オススメ漫画の紹介、ネタバレ感想、無料情報を中心にお届け!

「イジメの時間」10巻のあらすじ・ネタバレ感想 試し読み可能です(*^^*) 鈴木山の心情に変化が…?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、リバもとです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

リバログ-ribalog-にご訪問ありがとうございます。

このブログでは漫画を30,000冊以上読破している漫画コンシェルジュ・リバもとが、

オススメの漫画、今から人気に火が付きそうな漫画を紹介しています。

 

 

本日はくにろう先生が送る衝撃の問題作

「イジメの時間」

10巻のあらすじ・感想をネタバレ交えレビューしていきます。

 

※イジメの時間を数冊無料で読みたい方はこちらの記事をどうぞ。

「イジメの時間」全巻ネタバレ記事一覧&無料で読む方法を紹介!

 

この漫画を読むと、

 

すごく嫌な気分になります。

胸が締め付けられます。

ムナクソが悪くなります。

 

そしてある巻を境に

 

読んでいると気持ちよくなります(いじめられっ子の逆襲が始まる)

復讐に爽快感を感じます!

しかしその後、復讐の壮絶さに目を背けたくなります(/ω\)

 

主人公に感情移入するとこんな風に感じます。

感受性強い人だと2,3日引きずるかも…。

 

 

この記事はこんな方に向けて書いています

  • イジメの時間の10巻の内容、みどころが知りたい
  • イジメられた経験あり。
  • 小中学生の親御さん。

 

※過去の関連記事はこちら。

くにろう作「イジメの時間」最終回ネタバレ感想・あらすじ紹介 ワーの幻に涙( ;∀;)

巷で話題沸騰!!!「イジメの時間」を読んでみた!(簡易ネタバレあり)

 

次巻(11巻)のレビュー記事はこちら↓↓

 

↓↓↓先にイジメの時間10巻の無料試し読みしたい方はコチラから↓↓↓

⇒イジメの時間を試し読み

(まんが王国に行きますので「イジメの時間」で検索してくださいね(*^^*))

※お得情報!!

10月7日まで1,2巻がまんが王国で無料キャンペーン中です!

1巻はそのまますぐ読めますが、

2巻を読むには無料会員登録の必要があります(*^-^*)

 

[the_ad id=”521″]

「イジメの時間」10巻レビュー

10巻あらすじ

(前巻の話)

外に助けを求めようとした鶴巻に制裁を加える歩。

鈴木山、鶴巻、若保囲の3人を許すことは無いと決意を堅くする。

そして鈴木山が逃げ出せないよう脚の骨を折り、明日、鈴木山たちの命で今までの罪を償ってもらうと告げる。

(前巻ここまで)

 

鈴木山・鶴巻の殺害計画

歩は鈴木山に、鶴巻が自分を裏切ろうとしていたことを話し、明日この倉庫で鈴木山を殺すと告げる。

そして死の恐怖に怯えて、絶望の夜を過ごせと吐き捨てる。

それから歩は自分も罪に問われるだろうが、少しでも罪が軽くなるようなシナリオを考え、鈴木山に聞かせる。

淡々と計画を語る歩に鈴木山は恐怖を覚える。

どんなことになろうとも、鈴木山たちに殺されるよりはマシな未来が待っている。

歩は、どんな形になっても自分は覚悟が出来ているし、若保囲も後日必ず殺すと言う。

話し終え、倉庫を出て行こうとする歩に鈴木山は命乞いをする。

しかし歩は、鈴木山の必死の願いを退け、

鈴木山たちから受けた痛みや憎しみ、恨みが自分の中に根を張り、もう以前の自分には戻ることはないと持論を展開し、倉庫を去る。

その夜、鈴木山は今まで自分のしてきたことを思い返し、後悔の涙を流す。

 

ワーの幻に誓う歩

家に帰りついた歩は、今は亡き飼い猫ワーの幻を見る。

そして涙を流す。

復讐を果たしても、ワーは帰ってこないことは分かってる。

あの時自分がもっと強ければワーを守れたのにと自分を責める。

ただ仇だけは自分が取るとワーの幻に誓うのであった。

その夜最後に鶴巻に電話し、明日10時に倉庫に来るように指示を出す。

 

翌日、倉庫に到着する歩。

今日2人を殺すことを再度決意し、倉庫の扉を開ける。

しかしその瞬間、後ろから誰かが歩を襲う!!

 

それは歩道橋から落ち、入院しているはずの若保囲であった!!

 

若保囲の反撃

若保囲はアイスピックで、歩の左腕を刺し、そのまま自分ごと歩を地面に倒す!!

しかし、アイスピックは歩の腕をわずかにかすめただけであった。

続けざまに、歩を刺そうと攻撃し続ける若保囲。

歩は若保囲の持っていた松葉づえで防戦する。

若保囲の動きががケガのせいで鈍った瞬間、松葉づえを振りかざす歩。

そして追い込まれた若保囲は、拳銃を取り出し歩に向ける。

いったいどこからそんなものを…。歩の動きが止まる。

そして鈴木山は外から聞こえる若保囲の声に希望を感じる…。

 

歩の計画が崩れ、形勢逆転か?

歩はここから巻き返せるのか?

そしてわざわざ倉庫にやって来た若保囲の真意とは?

(あらすじの続きは10巻で)

 

↓↓↓イジメの時間10巻の無料試し読みはコチラから↓↓↓

⇒イジメの時間を試し読み

(「イジメの時間」で検索してくださいね(*^^*))

 

イジメの時間10巻みどころネタバレ感想

鈴木山の叫びの表情がエグイ…

親友の若保囲が来てくれたことに、声にならない声をあげる鈴木山。

喜ぶべき場面なのに、鈴木山の表情は、まるで悪霊のような顔をしています。

何とも言えない表情に、少し気持ち悪さを覚えます。

よくこんな表情が描けるなと感心しました。

 

若保囲は作中一のカス!?

拘束され弱っている鈴木山を見て、若保囲は助けるどころか、ダサいと吐き捨て、大笑いをします。

そして笑い終わった後、なんと歩に鈴木山を殺すよう言います。

 

え…( ゚Д゚)?

あなたたち、親友じゃないの?

 

今まで腕力が鈴木山の方が上だったから、付き合ってやってたが、昔から嫌いだったと独白する若保囲。

その独白内容を聞くと、多分皆こう思います。

アンタ、人間のクズです(`・ω・´)

 

「イジメの時間」10巻まとめ

10巻まとめ・総評

立場一転追い詰められた歩。

さてどうするのか?

このあとまた立場が一転する出来事が起きますので、10巻で続きを確認してみてくださいね(*^^*)

今回はかなり緊迫した巻でした。

鈴木山は真剣に自分の人生振り返り出して、本当に反省しているようだし、鶴巻もアレだけ恐怖植え付けられたら、もう逆らわないでしょう。

ただ若保囲だけは油断なりません…。

コイツが人間のクズです!

歩には復讐止めて、罪を背負わないで欲しいんですけどね~( ;∀;)

果たして11巻はどう展開していくのか?

くにろう先生の手腕に乞うご期待です!!

 

次巻(11巻)のレビュー記事はこちら↓↓

 

「イジメの時間」が読めるのは電子書籍だけ!

表題のようにイジメの時間は紙媒体での単行本の発刊はなく、9/18現在電子書籍サイトのみでの配信となります。

(10月に紙の単行本1,2巻が発売予定です。)

 

各電子書籍サイトで取り扱いはありますが、なかでもオススメはまんが王国という電子書籍サイトです。

 

まんが王国では、「イジメの時間」電子書籍版が他のサイトに先行して配信されます!

 

まんが王国の特徴をまとめてみましたので、電子書籍に興味ある方はお読みください(*^^*)

電子書籍のススメ!中でもイチオシはまんが王国!

まだまだ本屋も全国的に多く、紙の本が主流のひとつではありますが

全国の書店数は徐々に減少傾向にあります。

そんな中今一番伸びている読書方法は電子書籍を使った読書です!

電子書籍のメリット

  • いつでもどこでも漫画を読める!
  • 本棚が不要!
  • 発売日になればすぐ買える!
  • 書店に行く手間が省け、時間の節約になる!
  • 買いにくい本(エロ・グロ・ドロドロ)を誰にもバレず読むことが出来る!
  • 試し読みをしてその作品が自分に合うか判断できる!

 

そして数ある電子書籍サイトの中でも

「まんが王国」が特にオススメです。

 

【まんが王国の特徴】

  • まんが王国は、割引やポイントバックのキャンペーンが多い!

10~30%くらいの割引は定期的に行われています。

なんと最大50%ポイントバックのクーポンも!

 

  • 月額会員500円以上のコースにはもれなくボーナスポイントが付いて来る!

月額会員2000円コースですと、クレジットカード払いの場合、

何と2000PTの通常ポイントに加え、500PTのボーナスポイントが付いてきます!

(ケータイ料金合算払いの場合はボーナスポイントが300PT。)

オトク度では1番の電子書籍サイトです!

 

  • 無料試し読みの上位版!「じっくり試し読み」がすごい!

おすすめの漫画が3000作品以上で数十~数百ページ試せます!

時には1巻丸々無料で試し読みできることも!

全作品とも無料試し読みが可能ですのでその作品があなたに合う、合わないも読んで判断できます(^^)/

 

こちらからまんが王国に行けますので、「イジメの時間」で検索してみてください(*^▽^*)

 

あなたに良き読書ライフを☆

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、リバもとです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リバログ-ribalog- , 2019 All Rights Reserved.