オススメ漫画の紹介、ネタバレ感想、無料情報を中心にお届け!

いじめるヤバイ奴 1巻のネタバレ感想・あらすじ・無料試し読み情報

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、リバもとです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

リバログ-ribalog-に訪問ありがとうございます。

このブログでは漫画を20,000冊以上読破しているリバもとが、

オススメの漫画、今から人気に火が付きそうな漫画を紹介しています。

 

本日は問題作になりそうな予感ビンビンの

「いじめるヤバイ奴」

の第1巻をネタバレ感想・考察交えて紹介させていただきます。

 

  • 「いじめるヤバイ奴はどんなマンガ??」
  • 「いじめるヤバイ奴1巻のあらすじが知りたい。」
  • 「いじめるヤバイ奴1巻の見どころを知りたい。」
  • 「いじめるヤバイ奴の無料で読める情報が知りたい。」

この記事はそんな方に向けて書いています。

 

⇒【無料試し読み】いじめるヤバイ奴1巻 

「いじめるヤバイ奴」作品概要

現在マンガアプリ「マガジンポケット」で連載中の作品です。

巻数は現在2巻まで刊行中。

作者は中村なん先生。

この漫画がデビュー作です。

基本的には「イジメ」がテーマの漫画なんですが、

今までのイジメ漫画とはちょっと違った設定で書かれています。

 

「いじめるヤバイ」奴1巻あらすじ

これは狂気が生んだおぞましい物語…

「このクラスには…いじめがある」

白咲花はイジメられている。

クラスを牛耳る仲島によって。

昨日の放課後から教室でイスにしばられ、身動きできず、失禁までさせられている。

「誰かお水をください…」

懇願する白咲。

だが彼女を助けるクラスメイトは誰もいない。

そう、手を差し伸べればクラスの魔王「仲島」に今度は自分が何をされるか分からない。

仲島は恐怖でクラスを支配していた。

そしてその日のいじめの最大の見せ場は

「白咲に失禁した自分の小便を、舐めて掃除させること」

抵抗する白咲だが、仲島に雑巾扱いされ、自分の小便の中に顔を押し付けられる。

白咲はかつてキレイな黒髪だったが、いじめのストレスで今や真っ白に。

そんな中、いじめはおかしいと正義感に目覚め立ち上がる少年がいた。

その少年とは同じクラスの田中。

田中は仲島には賛同できないと意見をぶつけるが、仲島に顔面を殴られてしまう。

そして担任にも「仲島が白咲さんをいじめている」と訴えかけるが、

白咲がいじめを否定し、訴えは退けられる。

「このクラスは狂っている…!」

田中はその思いを悔しさとともにかみしめるのだった…。

 

しかし、本当に狂っているのはクラスではなかった!!

 

その夜遅くに白咲の家を訪れる仲島。

白咲には自宅でも安息の時はないのか…。

しかし部屋の中では学校とは全く逆の状況が起こっていました。

仲島が首に縄をかけられ、アイスピックを白咲から突き付けられています!

ここで衝撃の事実が明かされます!!!

 

なんと仲島は白咲にいじめを強要させられていたのです!!!

 

「精神的にいじめを続けるのが本当にツライ。イジメをやめさせてほしい…!」

懇願する仲島の手を白咲はアイスピックで突き刺し、こう言う。

 

「お前は死ぬまで私のいじめっ子…いいな?」

(出典:中村なん「いじめるヤバイ奴」1巻)

冷めた表情で仲島を脅す白咲。

おびえた仲島は

「はい…」

と力なく応じる。

 

そして白咲に強制された仲島の「いじめ」の日々は続いていく。

 

⇒【無料試し読み】いじめるヤバイ奴1巻 

 

「いじめるヤバイ奴」1巻の見どころ

第1話での仲島の本性の露呈

クラス最強のいじめっこが実はいじめを強制されていたなんて中々ない発想ですよね!

白咲の家で本音を吐露する仲島が、なんともギャップがあって萌えます(笑)

 

いじめが成功するかハラハラさせられる。

仲島は白咲を満足させられるいじめを出来なければ、白咲から罰を受けます。

そのためあの手この手を使ってできるだけひどいいじめを実行します。

内心びくびくしながらいじめる仲島には変に同情心が湧きます。

そして最後には仲島のイジメを応援している自分がいます(笑)

 

白咲のキャラ反転によるギャグ

最初は痛ましくいじめられるキャラの白咲ですが、その本性が明らかになってからは思わず吹き出してしまうシーンもたくさん出てきます。

1番笑ったのはこのシーンです。

田中の邪魔でいじめができないと仲島が言い訳したとき仲島の顔を掴みながらこう叫びます。

白咲が「あんなくそがきぐらいどうにかしろやぁぁぁぁ!」(出典:中村なん「いじめるヤバイ奴」1巻)

白咲のいじめられてる時とのギャップに吹きます( ´艸`)

 

田中の反抗と仲島の作戦

白咲を救おうとする田中の反抗によって、仲島はいじめを計画通りに実行するのが難しくなってきます。

最初はいまいましく思う仲島ですが、これをチャンスととらえ、田中を利用して白咲のこれまでの悪業を表沙汰にして、強制いじめからの脱出を企てます。

果たして仲島は白咲の支配から逃れることは出来るのか??

 

転校生の登場

1巻最後で転校生の加藤がやってきます。

彼のセリフが印象的です。

「趣味はおもちゃで遊ぶことかな」

(出典:中村なん「いじめるヤバイ奴」1巻)

こいつもヤバイ奴ですので2巻をお楽しみに!!

 

⇒【無料試し読み】いじめるヤバイ奴1巻 

 

「いじめるヤバイ奴」1巻の感想・考察

狂っているのはクラスじゃない。読者だ!

田中が「このクラスは狂っている」と言います。

実は作中で狂っているのは仲島に自分をいじめさせる白咲ですが、僕たち読者もこの作品の世界観に狂わされていきます。

ただ1話で白咲の正体がわかってからは、いじめをさせられている仲島に同情するようになってきます。

そして彼の白咲に対する「いじめ」が無事おこなわれるよう応援するようになってくるんですね。

つまり読者にとって「いじめ=よいこと」という価値観の反転が起こります。

読者の感覚に狂いを起こさせているのです。

このあたりの感覚のズレを引き起こす設定は見事というほかありません。

 

白咲の本当の目的は??

これは今のところ不明ですが、白咲の仲島への独占欲は相当なものです。

屈折した恋心ではないかと推測します。白咲は仲島が好きでたまんないんです。

 

そして仲島が嫌々ながらも従っているのにも理由が必ずあるはず。

恐怖だけで従っているなら理由として弱く、別に弱みを握られているとしか思えないんですが、それだと白咲の悪事を世に広めたとしても、弱みが残ったままになりますしねー。

中村先生にはここら辺しっかりオチをつけてほしいです。

 

⇒【無料試し読み】いじめるヤバイ奴1巻 

 

まとめ

問題作か?ブラックコメディか?

「いじめるヤバイ奴」はいじめの描写自体はひどいですが、リアル劇画路線ではなく、ポップな絵柄なので読みやすくできてます。

「異常者の愛」と似た印象を受けますね!

いじめを取り上げてるだけ点だけみるとすごい問題作に見えるんですが、それは1話までの話。

白咲と仲島の本当の関係が明らかになった時点で仲島のいじめは「ギャグ」と化していきます。

たとえば白咲を豚扱いしたイジメの最中の仲島の心の中の描写なんて最高です。

豚について猛勉強って(笑)

もういじめがコメディになっています(;^ω^)

 

「いじめるヤバイ奴」無料情報

ブラックコメディとしてかなりの秀作ですので、興味を持っていただいた方は下記から試し読みをオススメします(^^♪

⇒【無料試し読み】いじめるヤバイ奴1巻 

マガジンポケットでも1~5話と最新3話が無料で読めますので、そちらもチェックしてみてくださいね(^^)/

 

関連記事:イジメ漫画

くにはちぶ1巻レビュー・ネタバレ感想 無料試し読み情報・考察wiki

巷で話題沸騰!!!「イジメの時間」を読んでみた!(簡易ネタバレあり)

 

あなたに良き読書ライフを☆

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、リバもとです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リバログ-ribalog- , 2019 All Rights Reserved.