電子書籍・VODサイト比較、漫画の無料・最安情報

花恋つらね1巻をほぼ無料で読む方法とネタバレ感想紹介

WRITER
 
花恋つらね
この記事を書いている人 - WRITER -
BL好きのワンコ。 リバログのBL担当。 ヒットしたBL作品、これから来そうなBL作品を読みまくって皆さんに紹介します。

本日は夏目イサク先生が送る大人気作

 

「花恋つらね」

1巻をほぼ無料で読む方法を紹介し

あらすじ・感想をネタバレ交えレビューしていきます。

 

 

【↓先に試し読みしたい方はコチラ↓】

⇒【無料試し読み】花恋つらね1巻  

(ebookjapanの作品ページへ)

 

【花恋つらねレビュー一覧】

12巻3巻4巻5巻

 

「花恋つらね」1巻をほぼ無料で読む方法

「花恋つらね」1巻をほぼ無料で読むには

 

VODサイトのU-NEXTを使います。

U-NEXT画像

U-NEXTは日本最大級の動画配信サイトで、電子書籍も配信しており、見放題の映画・アニメが90,000本もあります!

 

U-NEXTに初めて申し込みの方には

31日間の無料お試し期間があり、

申し込み時に600円分のポイントが付与されます。

 

 

そのポイントを使えば、

「花恋つらね」1巻(税込660円)を

 

ほぼ無料(=60円)で読むことが出来ます。

※無料トライアルの31日以内に解約すれば料金は一切かかりません(*^^*)

↓↓1巻をオトクに読むなら↓↓

登録・解約共に1,2分ほどで済みますよ(*^^*)

 

「花恋つらね」1巻レビュー(あらすじ・みどころ解説)

1巻のざっくりネタバレ

歌舞伎界の名門「玉乃屋」の一人息子、松川惣五郎(本名・東周吾)は、前日まで公演していた舞台の評判をエゴサし、一人落ち込んでいた。

 

「成長していない」「玉乃屋の未来は暗い」など、惣五郎への批判が目立つ。

 

学校へ行かないつもりの惣五郎だったが、家族に言われ、しぶしぶ学校へ。

 

すると「前日までの公演観たぞ」と声をかけてくる人物が。

 

それは、惣五郎と同じく、歌舞伎の名門「大谷屋」の次男、新井源介(本名・野田淳平)だった。

 

源介は、惣五郎のファンであり、好意を抱いている。

 

ところが惣五郎は、同じ年の源介の事をライバルだと思っているだけでなく、演技の評判のよい源介の事を嫌っていた。

 

源介が惣五郎に話しかけている途中、源介のスマホが鳴った。

 

それは、次の公演の玉乃屋メインの舞台に源介が出演するというもの。

 

しかも、惣五郎の相手役。

 

家に帰った惣五郎は、大谷屋とは一緒の舞台を嫌がっていたのに、なぜ源介を出演させるんだと父親に言う。

 

ちょうどその時、惣五郎の祖父で師匠の、菊右衛門がやってきた。

 

昔は大谷屋の寿一郎とそりが合わなかったから、一緒の舞台には立っていなかっただけ。

 

寿一郎が亡くなったから関係ないと、説明される。

 

稽古が始まり、惣五郎は菊右衛門にみっちりとしごかれていた。

 

そんな時、源介が稽古場にやってきた。

 

全体稽古の前に、惣五郎との合わせ稽古をした方がよいと、菊右衛門が話したとのこと。

 

稽古が始まり、改めて源介の演技の実力を見た惣五郎は、源介に合わせるだけで精一杯になる。

 

今のままではダメだと思った惣五郎は、学校でも役のバックグラウンドを知るための勉強をし始める。

 

それをみた源介は、一緒に勉強したほうが役を掴みやすいんじゃないかと提案。

 

その結果、惣五郎は役のイメージを掴むことができた。

 

家に帰った後の稽古でも、まわりの役者からもずいぶん上手になったと、褒められた。

 

源介と惣五郎の息があってきた様子をみた菊右衛門は、何かを考えているようだった。

 

 

そして、舞台初日。

 

女形の支度を終え、緊張しながら出番を待つ惣五郎だったが、源介から「かわいい姿を見られるのは、お客さんも嬉しいよ」と言われる。

 

それまで緊張していた惣五郎だったが、舞台上から見えたお客が笑顔だったのをみて、どんどん緊張がほぐれていく。

 

その後も、順調に公演は進み残り7日となったとき、源介と惣五郎は菊右衛門から呼び出された。

 

内容は、惣五郎の従兄・武市の再来月の公演に、源介と惣五郎も出演しないかというものだった。

 

また、一緒に舞台に立つことができる事が嬉しい2人は、一つ返事で出演することを了解した。

 

数日後、次の公演の顔合わせに参加した源介と惣五郎。

 

惣五郎は、武市と並んでも見劣りしない役者になろうと、ずっと頑張ってきた。

 

武市と仲良く話す惣五郎の様子を、どこか冷めたような目で、源介は見つめていた。

 

顔合わせが終わり、惣五郎が源介に話しかけると、不機嫌そうな顔をしていた。

 

理由は、惣五郎と武市の仲が良すぎる事への嫉妬だった。

 

武市も含め、3人で稽古をすることになった、ある日。

 

源介は、武市との実力の差を実感する。

 

惣五郎は、稽古中の源介の様子が、いつも2人で稽古するときと何かが違うと感じていた。

 

源介は、武市の役者としての実力や惣五郎との仲の良さに嫉妬していた。

 

今の自分には武市に勝てるものが自分には何もないと言い、悔しそうな顔をする。

 

武市に嫉妬する源介をみて、惣五郎は思わず「俺の一番になりたいのか」と尋ねる。

 

すると、源介は「よく分かったな」と答えると、惣五郎を抱きしめた。

 

そして、惣五郎を誰にも渡したくないと伝えた。

 

【↓無料試し読みはコチラ↓】

⇒【無料試し読み】花恋つらね1巻  

(ebookjapanの作品ページへ)

 

1巻みどころ解説

鬼滅の刃18巻見どころ紹介

素直に感情が表に出ている惣五郎

とにかく、惣五郎は表情が豊か。

 

おだてられて得意げになって、喜んでいる顔。

 

エゴサして、鬱になっている顔。

 

源介にちょっかいをだされて、不機嫌になっている顔。

 

源介に噛みついているシーンでは、髪の毛まで逆立てちゃっているんですよ。

 

感情の忙しさが、表情にもよく出ていて、かわいいんです。

 

すごく美形キャラなのに、かっこいいシーンばかりではなく情けないシーンも多いのも、惣五郎の魅力の一つだと思います。

 

源介の頑張り

最初は、源介が嫌いで仕方なかった惣五郎。

 

源介が仕事で学校を休んでいる日にまで、文句を言うくらい嫌いな相手というと、かなりなものですよね。

 

普通は、ばっちり態度に出して嫌われていたら、近づかないと思います。

 

ところが、嫌われているのを気づいているのに、惣五郎「にグイグイ近づいていく源介。

 

源介が、自他ともに認めるほどの「惣さまファン」なことは分かりますが、どんなにケンカ腰で話されていても、一切めげない。

 

それどころが、事あるごとに惣五郎に自ら絡みに行く。

 

源介のメンタルが強いのか、惣さま好きが凄すぎるのか…どちらにしても、源介はすごい。

 

惣五郎の出来が少しでも良ければ、自分の事の様に褒めてくれる源介。

 

とてもいい笑顔で言われたら、気持ちの浮き沈みが激しい惣五郎が、いつ源介に落ちてもおかしくないと思ってしまいます。

 

以前は「嫌な奴」と決めつけていた惣五郎が、一緒に稽古したり舞台に立ったりしているうちに、源介の事を「いい奴」とまで言わせたのは、源介の努力があったからなのでしょうね。

 

【↓無料試し読みはコチラ↓】

⇒花恋つらね1巻  

(ebookjapanの作品ページへ)

 

 

「花恋つらね」1巻まとめ

1巻まとめ・総評

歌舞伎という、普段はあまりなじみのない世界が舞台です。

 

難しそうな、歌舞伎用語や演目についても、ストーリーの仲や注釈で書かれています。

 

惣五郎と源介というライバル高校生の、成長が感じられる1冊です。

 

まだ恋愛には、まだまだ遠い感じはありますが、ゆっくりと進んでいくこの2人の関係。

 

これからが楽しみです。

 

⇒【無料試し読み】花恋つらね1巻  

(ebookjapanの作品ページへ)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^*)

【花恋つらねレビュー一覧】

12巻3巻4巻5巻

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
BL好きのワンコ。 リバログのBL担当。 ヒットしたBL作品、これから来そうなBL作品を読みまくって皆さんに紹介します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マンガログ , 2020 All Rights Reserved.