オススメ漫画の紹介、ネタバレ感想、無料情報を中心にお届け!

花恋つらね3巻をほぼ無料で読む方法とネタバレ感想紹介

チロ
WRITER
 
花恋つらね
この記事を書いている人 - WRITER -
チロ
BL好きのワンコ。 リバログのBL担当。 ヒットしたBL作品、これから来そうなBL作品を読みまくって皆さんに紹介します。

本日は夏目イサク先生が送る大人気作

 

「花恋つらね」

花恋つらね3

3巻をほぼ無料で読む方法を紹介し

あらすじ・感想をネタバレ交えレビューしていきます。

 

源介に告白されたと思っていた惣五郎。

 

2巻では、それは「役者」として好きだと言われたことが分かり、惣五郎はショックを受ける。

 

そのことから、一方的に源介を避ける惣五郎だったが、なぜ避けられているのか分からない源介。

 

源介がしつこく理由を問うと、いきなり惣五郎からキスをされ、「好きだ」と告白された。

 

 

【↓先に試し読みしたい方はコチラ↓】

⇒【無料試し読み】花恋つらね3巻  

(ebookjapanの作品ページへ)

 

【花恋つらねレビュー一覧】

12巻3巻4巻5巻

 

「花恋つらね」3巻をほぼ無料で読む方法

「花恋つらね」3巻をほぼ無料で読むには

 

VODサイトのU-NEXTを使います。

U-NEXT画像

U-NEXTは日本最大級の動画配信サイトで、電子書籍も配信しており、見放題の映画・アニメが90,000本もあります!

 

U-NEXTに初めて申し込みの方には

31日間の無料お試し期間があり、

申し込み時に600円分のポイントが付与されます。

 

 

そのポイントを使えば、

「花恋つらね」3巻(税込704円)を

 

ほぼ無料(=104円)で読むことが出来ます。

※無料トライアルの31日以内に解約すれば料金は一切かかりません(*^^*)

↓↓3巻をオトクに読むなら↓↓

登録・解約共に1、2分ほどで済みますよ(*^^*)

 

「花恋つらね」3巻レビュー(あらすじ・みどころ解説)

3巻のざっくりネタバレ

源介(淳平)に「好きだ」と告白をして、部屋を出て行った惣五郎(周吾)。

 

次の日、目を覚ました源介は部屋を出て、リビングのソファで寝ていた惣五郎に近づく。

 

惣五郎の寝顔を見ながら、夕べ惣五郎に言われたことを考える源介。

 

そして、目を覚ました惣五郎に「自分も惣五郎が好きだ」と伝える。

 

だが、惣五郎から「お前の好きは役者としてだ」と言われる。

 

そして、惣五郎は「源介としてではなく、淳平として考えろ」と言う。

 

 

そんな中、大谷屋の巡業に惣五郎が参加することが決まった。

 

巡業が始まり、初日からミスを連発する惣五郎。

 

そして、源介の父や兄・蔦丸からのプレッシャーが、さらに惣五郎を緊張させる。

 

次の日の公演前、源介が惣五郎の楽屋へ行くと、緊張して動きが硬くなっている惣五郎がいた。

 

惣五郎が、源介に緊張してないのかと聞くと、以前玉乃屋の舞台に出してもらった時の方が緊張したと答えた。

 

惣五郎は、大谷屋の舞台に自分一人の今の状況と同じことを、源介も体験したのを思い出した。

 

その時は、傍目からはそれほど緊張しているようには見えなかった。

 

そして、改めて源介の役者としてのすごさを実感する。

 

源介と話して緊張が解けた惣五郎は、その日の舞台はミスなく終えることができた。

 

 

その夜の宿泊先、源介と惣五郎は相部屋になった。

 

気まずさを感じる2人。

 

風呂に入りながら、源介とのことを考えていた惣五郎。

 

いつもより長風呂をしてしまう。

 

風呂場から大きな音がしたことで、源介が風呂を覗くと、のぼせ倒れている惣五郎が。

 

源介は、惣五郎を抱き上げベッドまで運ぶ。

 

一息ついた惣五郎は、自分の裸を見られた事を考える。

 

惣五郎は「好きだと言ったが、自分の裸を見てやはり男は無理だと思ったんじゃないか」と源介に言い、源介から目をそらす。

 

そんな惣五郎の手を取る源介。

 

そして、惣五郎の手を、自分の股間に持っていく。

 

源介のモノが勃っていることに驚く惣五郎。

 

源介は「無理だと思っていたら、こんなにはならない」と言うと、惣五郎の手を離し、風呂へ行った。

 

 

気まずさを感じたまま、公演は進んでいく。

 

公演期間の半分が過ぎたころ、その日の公演の場当たりで蔦丸と一緒になった惣五郎。

 

源介からは、女形の役者には厳しいとは聞いていたが、蔦丸が惣五郎に向ける視線は、厳しいだけのものではないと思っていた。

 

惣五郎は、演技が下手だから自分の事が嫌いなのかと、直接聞く。

 

蔦丸から、はっきりと「そうだ」と言われて、惣五郎はショックを受ける。

 

どうしたらいいのか教えてほしいと、蔦丸の腕をつかむ惣五郎。

 

蔦丸は何かを言おうとして振り返った時、足が滑り階段から落ちてしまう。

 

それを助けようとした惣五郎だったが、一緒に落ちてしまった。

 

そして、足首に違和感を感じたまま、稽古や舞台に立つ惣五郎。

 

公演が終わり、部屋に戻り足首を見ると、腫れ上がっていた。

 

ケガを理由に、降板させられることが嫌な惣五郎は、足首の痛みを隠したまま公演に臨む。

 

惣五郎は、公演内の舞の最中、足の痛みでよろけそうになる。

 

それを、倒れないように、そっと源介がフォローした。

 

 

ある日、また源介と惣五郎は相部屋になった。

 

惣五郎の重いトランクを運んでくれる源介の姿をみて、自分のケガに気づいていることを確信する。

 

そして惣五郎は、ケガをしていることを知っていて、なんで止めないのかと、源介に聞く。

 

すると、ケガを理由に降板させられるのが嫌で黙っていたんだろうと、図星を付かれる。

 

俺のファンだから、なんでも分かるんだなと源助をからかう惣五郎。

 

それを聞いた源介は、「惣五郎をやっている周吾が好きだから、ずっと見ていた」と伝える。

 

そして、改めて惣五郎に「好きだと」伝える。

 

源助の「好き」という言葉を素直に受け入れた惣五郎は、嬉しくて涙する。

 

 

【↓無料試し読みはコチラ↓】

⇒【無料試し読み】花恋つらね3巻  

(ebookjapanの作品ページへ)

 

3巻みどころ解説

鬼滅の刃18巻見どころ紹介

源介の想い

「源介としてではなく、淳平として考えろ」と言われた源介。

 

その言葉にハッとするという事は、やっぱり「役者」として惣五郎が好きだったのかと、正直残念でした。

 

が、男同士だから考えたことがなかったという源介。

 

「男同士だけど好きだ」と言えるという事は、本当に惣五郎が好きだったってことですよね。

 

もっと早くに惣五郎に言ってあげてほしかった…。

 

でも、言葉足らずの源介が、今回は頑張って伝えてる姿は、一生懸命でかっこいいです。

 

惣さまのいろんな表情が楽しめる

稽古に舞台にと、何かと忙しい惣さま。

 

ですが、それ以上に「表情」が、今回も忙しいです。

 

源介と一緒の巡業が決まったことを、菊右衛門師匠から知らされ時、言葉は嬉しそうなのに、表情をみると源介と一緒にいることへの戸惑いが、よく分かります。

 

舞台化粧した状態で、緊張と不安で震えている顔も、惣五郎らしくてかわいいです。

 

その中でも今回は、源介との思いが通じた後のシーンの表情。

 

少し泣きながらも、顔を真っ赤にして笑顔になっているのは、源介じゃなくても惚れてしましそうです。

 

 

 

【↓無料試し読みはコチラ↓】

⇒【無料試し読み】花恋つらね3巻  

(ebookjapanの作品ページへ)

 

 

「花恋つらね」3巻まとめ

3巻まとめ・総評

惣五郎の告白から始まるこの話。

 

源介が言っていた「好き」が、役者としてなのか、恋人になりたいということなのかを、じっくり楽しめる1冊です。

 

惣五郎の悩みや、源介の一生懸命な想い。

 

2人の気持ちが近づいていくのを、ドキドキしながら見てしまいます。

 

気持ちが通じ合った2人のこれからの成長が楽しみです。

 

 

⇒【無料試し読み】花恋つらね3巻  

(ebookjapanの作品ページへ)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^*)

【花恋つらねレビュー一覧】

12巻3巻4巻5巻

この記事を書いている人 - WRITER -
チロ
BL好きのワンコ。 リバログのBL担当。 ヒットしたBL作品、これから来そうなBL作品を読みまくって皆さんに紹介します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リバログ-ribalog- , 2020 All Rights Reserved.