マンガログ公式LINEで漫画のお得な情報を配信中

電子書籍サイトのお得情報、漫画のネタバレ情報をお届け

話題のAmeba漫画!今ならなんと100冊まで半額になるよ!

漫画「消えた初恋」4巻のネタバレと感想|遂に付き合い始めた2人

 
この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

『男が男にときめく時w』

消えた初恋(4)

この記事では、これまで3万冊以上の漫画を読破している筆者が、大人気の漫画「消えた初恋」4巻の詳しいネタバレをお届けします。

【この記事でわかること】

☑「消えた初恋」4巻のネタバレ

☑「消えた初恋」4巻を読んだ感想

【↓消えた初恋試し読みはコチラ↓】
\毎日最大50%還元

「消えた初恋」で検索してください。
まんが王国では割引クーポン(10~50%オフ1日2回もらえます。

「消えた初恋」関連記事
前巻ネタバレ 全話まとめ 次巻ネタバレ

『消えた初恋』を無料で読む方法

結論
コミック.jpの無料トライアルを利用すれば、「消えた初恋」を2冊無料で読める。


コミック.jpは30日の無料お試し期間があり、初回登録時に675円分の無料ポイントがもらえます。

2021年9月現在倍の1,350ポイントもらえ、そのポイントで「消えた初恋」(1冊459円)を2冊無料で読むことが出来ます。

もちろん最新刊も配信されています。


無料期間中に解約しても費用は一切発生しません。

↓「消えた初恋」を2冊無料で読む↓

『消えた初恋』第4巻のネタバレ

第14話

 

青木と井田が付き合うことになって初めての冬。

 

井田は部活の友人に青木との交際を話していたことを知り、青木は激怒する。

 

クリスマス前に喧嘩をしてしまった2人だが、どちらにせよ井田はクリスマスも部活だろうとあっくんは言う。

 

クリスマス当日、予定のない青木は姉夫婦のケーキ屋さんの手伝いをすることに。

 

ケーキを買いに来たカップルが意見の違いで喧嘩をし始めたのを、青木は仲裁に入る。

 

相手は自分と違うのだから、それがいいなと思えることもあると青木は言う。

 

仲直りをしたカップルを見送りながら、青木は井田に謝ろうと思った。

 

気が付くとケーキを買う客が行列を作り、青木1人では対応しきれない状態に。

 

姉に助けを求める青木だが、そこに現れたのはサンタの衣装に着替えた井田であった。

 

第15話

 

橋下から青木が井田と喧嘩をして泣いていると連絡を受けた井田は、ケーキを売っている青木の元へかけつけた。

 

井田は青木の姉にも部活の友人にも青木は友達だと説明したと言う。

 

帰り道の途中、青木の姉にもらったホールケーキを公園で食べることにした井田と青木。

 

青木は井田に絶交は終わりだと言い、友人たちに嘘をつかせてしまったことを謝る。

 

井田は青木の口についたクリームを指で取ると、自分の口に入れるそぶりをして青木を動揺させて楽しむ。

 

翌日、井田の部活仲間であり幼馴染の豊田は、自分と喧嘩してもケロッとしていた井田が青木のことに関しては珍しく落ち込んでいたと話す。

 

それを偶然聞いた青木は豊田には誤魔化しきれていないようだが、自分も気にし過ぎるのはやめると言って機嫌よさそうに口笛を吹いた。

 

第16話

 

クリスマスに青木が手伝いをするケーキ屋さんに訪れた橋下と相多は、そのあとベンチに座り相多のことをあだ名で呼びたいと橋下はお願いをした。

 

承諾した相多は、自分も橋下の事をはしもっつぁんと呼ぶと言う。

 

女子として見られていないと落ち込む橋下に、もっと女子っぽいところを見せていこうと青木は提案する。

 

相多にかわいいところをアピールしようにもことごとく失敗する橋下。

 

様子のおかしい橋下に実はあの時、名前で呼んで欲しそうにしている橋下に照れてしまって違う呼び名を考えたのだと相多は打ち明ける。

 

橋下はみおと呼んで欲しいと言うが、やはり恥ずかしい相多は橋下の事をこれからはみおちゃんと呼ぶことにした。

 

そのやりとりを見ていた青木は帰り道、井田に自分の下の名前を知っているかと尋ねる。

 

すると井田は想太だろと返し、なるほど確かに嬉しいものだと青木は思った。

 

第17話

 

冬休みが終わり、井田から好きと言われたことがないけれど本当に自分たちは付き合っているのかと落ち込む青木。

 

そんな青木を偶然見ていた豊田はそのことを井田に伝えると、同情で青木と付き合っているのではないかと心配する。

 

青木の好きと、自分の好きが同じなのかわからないと思いながらも、井田は青木を家に誘う。

 

井田の家でゲームを楽しむ2人だが、井田が青木の恥ずかしがる行動をからかったのをきっかけに本気で自分と付き合う気がないのだろうと青木を怒らせてしまう。

 

一週間後、反省した井田の元に青木が忘れ物を取りに来たと言ってやって来る。

 

井田は青木に、ちゃんと好きだと告白する。

 

井田は青木が照れたり焦ったりしているのが可愛いからあんなことをしてしまったのだと言う。

 

青木のそういう顔を見ると胸が苦しくなってただの友達とは思えないと話す井田に、青木は顔を真っ赤にさせた。

(4巻終り)

次巻のネタバレへ⇒

【↓無料試し読みはこちら↓】

消えた初恋(1)

⇒「消えた初恋」を無料で試し読み
まんが王国にジャンプしますので「消えた初恋」で検索してください(*^^*)

漫画『消えた初恋』4巻の感想とまとめ

恋愛初心者の井田が、橋下やココロや豊田の助言を受けて自分の青木への気持ちを確かめていく展開でしたね。

 

井田の天然行動に振り回されて一喜一憂する青木はとっても可愛いですが、当の本人は動揺したり落ち込んだりと大変そうですね…。

 

井田は青木が怒ることをわかってからかってしまったと反省しますが、まさか小さな女の子に意地悪する男の子からも学ぶことがあるなんて!

 

そして橋下さんと相多はお互いをあだ名で呼び合う仲にまで進展しました。

 

両想いだと気持ちを確かめ合えた青木と井田ですが、進路相談でまたひと悶着!?

 

次の5巻が気になります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

Copyright© マンガログ , 2021 All Rights Reserved.