オススメ漫画の紹介、ネタバレ感想、無料情報を中心にお届け!

金魚妻 最新刊6巻のネタバレ感想&ほぼ無料で読む方法を紹介!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、リバもとです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

リバログ-ribalog-にご訪問ありがとうございます。

このブログでは漫画を30,000冊以上読破している漫画コンシェルジュ・リバもとが、

オススメの漫画、今から人気に火が付きそうな漫画を紹介しています。

 

本日は黒澤R先生が送る、人妻たちの危うい性を描いた

 

「金魚妻」

 

第6巻のレビューをお届けします!

 

作者は「復讐の未亡人」でスマッシュヒットを飛ばした黒沢R先生。

ちなみにこの黒沢R先生は女性です☆

 

「妻はなぜ一線を越えたのか?」

 

これがこの漫画のサブタイトルですが、

この作品決して不倫を推奨しているわけではありません(笑)

いわゆる昼ドラみたいなドロドロした不倫劇ではなく、

 

ハートが癒されていく過程を描いたヒューマンドラマなんです!

 

なのでほとんどのエピソードは読後は爽やかです(*^^*)

 

一部怖いエピソードもありますが(;^ω^)

 

大人向けの描写が多い作品ですので未成年は購読注意です★

 

【↓↓6巻の試し読みはコチラ↓↓】

⇒【無料試し読み】金魚妻6巻 

 

金魚妻6巻をほぼ無料で読む方法

6巻をほぼ無料で読むにはVODサイトのU-NEXTを使います。

 

U-NEXTは日本最大級の動画配信サイトで、

電子書籍も配信しており、見放題の映画・アニメが90,000本もあります!

 

そのU-NEXTを使えば、金魚妻の最新刊6巻が

なんと27円で読めます!!!

 

31日間の無料トライアル登録時に付与される600円分のポイントを使えば、

金魚妻6巻(税込627円)が

ほぼ無料(=27円)になります。

 

※無料トライアルの31日以内に解約すれば料金は一切かかりません(*^^*)

↓↓今すぐ金魚妻最新刊をオトクに読む↓↓

 

黒澤R作 漫画「金魚妻」6巻

6巻エピソード一覧

  • 蜜蜂妻

主人公:小林美津

38歳。

18年前に養蜂業を営む家に嫁に来る。

元々は東京の出で、月に1回東京に帰ることを許されているが…。

 

  • 出前妻③

主人公:岡崎杏奈

29歳。

嫁ぎ先のそば屋で手伝いをしている。

第2話で配達先のお客との不倫がバレてしまい…。

 

  • 団地妻

主人公:伊藤こずえ

DIYが趣味の30歳。

心と体を壊した主人の療養で、郊外の団地に引っ越すが…。

 

 

  • 金魚妻⑥

主人公:野本あや

36歳。(当時)

さくらの叔母。

さくらの幼少時の過去が語られ、それが夫の過去へと繋がっていく…。

 

5巻には上記の4エピソードが収録されています。

続いて各エピソードのあらすじを紹介していきます。

 

6巻各エピソードのあらすじ(ネタバレあり)

蜜蜂妻

田舎の養蜂園に嫁いだ美津。

夫の八郎、そして5人の子供と暮らしていた。

八郎の前の奥さんがノイローゼで自ら命を絶っていたこともあり、

美津には月に一回の上京が許されており、その度に東京で思い切り遊んでいる。

         ⇓

今月も上京し、18年前美大に通っていた時に一度だけ関係を持った赤石と再会する。

バイオリン演奏家を目指していた赤石だが、今は投資で成功し、いわゆる「億り人」になっていた。

         ⇓

美津が今回赤石に会ったのは、18年前の1回だけの関係で娘が出来、産んだことを伝えたかったからだった。

当然今の家族もそのことを知っている。

赤石はそれを受け入れ、今度は娘と一緒に上京するように言う。

         ⇓

美津のためにマンションを用意していた赤石。

美津と関係を持とうとするが、美津はやんわりと断り、家族の待つ田舎へと帰っていく。

 

出前妻③

出前先の五味田との浮気が夫のあつしにバレた杏奈。

あつしはサッカーのコーチをする五味田をじっと見つめている。

         ⇓

あつしの元彼女の祥子は五味田と杏奈の関係を吹聴する。

2人の浮気現場を最初に見つけたのは、祥子の子供の祥太であった。

祥太は五味田のサッカースクールの生徒でもあった。

         ⇓

その頃杏奈は、夫のあつしにホテルに軟禁されていた。

外に出れないよう衣服をはぎ取られて…。

         ⇓

食事をしながら出会った頃の話をする2人。

それぞれ個別に海外放浪していた杏奈とあつし。

杏奈のピンチを2度救ったあつしであったが、いずれも男関係のことであった。

杏奈は別れを切り出すが、あつしはそれを許さず、杏奈に首輪をつけ激しく抱く…。

 

団地妻

「都落ち」

そういわれても仕方ない郊外の団地に越してきた誡(かい)とこずえの夫婦。

原因は夫の誡が、心身共に不調をきたしたことであった。

夫を慰める妻だが、東京の生活への未練はあるようであった。

         ⇓

団地の周りを散策する誡。

団地のボスであるラーメン屋の店主。

その義理の娘・ミカエラからこの団地はいいところだと言われる誡。

誡は団地の散策を続けるが、外国人と老人が多く、日本の若い人が多くないことに気付く。

         ⇓

その頃妻のこずえはガスの開栓にきた井上と仲良くなり、クッションフロアをプレゼントされ、

畳の部屋をフローリング調に変えていく。

その時こずえの妹からその団地は「心霊名所」だとのメッセージが届く。

が妹のやっかみだと思い、こずえはメッセージを気にしない。

その後、団地への侵入者とのひと悶着があり、こずえは井上に連れられ、団地の集会に行く。

         ⇓

誡は一足先に集会に参加し、ミカエラと踊っていた。

ミカエラは自分の2番目の夫人だと言う井上。

団地の不思議な雰囲気に飲まれ、

誡はミカエラと、

こずえは井上と関係を持つ。

そしてこずえはこの団地に来て良かったと井上に漏らす。

 

金魚妻⑥

さくらの幼少時、叔母の野本あやに遊びに行った時のエピソード。

叔母と夏祭りに出かけるさくら。

そこで金魚すくいを楽しむ。

その金魚露店は豊田親子が営むものだった。

(2人は覚えていないが、さくらと圭一はここで初めて会っていた。)

         ⇓

携帯番号の書かれた紙をあやに渡す圭一。

すくった金魚の飼育のことで困ったら、いつでも電話してくれと言う。

あやは後日自宅の池で金魚を飼う相談がしたいと電話をかけるが、

電話に出たのは圭一の父・福一であった。

特に圭一にはあやにちょっかいをかけようと言う気は無く、ただ親切心から番号を教えたのだった。

         ⇓

訪れた福一に自分と夫の関係を話すあや。

流産してから夫との関係は崩れたが、どうしても子供が欲しい。

福一は話ならいくらでも聞くと慰めるが、あやは福一にある提案をする。

歳だと言う福一が、自分とどこまでデキるかを試そうと。

         ⇓

結局最後まで行為をしてしまった福一とあや。

そして現代。

「豊田家」と書かれたお墓の前で手を合わせるあや。

あやの娘がこのお墓の人は誰かと尋ねるが、

あやはただ「友達」と答えるのであった。

 

【↓↓6巻の試し読みはコチラ↓↓】

⇒【無料試し読み】金魚妻6巻 

 

「金魚妻6」解説

蜂蜜妻がややこしいので少し解説を。

 

八郎との結婚の経緯

20歳の美津は当時娘を産む資金を稼ぐため、養蜂園でアルバイトをしていました。

そこで妊娠が周りにバレますが、働き者だった美津は、現在の義理の祖母であるトチに孫の八郎の嫁になってくれないかと頼まれる。

ただし八郎には子供がいて、子供の母は農薬を飲んで死んだことを聞かされる。

都会育ちだったから田舎になじめなかったのだと。

 

結局美津は一人で子育てすることが現実的ではないと考え、トチの提案を受け入れる。

という流れで現在の形に到ったわけです。

 

子供たちの親

美津の子供たちも、誰が誰の子供かわかりにくいので整理しときますね(*^^*)

子供たちは、

 

まず八郎と前奥さんの子(19歳)が一人、

次に赤石と美津の子(17歳)、

そして美津と八郎の子が3人(10歳、3歳、5歳)

 

という構成になっています。

 

当時、赤石になぜ妊娠を伝えなかった?

赤石と美津は美大で同じでしたが、

赤石は経済上の都合により美津と関係した日を最後に美大を辞めています。

 

赤石と連絡を取ろうと思えば取れたはずですが、

美津は、赤石との情事をキレイな思い出のまま終わらせたかったので、

結局当時は連絡を取りませんでした( ;∀;)。

 

その後、上京するたびに赤石の足取りを捜し、SNS上でやっと見つけたという次第です(*^^*)

 

6巻の感想

6巻は

 

『黒沢先生、冒険したな!( ̄▽ ̄)』

 

という印象を受けました。

 

そう思ったのは『団地妻』のエピソードです。

 

このエピソードは6巻の中でも強烈でした!!!

結局何が真実か分からず、迷い込んだ感覚に陥る実験作です。

映画「シャイニング」で主人公が陥る、

夢かうつつか分からなくなるような感覚を覚えます。

 

他の方もそういった感想を持たれていますね(*^^*)

 

団地妻、是非続きを描いてほしいですね!

 

「金魚妻」第6巻まとめ

5巻のレビューで今回で終わりではないかと予想した「金魚妻」のエピソードですが、

 

どうやらまだ続くようですね!

 

ただし5巻レビューでの予想通り、今回主人公は変わりました!

 

今回のエピソードでは、さくらと圭一に実は過去繋がりがあったことが明かされ、

2人には共通の親戚がいるのではということが示唆されて終わりました。

あやの娘の父親はおそらく福一でしょうね(*‘∀‘)

ここから血縁を介した一族トラブルの展開になってしまうのかなと。

 

とにかく続きが気になります(*^^*)

おそらく次はさくらが主人公に戻るのではないでしょうか??

 

【↓↓6巻の試し読みはコチラ↓↓】

⇒【無料試し読み】金魚妻6巻 

 

※小説版も出ています(*^^*)

⇒「金魚妻」小説版 

 

時代の波に乗れ!電子書籍のススメ!

「金魚妻を読んでみたい!」

けど作品内容がちょっとHみたいだし、買いにくいし、家に置けない…。

 

そんなあなたにはスマホ・タブレット・PCで読める電子書籍での購読をオススメします!

 

電子書籍のメリット

  • いつでもどこでも漫画を読める!
  • 本棚が不要!
  • 発売日になればすぐ買える!
  • 書店に行く手間が省け、時間の節約になる!
  • 買いにくい本も誰にもバレず読むことが出来る!
  • 試し読みをしてその作品が自分に合うか判断できる!

 

ちなみに私がメインで使っているのはebookjapanという老舗の電子書籍サイトです。

特にYahoo!プレミアム会員、ソフトバンク、Y!mobileユーザーのあなたは

ポイントバックが多く、お得に利用することができます!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^*)

なたに良き読書ライフを☆

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、リバもとです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リバログ-ribalog- , 2019 All Rights Reserved.