オススメ漫画の紹介、ネタバレ感想、無料情報を中心にお届け!

イジメの時間 6巻のあらすじ・ネタバレ感想 無料試し読み可能 天童歩の復讐劇開幕!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、リバもとです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

リバログ-ribalog-にご訪問ありがとうございます。

このブログでは漫画を30,000冊以上読破している漫画コンシェルジュ・リバもとが、

オススメの漫画、今から人気に火が付きそうな漫画を紹介しています。

 

 

本日はくにろう先生が送る衝撃の問題作

「イジメの時間」

6巻のあらすじ・感想をネタバレ交えレビューしていきます。

 

この漫画を1巻から読むと、

 

すごく嫌な気分になります。

胸が締め付けられます。

ムナクソが悪くなります。

 

そしてある巻を境に

 

読んでいると気持ちよくなります(いじめられっ子の逆襲が始まる)

復讐に爽快感を感じます!

しかしその後、復讐の壮絶さに目を背けたくなります(/ω\)

 

 

主人公に感情移入するとこんな風に感じます。

感受性強い人だと2,3日引きずるかも…。

 

 

この記事はこんな方に向けて書いています

  • イジメの時間の6巻の内容、みどころが知りたい
  • イジメられた経験あり。
  • 小中学生の親御さん。

 

↓↓↓先にイジメの時間6巻の無料試し読みしたい方はコチラから↓↓↓

⇒イジメの時間を試し読み

(まんが王国に行きますので「イジメの時間」で検索してくださいね(*^^*))

※お得情報!!

10月7日まで1,2巻が上記のまんが王国で無料キャンペーン中です!

1巻はそのまますぐ読めますが、

2巻を読むには無料会員登録の必要があります(*^-^*)

 

※人気の関連記事はこちら。

くにろう作「イジメの時間」最終回ネタバレ感想・あらすじ紹介 ワーの幻に涙( ;∀;)

巷で話題沸騰!!!「イジメの時間」を読んでみた!(簡易ネタバレあり)

 

※イジメの時間を数冊無料で読みたい方はこちらの記事をどうぞ。

「イジメの時間」全巻ネタバレ記事一覧&無料で読む方法を紹介!

 

次巻(7巻)のレビュー記事はこちら↓↓

 

「イジメの時間」6巻レビュー

 

6巻あらすじ

(前巻終盤のあらすじ)

鈴木山、若保囲、須田の3人をおびき出し、苦戦しつつも何とかスタンガンで鈴木山と若保囲を行動不能にした歩。

こんなことをしてタダでは済まない、どんなに謝ってももう許されないと言う須田に、歩は目を覚ませと返す。

鈴木山と若保囲こそどんなに謝っても許されることのない人間だと。

(前巻ここまで)

 

歩の覚悟と須田の選択

須田に淡々と語る歩。

この程度では仕返しにはならないし、これで終わらせると2人は必ずやり返してくる。

だからこれから2人を徹底的に叩きのめすつもりだと。

 

死んだほうがマシだと思えるくらいに。

 

そして歩は須田にも一緒に復讐しようと持ち掛ける。

しかし須田はためらう様子を見せる。

このまま須田を帰せば、誰かに復讐が漏れる可能性がある…。

歩はそう考え、対応を変える。

 

須田が歩の親友である信二を殴ったことを持ち出し、そのことを水に流して欲しければ、歩に協力するよう求める。

須田は自分もこんな奴らにイジメられる毎日はイヤだと叫ぶ。

そして自分には歩のように逆らう勇気が無かったけど、その気になればやれるかも…と歩に協力する姿勢を見せる。

が、次の瞬間、須田は歩の背後に回り、歩を投げ飛ばす!

 

須田との闘い第1幕

投げ飛ばされた歩は武器であるスタンガンを手放してしまう。

須田はそれを奪い、歩を攻撃し続ける。

殴られ続け動けなくなる歩。

その状態を見た須田は若保囲を介抱しにいく。

痛みで目がくらむ歩だが、鈴木山の近くに落ちているもう一つのスタンガンが視界に入る。

若保囲を介抱している須田に対し、これ以上余計なことをすると鈴木山にスタンガンをお見舞いすると脅す。

 

須田との闘い第2幕

歩は須田を仲間にするのを諦め、一緒に始末しなければと考えを改める。

歩の脅しに怯み、身動きが出来ないでいる須田。

そんな須田に「お前なら天童に勝てる」とけしかけ、歩を倒すよう説得する若保囲。

 

歩の方に向かう須田。

歩は容赦なく鈴木山に電撃を浴びせる。

悲鳴をあげ、痙攣する鈴木山を見て須田は再び怯む。

 

歩は須田が動けば、また鈴木山に電撃をお見舞いすると言う。

須田は、歩の言うことを聞くフリをした直後、砂を蹴り上げ、目つぶしをする。

一瞬視界を奪われる歩。

そのスキに歩にひざ蹴りを叩き込み、スタンガンを持つ手を蹴っとばす。

歩は今度はスタンガンを放さず、反撃に移る。

 

須田の金的を蹴り上げ、悶絶する須田にスタンガンの強力な一撃を浴びせる!

絶叫を放ちながら歩の上に倒れこむ須田。

歩は須田を払いのけ、鈴木山と若保囲の方に目をやる。

鈴木山は倒れこんだままだったが、若保囲の姿が消えていたのだった…。

 

須田、三度目の不意打ち

若保囲はフラフラになりながらその場を逃れていた。

歩への怒りが収まらない様子で、険しい顔つきになる若保囲。

そして絶対に歩を許さないと決意する。

 

一方、歩は若保囲を追うと、須田と鈴木山から目を離すことになり、それはマズいと考える。

まず歩は身動きできない鈴木山を縛り上げる。

そして須田も縛ろうとするが、須田は歩に謝り始める。

一人で逃げた若保囲の口車に乗り、自分を助けようとしてくれた歩を殴ってしまったことを。

須田の言葉を聞き、態度を軟化させる歩。

しかし、須田はその瞬間を逃さず、歩の金的を蹴り上げる!

 

悶絶し動けなくなる歩。

須田は鈴木山を解放することなく、若保囲の後を追う。

 

若保囲と須田の対決

動けるようになった歩は、父親が使っていた倉庫に鈴木山を運び込む。

そして若保囲と須田の足取りを追い始める。

 

若保囲を歩道橋で発見する須田。

追いかけ、後ろから声を掛ける。

須田は若保囲に最初から一人で逃げるつもりだったのかと問い詰める。

須田の反抗的な態度に怒りを見せる若保囲。

立場をわきまえて口をきけと凄む。

いったん謝る須田だが、立場どうこうは親の話で、自分たちには関係ないと答える。

親同士のことを除けば、若保囲自身は「ザコ」だと言い、若保囲につかみかかる。

今まで虐げられてきた須田の怒りが爆発する!!!!

 

歩も歩道橋近くまで2人を追ってきていた。

そして歩道橋の上でもみ合っている須田と若保囲の姿を見つける。

揉み合う須田と若保囲。

次の瞬間、勢い余って歩道橋から車道に真っ逆さまに落ちる2人を歩は目撃する!

救急車が呼ばれ、歩道橋周辺は騒然となる。

 

歩はその場を離れ、鈴木山を監禁している倉庫に向かって走り出す。

若保囲と須田の事故に動揺する歩。

もしかしたら2人は死んだかもしれない…。

恐怖、不安、何とも表現しがたい感情が歩の中に湧き起こっていた。

しかし、誰が死んだとしても復讐をやめるわけにはいかない。

どんなことがあってもやり遂げると復讐への決意を再度自分に堅く誓うのであった。

 

監禁された鈴木山の運命は!?

そして須田と若保囲の2人の生死は!?

(あらすじの続きは6巻で読めます。)

 

↓↓↓イジメの時間6巻の無料試し読みはコチラから↓↓↓

⇒イジメの時間を試し読み

(「イジメの時間」で検索してくださいね(*^^*))

 

イジメの時間6巻みどころ解説・感想

5巻最高の見どころ:鈴木山への復讐が始まる場面

さぁ、お待ちかねの「復讐の時間」が始まりました!

5巻で鈴木山をスタンガンで倒す場面も爽快ではあったんですが、

 

5巻の復讐始めるシーンの爽快さにはかないません!

 

監禁されてる鈴木山は、戻ってきた歩に毒づきます。

必ず歩を殺すと。そして次の瞬間、

 

歩は予告なく鈴木山の顔面にケリをブチ込みます!!!

 

しかも見開き2Pで!!

 

いや、このシーン

 

ホント胸がスカッとしました!!!

 

今まで歩のイジメられる描写に心を痛めてきたアナタも同じ気持ちだと思います。

 

鈴木山はそれにもひるまず、必ず殺すと身動きできないまま凄み続けます。

歩が今日鈴木山を殺すかもと言っても、そんな度胸がお前にあるわけないと笑い飛ばします。

しかし次の瞬間、

 

今度はナイフで鈴木山の脚を切りつけます!!

 

予告なし&見開きでw

 

これにはさすがの鈴木山も予想外だったのか、顔を恐怖にゆがめて絶叫します。

そしてその後はさすがに歩の覚悟にビビったのか、脅すのではなく、これまでのことは水に流そうと和解を持ち掛けてきます。

歩は自分勝手な言い訳をする鈴木山に容赦なく攻撃を加えていきます。

 

最終的には自分の手が痛くて殴れなくなるまで鈴木山を殴り続けます。

遂に音をあげ、何でもするから許してくれと懇願する鈴木山。

どうしたら助けてくれると訊く鈴木山に歩はこう言い放ちます。

 

「僕を痛めつけてたあの時…

キミはどうしたらやめてくれたの?

それが答えだよ。」

(引用:くにろう作「イジメの時間」第6巻)

 

その言葉に鈴木山は絶望に似たものを感じます。

イジメる側って楽しいからやってるんで、何か恨みが相手にある訳じゃないですよね。

だから鈴木山は歩が何を言っても理不尽な暴力をやめる気は無かった。

今度は自分が逆の立場になったのだと歩の言葉で気づかされたのです。

 

 

「イジメの時間」6巻まとめ

6巻まとめ・総評

鈴木山と若保囲と須田が登校していない学校。

その代わり今まで登校拒否をしていた歩が学校に登校を始めました。

そして歩の次のターゲットは鈴木山の彼女でもある鶴巻。

鶴巻はかなり陰険でしたから、しっかり復讐して欲しいと思います(`・ω・´)

 

ただ終盤は鈴木山が少し可哀そうになってきます( ;∀;)

特に6巻ラスト5Pで、顔に思い切り飛び蹴り喰らわされるところとか

まぁ自業自得なんですけどね。

 

本格的な復讐劇が始まった第6巻。

7巻は更にヒートアップすることが予想されます!

復讐の爽快感の反面、罪悪感も出てきますが、目を背けることなく読んでいきましょう!!

 

次巻(7巻)のレビュー記事はこちら↓↓

イジメの時間のオススメの読み方

少なくとも1~5巻までは時間を取って一気読みしてください。

1~4巻はイジメられる描写がヒドく、少しづつだと途中で心が折れてしまいます。

なので歩が復讐に転じる5巻まで、一気読みすることをオススメします!

 

「イジメの時間」が読めるのは電子書籍だけ!

表題のようにイジメの時間は紙媒体での単行本の発刊はなく、9/22現在電子書籍サイトのみでの配信となります。

(追記:10月に紙の単行本1,2巻が発売予定です。)

 

各電子書籍サイトで取り扱いはありますが、なかでもオススメはまんが王国という電子書籍サイトです。

 

まんが王国では、「イジメの時間」電子書籍版が他のサイトに先行して配信されます!

 

試し読みも出来ますので興味を持たれた方はまずは試し読みをどうぞ(*^^*)

⇒イジメの時間を試し読み

(「イジメの時間」で検索してくださいね(*^^*))

 

あなたに良き読書ライフを☆

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、リバもとです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リバログ-ribalog- , 2019 All Rights Reserved.