

大義がある分タチが悪く、説得が効きません。

 

この一千万円作戦の効果は高く、

今までは逮捕を恐れてたんぽぽに近づく人間は少なかったのですが、

金がかかると一気に自分の悪意を正当化し、無視さえしていれば逮捕されないと、

多くの人間がいじめに似た行為をたんぽぽに行うようになります。

彼女の信念を崩すような出来事が起きるのでしょうか?

それはおそらく、くにはちぶ法の真実が明らかにされた時ではないかと思います。

 

※くにはちぶの真実への考察はコチラの記事の「考察・展開予想」をお読みください。

くにはちぶ1巻レビュー・ネタバレ感想・考察wiki

論理的にも矛盾は無いので考察には自信アリ◎です。

 

新たな味方!?それとも…!?

画彩が撮った動画(あざみがたんぽぽをいじめっ子グループから救った時の物)

がネット上にアップされ、あざみは画彩を問いただす。

画彩の口から明かされたのは、くにはちぶに反対するグループの存在だった。

あざみは動画をアップした人物に連絡を取り、

いまいち信用できないが、たんぽぽを守るため彼らと協力していくことを決意する。

そして提案された意外な「くにはちぶ」との戦い方とは…!?

 

くにはちぶ6巻 情報まとめ

6巻まとめ

くにはちぶ6巻は華厳かざりにより、

本格的なイジメ行為が始まりました!

今までは興味本位で近づいてくる人しかいなかったたんぽぽですが、

圧倒的多数が彼女とあざみの敵となりました。

どんどん物語の範囲が拡大していきます。

今回総理大臣の顔と名前も出てきたので、

最終的には国政との対峙になるのではないかと思われます。

その時に明かされる真実が、考察の通りであることを願います(^^♪

 

↓↓↓無料試し読みはコチラから↓↓↓

⇒くにはちぶ6巻を無料試し読み (ebookjapanへ)

 

7巻発売日情報

7巻の発売日は

2019年12月17日頃の予想です。

7巻は華厳かざりの生い立ちについても語られるようです。

何が彼女の性格を形作ったのか?

そこにかざりを攻略する要素があるのかもしれません!

 

※電子書籍版はこの一週間前に発売されます。

なので最速で単行本を読もうと思ったら、電子書籍サイトの利用をオススメします。

 

↓↓リバもとオススメの電子書籍サイト↓↓

ebookjapan (くにはちぶ6巻の作品ページ)

 

あなたに良き読書ライフを☆

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
リバもとです。 勇気を出して12年務めた会社を退職し、資格試験とブログに挑戦中です! 漫画の名言で人生変えられました! なので迷っているあなたに一歩踏み出す勇気と言葉を届けます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リバログ-ribalog- , 2019 All Rights Reserved.