電子書籍・VODサイト比較、漫画の無料・最安情報

カラミざかり5話のあらすじ 里帆が貴史に寝取られる!?

 
カラミざかり1巻表紙の画像
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

桂あいり先生のネトラレ漫画の最高傑作「カラミざかり」

カラミざかり1巻表紙の画像

4話では貴史と智乃の初めてのセックスが描かれました(≧∇≦)

 

続いて里帆にも手を出す貴史とまんざらでもない里帆。

 

その様子を見つめる高成。

 

果たして好きな女の子が他の男にヤられるのをただ黙って見ているのか?

 

高成の行動に注目の第5話です。

 

※前話(4話)のネタバレはコチラ

カラミざかり5話のネタバレ「いっぱい出たね」

続いて里帆のアソコを舐めまわす貴史。

 

高成は智乃といるが、里帆の様子が気になってしょうがない。

 

「は…っ。あ…。ん…っ」

 

里帆は貴史にクンニされ、恥ずかしさのあまり手で顔を覆いながらも声を出し感じていた。

 

その様子をじっと見ていた高成であったが、感じたことのないような快感が体に走る。

 

自分の股間方向を見ると智乃が高成のムスコをフェラしていたのだ。

 

その姿にエロさを感じる高成。

 

しかしその時「いたっ」と里帆が小さく叫ぶ。

 

ベッドの上では貴史が里帆に挿入しようとしていた。

 

貴史は力を抜いてと指示し、そのまま里帆に自分のムスコを押し込むのだった。

 

「あー…っ、入った♥」

 

自分が恋心を抱く里帆と親友である貴史がセックスをしている。

 

複雑な気分でそれを見つめる高成。

 

今まで経験したことのないショックを受けるが、2人の行為から目を離せずにいた。

 

智乃と里帆のアソコの感触の違いを語る貴史。

 

智乃はそれを聞いて腹を立てながらも高成へのフェラを続ける。

 

智乃は高成のムスコが先程よりギンギンになっていることを口にするが、高成の視線が里帆を向いていることから、高成の里帆への気持ちに気付くのであった。

 

「ギシギシ」というベッドの音と「グチュグチュ」とモノ同士が体液を介してこすれ合う音をBGMに、里帆が喘ぎ声を上げる。

 

その里帆の姿から目を離せない高成だったが、その間にも智乃はフェラを続けていた。

 

貴史は里帆のアソコの締め付けがスゴイと絶賛し、里帆の身体で遂に絶頂を迎える。

 

その様子を見ていた高成も同時にイッてしまい、智乃の口の中に自分の分身をぶちまける。

 

行為を終えた里帆はゆっくりと高成の方を見てきて、高成と目が合うが、高成はすぐに視線を落とす。

 

智乃は口を開け

 

「いっぱい出たね」

 

と笑顔で高成に話しかける。

 

そして「ただいま」という声が聞こえ、驚く4人。

 

貴史の母親が帰宅したのであった。

 

慌てて帰ろうとする3人を見る貴史の母親。

 

息子が女の子を連れ込んでいたことに何やら嬉しそうな表情を浮かべていた。

 

貴史に見送られ、3人で歩いていると、里帆と智乃はアソコに違和感があってうまく歩けないと言う。

 

帰り道の途中で高成は里帆と智乃と別れるが、後ろから里帆の下半身をじっと見つめてしまう。

(カラミざかり5話終り)

 

カラミざかり5話を読んでの感想

これで1巻部分が終わりました。

それにしても高成が切なすぎる…。

貴史を止めても良かったんじゃないかと思いますが、好きな女の子がセックスをしているという状況に興奮して動けなかったのでしょうか?

貴史も高成の気持ちに気付いていそうなのに里帆を抱くなんてどういう神経してるんだろ。

事実、SNS上でも貴史への批判が結構ありました。

カラミざかり2巻出てたから見て見たけど相変わらずあのハゲクソ野郎で胸くそ悪かった
けど抜いた

— がっちょす (@gaaaaaachos) November 8, 2019

と批判的なツイートが見受けられましたが、これには全く同意です。

 

続いて2巻ですが、高成は里帆とセックスできるのでしょうか?

 

第6話のネタバレはコチラから。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マンガログ , 2020 All Rights Reserved.