感動する漫画の名言、オススメの漫画のネタバレ感想、無料情報を中心にお届け!その他映画、勉強、ダイエット、AGA等のお役立ち記事も満載!

「金魚妻」3巻ネタバレ感想・あらすじ【画像・無料立ち読み情報掲載】

アバター
WRITER
 
金魚妻3
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
リバもとです。 勇気を出して12年務めた会社を退職し、資格試験とブログに挑戦中です! 漫画の名言で人生変えられました! なので迷っているあなたに一歩踏み出す勇気と言葉を届けます!

マンガコンシェルジュ☆リバもとです。

今日は不倫に陥る人妻をオムニバス形式で綴る漫画「金魚妻」第3巻のレビューをお届けします!

この漫画は基本オムニバスですが、続編になっているものもあります★

かなり大人向けの作品ですのでご注意ください(笑)

⇒金魚妻3巻を無料立ち読みする。

金魚妻3巻内容

・風水妻

主人公:河和田ふみ

風水にハマる30歳の人妻。ヒョンなことから漫画家のアシスタントをすることになり…。

・登山妻

主人公:高尾美峰

31歳の登山好きの専業主婦。セックスレスの友達に自分の夫とセックスをさせるが、そのことが友達の夫にバレて…。

・出前妻2

主人公:岡崎杏奈

蕎麦屋の若女将。出前先のお得意さんのところで雨宿りしたのが過ちの始まりだった…。

・金魚妻3

主人公:平賀さくら⇒志村さくら

夫との離婚が成立し、金魚屋の主人豊田とは不倫でなく、正式な恋人になるが…。

⇒金魚妻3巻を無料立ち読みする。

今回は上記のエピソードの中でも終わり方が秀逸なイチ押しエピソード「登山妻」をネタバレ紹介していきたいと思います。

「登山妻」あらすじ(ネタバレ含みます)

主人公の高尾美峰はある日友人の友里とお互いのセックスについての悩みを打ち明ける。

二人とも夫とはセックスレスで、友里は夫がしてくれない、美峰は自分が夫にさせていないという状態。

そこで美峰は友里にこう提案する。

(出典:黒沢R「金魚妻」3巻)

場面は変わり、友里の夫である幹隆と登山をしている美峰。

二人はいなくなったそれぞれのパートナーを探してこの山にやってきた。

スワッピングのことは幹隆も知るところになっており、幹隆は自分の妻の友里に不貞をさせたことで、美峰を激しく攻める。

子供がいるのに女の性を捨てられない友里に呆れつつも、見捨てることは出来ない幹隆。

二人の口論の中で、スワッピングの詳細、必要性を語る美峰。それに反論する幹隆。

激しく口論しながらも目的地へ着いた二人。

そこに友里と美峰の夫修司の姿は無かった。

美しい景色に癒され、自分の本当の気持ちを見せ合う美峰と幹隆。

幹隆「妻の友里にこの場所を見せたかったけど、友里は登山に一緒に付き合ってくれなかった。俺と一緒に何かをする時間は割けなくても、セックスだけはしてくれってのは何か納得いかなかったなー。」

美峰「私も一緒。登山したいっていうと母親なんだから家族に集中してくれって否定される。その腹いせで夫には体を開かなくなったの…」

そして登山先にいなくなった修司と友里がいるというのは美峰の嘘で、修司と友里は美峰の家に子供たちといるということが分かる。

幹隆も二人が山にいるというのは嘘と分かりつつ、美峰の誘いに応じていた。

幹隆は自分を誘い出した理由を聞く。

「夫婦交換を楽しみたかったの?それとも登山?」

美峰はこう答える。

(出典:黒沢R「金魚妻」3巻)

そして自分の思いを打ち明ける。

幹隆とは子供の運動会で初めて会ったのだが、その時にこう思ったことを。

(出典:黒沢R「金魚妻」3巻)

それに応じ、指輪をお互い外そうという幹隆。

「ここでは俺と美峰さんは夫婦…でしょ?」

夫婦交換に応じ、美峰を激しく求める幹隆。

そのさなか、美峰はかつて

「私たち、4人で1組なら…うまくいきそうじゃない?」

と友里に告げたことを思い出す。

幹隆を受け入れ、すべてを捨ててでも幹隆と一緒にいたいと思い、体を重ねる美峰。

二人きりの時間はこの刹那だけのもの…。かりそめの一瞬でもまだこの人と夫婦でいたい…。

場面はかわり数年後、少年少女が家で会話を交わしている。

(出典:黒沢R「金魚妻」3巻)

そこには登山する幹隆と美峰の姿が…。

(登山妻おしまい。)

⇒金魚妻3巻を無料立ち読みする。

登山妻感想

最後はただの夫婦交換ではとどまらず、夫婦4人とそれぞれの子供の皆で暮らしている大団円のオチとなりました!

お互い夫、妻がいるため最終的には結ばれず、悲しみの中終わるというのがこういう不倫劇のパターンの中、中々ない、とても珍しいハッピーエンドでした!!!!

スワッピングの詳細の話が面白かったですねー!!!

普通のマンションの一角に夫婦交換サークルの部屋があるとか、実際どうスワッピングが進んでいくのかとか。

想像じゃ書けないので、実際取材しての話か、作者の体験談だと思います!

しかしこの黒沢Rさん、「復讐の未亡人」といいどっからこんなネタを引っ張ってくるんだろう?

まぁこのエピソードのオチは「ママレードボーイ」からかいっ!!!て突っ込みたくはなりますけどね(*^-^*)

しかしママレードボーイも少女漫画だから愛欲の描写はなかったけれども、実際リアルに描くとママレードボーイの松浦夫妻、小石川夫妻もこんな感じだったんだろうなーと。

世の中には僕らが知らないだけでこういう夫婦の形もあるんだなー、常識にとらわれてはいけないなーと感じさせられる作品でした。

しかし反論したい箇所もあります!

美峰「何の技術も努力もなしに同じ人を愛し続けるなんてできない」

このセリフまさしくその通り!人を好きでい続けるって努力が絶対必要!

なんですが、なんですが、方法が正当ではないと思います!

好きと思ったら他人を利用するんではなく、自分の感情をコントロールするべきです!

スワッピングなんて以ての外!

って最初は幹隆も言ってましたが、最終的には夫婦交換に応じてしまいますもんねー。

人を傷つけなければ、一般的に間違っているといわれることでも、本人たちが良ければいい!

性的に保守的なところがある僕ですが、この作品を読んで柔軟なものの考えを教わりました。

「世間が何と言おうと、常識を振り払い、自分が正しいと思ったことをする!

ただし他人を傷つけてはダメですよ(^-^;」

まぁほとんどの場合傷ついてしまうので、この話は例外中の例外ということで(笑)

決して不倫を推奨しているわけではありませんので(笑)

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は大人気漫画「金魚妻」第3巻、中でもオススメエピソードの「登山妻」を紹介させていただきました。

この漫画は不倫する人妻が中心の作品ですが、不倫にいたる心の痛み、そして癒し、再生を描く人間ドラマです!

エロティックな描写も多分に含まれていますが、人間ドラマが最大の魅力です!

なので青少年は読んじゃダメ!(笑)

⇒金魚妻3巻を無料立ち読みする。 

本日もあなたに良き読書ライフを☆

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
リバもとです。 勇気を出して12年務めた会社を退職し、資格試験とブログに挑戦中です! 漫画の名言で人生変えられました! なので迷っているあなたに一歩踏み出す勇気と言葉を届けます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リバログ-ribalog- , 2019 All Rights Reserved.