マンガログ公式LINEで漫画のお得な情報を配信中

電子書籍サイトのお得情報、漫画のネタバレ情報をお届け

話題のAmeba漫画!今ならなんと100冊まで半額になるよ!

ハニーレモンソーダ69話のネタバレ(りぼん9月号掲載)|羽花の田舎帰省編

 
ハニーレモンソーダ アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

『恋したのは、髪はレモン性格ソーダの男の子。』

ハニーレモンソーダ

 

この記事ではこれまで3万冊以上の漫画を読破している筆者が、大人気の漫画「ハニーレモンソーダ」60話のネタバレをお届けします。

ハニーレモンソーダ第69話の内容

  • 羽花が祖父母の田舎に帰省
  • 悟の作った動画で界と悟の過去が明らかに
  • そこに界がやって来るお約束展開w

【この記事でわかること】

☑「ハニーレモンソーダ」69話のネタバレ

☑「ハニーレモンソーダ」69話を読んでみた感想

☑「ハニーレモンソーダ」最新話・最新刊を無料で読む方法

【↓ハニーレモンソーダ試し読みはコチラ↓】
\毎日最大50%還元

まんが王国では割引クーポン(10~50%オフ1日2回もらえるよ。

「ハニーレモンソーダ」関連記事
⇐前話のネタバレ 全話まとめ 次話のネタバレ⇒

『ハニーレモンソーダ』sparkle69話のネタバレ

祖父母の田舎にやってきた羽花

夏休みも残すところあと一週間。

 

羽花は最後の一週間を祖父母のいる田舎で過ごしていた。

 

今回は両親は付き添わず、羽花1人だけでやって来た。

 

縁側でスイカをかじりながらゆっくりしていると、あゆからビデオ通話がかかって来る。

 

画面の向こうにはあゆやゆる、芹奈、望華が集まっていた。

 

話が界のことになると、あゆの彼氏である悟が界の動画を3本立てで作ったと聞かされる羽花。

 

悟は後で羽花にその動画を送ると言う。

 

界の話題を振られた羽花は、無性に界のことが気になって仕方なくなる。

悟の作った界の動画1

夕方、祖父の草抜きを手伝った羽花。

 

いい汗をかいたのでお風呂に入り、お風呂から上がった後、悟から例の界の動画(1本目)が届いていた。

 

 

タイトルは「#1.lemon」

 

内容は、中学時代、界と悟が仲良くなったキッカケが描かれていた。

 

中学時代、紙飛行機作ってを飛ばし、飛距離を競うゲームが友達内で行われており、いつも悟がビリで罰ゲームをしていた。

 

ある日のゲーム、その日は界の紙飛行機が一番飛んだ。

 

悟が今日も自分がビリだと思っていると、界がこっそりと悟に自分の紙飛行機を渡してきた。

 

悟は感動し、これでビリではなくなると思って飛ばしてみたが、なぜか全く飛ばず結局ビリに。

 

しかし界は悟と一緒に罰ゲームをしてくれて、悟は界に「三浦くん、ごめん。ありがとう」とお礼を言う。

 

界は優しそうに微笑み、悟はそれをキッカケに界と仲良くなっていった。

 

 

翌日、羽花は紙飛行機を作って飛ばしている田舎の子供たちに遭遇。

 

全然飛ばないと嘆く子供たちを見た羽花は、界に紙飛行機をよく飛ばす方法をLINEで尋ねる。

 

界は羽花に紙飛行機の写真を送るように言い、送られた写真を見て界は的確なアドバイスを送る。  

 

そしてその通りにすると見事に紙飛行機は長い距離を飛んで行った。

 

喜ぶ子供たちは「お姉ちゃんスゴイ」と大はしゃぎ。

 

羽花は自分でなく、教えてくれた「お兄ちゃん」がすごいだけと話す。

 

「お兄ちゃんて誰?」と尋ねる子供たちに、羽花は「レモン頭のヒーロー」と答え、子供たちを混乱させてしまうのであった。

界はそのころバイト中

先輩に頼まれて界はバーでバイト中。

 

休憩に入った界は羽花に電話する。

 

電話中、界に話しかけて来る女性の声を聞いて、羽花は思わず嫉妬し、「そのお店、女の人がいっぱいいるの?」と尋ねる。

 

界は羽花がやきもちを隠さなくなったと言い、たとえ女性がたくさんいたとしても自分には好きな女の子がいるから関係ないと羽花に伝える。

 

その言葉を聞いた羽花は自分のことかと再び聞くが、界は笑って答えず電話を切るのであった。

 

悟の作った界の動画2

そしてその後、悟から2本目の動画が送られてくる。

 

タイトルは「#2.Lemon Soda」

 

中学校時代、ある授業で家族との思い出写真を提出する課題があり、界は「無い」と提出を拒否。

 

界を責める教師に対し、悟が反抗し界を助ける。

 

その時、悟は界に思い出の写真が無いなら自分が取ってあげたいと思い、それからよく界の写真を撮っていた。

 

そして悟にとって界はヒーローだけど、もしかしたら何か悩みを抱えているのかもしれないという言葉で2本目の動画は終わる。

 

界の一家が離散したとはいえ、何故家族の写真が一枚も無いのか考える羽花。

 

テレビを見ると関東地方の天気が荒れるというので界にLINEをする。

 

界は問題ないと返し、羽花は悟の動画が素敵だったと返信する。

 

そんな羽花の気持ちを見透かすように、界は家族写真が一枚も無い理由を教えてくれた。

 

失踪した父親が全て捨てたからだと。

 

その理由を知った羽花は界に電話し、いますぐ界の頭を撫でたいと伝える。

 

悟の作った界の動画3

そしてついに最後の3本目の動画が送られてくる。

 

タイトルは「#2.Honey Lemon Soda」

 

界の前に素敵な女の子が現れ、界にとってやっと居心地のいい場所が見つかった。

 

界は甘くなり、「ハニーレモンソーダ」になった。

 

ある時、界は悟にプレゼントを贈り、自分の家族事情を初めて打ち明ける。

 

そして悟にいつも一緒にいてくれるお礼と、悟のことが大好きだと伝える界。

 

悟は嬉しさから涙ぐんでしまう。

 

界は羽花にだけでなく、自分にも結構ハニーな感じだとw

 

3本目を見終えた羽花は、これは悟から界へのラブレターなのだと気付く。

 

レモン頭のヒーロー登場

今日で祖父母の家で過ごすのも最後。

 

帰る日には必ず浴衣で過ごすのが恒例なので、羽花は浴衣に着替え散歩に出かける。

 

界に今浴衣を来ていることを伝える羽花。

 

界は写真を送って欲しいと言ってきたので、羽花は自撮りするがピントがぼけてしまう。

 

ただこんな写真でも送ったら笑ってくれそうと思い、送信しようとするが、その時後ろから「やっぱいいや 直接見れたから」という声がした。

 

振り返るとそこには界が立っており、「なんで…」と呟く羽花。

 

界はただ羽花に会いに来ただけと言う。

 

そこに例の紙飛行機の子供たちが現れ、界のことを見て「レモン頭のヒーロー」だといってはしゃぎだす。

 

界は羽花こそが自分のヒーローだと言い、羽花はそんなことないと謙遜する。

 

羽花は、自分は界にとってヒーローでもヒロインでもお姫様でもなく「彼女」がいいと伝える。

 

それを聞いた界は優しそうに微笑む。

 

そして悟とあゆみが姿を現す。

 

2人は突如「羽花の所に行く」と言い出した界について来ていた。

 

悟は界と羽花の2ショットを撮り、界は羽花にこの2ショット写真をスマホのロック画面にして欲しいと言うのであった。

 

(69話終り)

次話のネタバレへ⇒

漫画『ハニーレモンソーダ』69話の感想とまとめ

69話は悟と界の関係性が深掘りされた回でした。

 

悟は中学から界と一緒で、高嶺友哉は小学校からなんですね。

 

小学校から一緒の友哉はおそらく界の家庭事情を全て知っているけど、悟は知らなかったということでしょう。

 

悟の界への愛が良く伝わる回でした。

 

しかし羽花の祖父母は父方なのでしょうか、それとも母方なのでしょうか?

 

話の中で明言はされていませんでしたが、おそらく父方の祖父母ではないかと思われます。

 

祖父が眼鏡かけており、その姿が羽花の父親によく似ていたので。

 

70話は2学期開始の回でしょう。

 

そう思うとハニレモも徐々に最終回が近付いているのだなと感じます。

 

個人的には大学まで続けて欲しいですが…。

『ハニーレモンソーダ』最新話・最新刊を無料で読む方法

ポイント!
コミック.jpの無料トライアルで最新話と最新刊が無料で読める!

電子書籍サイトのコミック.jpでは30日の無料お試し期間があり、初回登録時に675円分の無料ポイントがもらえます。

 

2021年9月現在倍の1,350ポイントもらえ、そのポイントで「りぼん最新号」(1冊510円)を無料で読むことが出来ます。


さらにハニーレモンソーダの最新刊(1冊459円)も余ったポイントを使って無料で読むことが出来ます。

りぼん最新号 コミック.jp

ハニーレモンソーダ コミック.jp

注意:りぼん最新号を読む場合は「りぼん電子版」で検索してください。

無料期間中に解約しても費用は一切発生しません。

↓「ハニーレモンソーダ」最新話を無料で読む↓

この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

Copyright© マンガログ , 2021 All Rights Reserved.