電子書籍・VODサイト比較、漫画の無料・最安情報

グロ漫画「ガンニバル」6巻をほぼ無料で読む方法とネタバレ感想紹介

WRITER
 
ガンニバル5巻無料
この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、リバもとです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

本日は二宮正明先生が送る大人気作

 

「ガンニバル」

6巻をほぼ無料で読む方法を紹介し、あらすじ・感想をネタバレ交えレビューしていきます。

 

【5巻のおさらい】

「この村は人を喰っている。」

 

にわかには信じがたいこの話が信憑性を帯びてきた。

 

警察の協力も得られ、ついに後藤家との全面対決に臨む大悟。

 

監禁されている子供たちを救い、無事、有希とましろのもとへ帰れるのだろうか?

 

【↓先に試し読みしたい方はコチラ↓】

⇒【無料試し読み】ガンニバル6巻 

(ebookjapanの作品ページへ)

 

「ガンニバル」6巻をほぼ無料で読む方法

「ガンニバル」6巻をほぼ無料で読むにはVODサイトのU-NEXTを使います。

U-NEXT画像

U-NEXTは日本最大級の動画配信サイトで、電子書籍も配信しており、見放題の映画・アニメが90,000本もあります!

 

U-NEXTに初めて申し込みの方には31日間の無料お試し期間があり、申し込み時に600円分のポイントが付与されます。

 

 

そのポイントを使えば、「ガンニバル」6巻(税込660円)を

 

ほぼ無料(=60円)で読むことが出来ます。

※無料トライアルの31日以内に解約すれば料金は一切かかりません(*^^*)

↓↓6巻をオトクに読むなら↓↓

登録・解約共に2~3分ほどで済みますよ(*^^*)

※もし既にU-NEXTには登録済みだと言う方は

music.jpをご利用ください。

 

music.jpVODサイト

無料お試し期間にもらえる600円分のポイントで

「ガンニバル」6巻がほぼ無料で読めます。

こちらもお試し期間中に解約すれば費用は掛かりません。

 

無料期間は1日短い30日間となっています。

「ガンニバル」6巻レビュー(あらすじ・みどころ解説)

6巻のざっくりネタバレ

子供を救いたい一心で…

ましろが生まれた時を思い出しながら、必ず生きて戻ると決意を固める大悟。

 

電動カッターを使って地下牢の扉を開け、子供たちが監禁されている場所へ侵入を試みる。

 

その頃、外で鳴り響く不審な音に気付き始めた後藤家の面々。

 

大悟が電動カッターで扉をこじ開けているとは気づいていないが、ひとまず外の確認へ行くことに。

 

大悟が地下の監禁場所へたどり着いたころには、もぬけの殻。

 

しかし、大悟は先ほどまで誰かがこの場所にいた気配を感じ取る。

 

使ったばかりの薬品の匂いに紛れる獣臭から、「あの人」もこの場所にいいたのだと確信する大悟。

 

その時、大悟の背後から恵介が現れた。

 

睨み合いながら、子供の居場所をめぐって言い争う二人。

 

子供達の存在をごまかす恵介に対し、大悟は「お前らは人を喰っている」と村の核心に迫る一言を突きつける。

 

大悟の問いかけに、「だからなんだというのだ」と答える恵介。

 

人を喰って何が悪いと言わんばかりの恵介の態度から、大悟の抱いていた疑惑が確信に変わる。

 

そこへ異変に気付いた後藤家の人々が集まってきた。

 

このまま逃げた方が身のためだと助言する恵介に対し、大悟は確固たる証拠もつかめず帰れるわけがないと反論する。

 

しかし、お前まで狩野のように殺される必要はないという恵介。

 

果たしてその意味とは一体?

 

 

後藤家が大悟を探すため動き出す

外を確信し、地下牢へ戻ってきた後藤家の人々。

 

しかし、その場には恵介しかおらず、後藤家の面々はこの状況に不信感を抱いている。

 

地下牢へつながるカギが破壊されていたため、こんなことをするようなやつは大悟しかいないと断言する後藤家の人々。

 

その頃、大悟は恵介の手助けによって地下牢から脱出していた。

 

命がけで踏み込んだ地下牢だったが、得たものは誰のものか不明な髪の毛が数本。

 

結局子供たちを救うことが出来ず、大悟は自分の至らなさに腹を立てる。

 

「あの人」との直接対決

一方、地下牢では今だ大悟のことで言い争いが続いていた。

 

大悟が首を突っ込んできたことに怒りが収まらない後藤家の人々。

 

恵介がその場を収めようとするも、頭に血の上った後藤家を止めることは出来ない。

 

ついに大悟を探すために山狩りが開始された。

 

大悟も後藤家が自分を探し回っているに違いないと思いながら、山を下る大悟。

 

しかし、その頭上には待ち構えていたかのように「あの人」の姿が…。

 

突如、襲い掛かってくる「あの人」。

 

果たして大悟は無事なのだろうか?

 

 

裏で繋がる人物

大悟をけしかけ、供花村に行くよう仕向けた金丸。

 

署長はそんな金丸の行動に不信感を抱く。

 

そして、金丸がつながる意外な人物が明らかになる。

 

その人物とは、供花村の村長であり、恵介と洋介の父親。

 

繋がるはずのない2人が協力する理由とは一体何なのだろうか。

 

ここから後藤家に隠された闇が明らかになっていく…。

 

(続きは6巻の後半にて)

 

 

【↓無料試し読みはコチラ↓】

⇒【無料試し読み】ガンニバル6巻 

(ebookjapanの作品ページへ)

 

6巻みどころ解説

鬼滅の刃18巻見どころ紹介

後藤家に隠された闇

6巻では後藤家に隠された闇が明らかになります。

 

なぜ村長が金丸と組んだのか?

 

なぜ後藤家を潰そうと決心したのか?

 

恵介と洋介の出生の秘密が明らかになり、その父親である村長の心情を考えると辛くてなりません。

 

後藤家が狂っているのか?

 

後藤家という血が狂わせているのか?

 

後藤銀が病気だと聞いたときは気の毒だと思いましたが、その行いを知った今、後藤家のことが心底嫌いになりましたw

 

 

大悟に惚れる

これまでは、自分の信念よりも家族の安全や平和な暮らしを優先してきた大悟。

 

6巻では自分の信念を貫き通す大悟の姿が描かれていました。

 

ただ子供たちを助けたい、その一心で後藤家に立ち向かう姿は本当にかっこいい!

 

そして、強い!w

 

警察官なので強いのは当たり前ですが、後藤家の猟銃にひるむことなく向かっていく姿はとても勇ましいです(^^)

 

 

【↓無料試し読みはコチラ↓】

⇒【無料試し読み】ガンニバル6巻 

(ebookjapanの作品ページへ)

 

6巻の口コミ

ガンニバル6巻の口コミを調べてみました(^^♪

6巻は灰色一色の表紙もかっこいいですよね!

もっとたくさんの人に読んでほしい(´;ω;`) 

 

「ガンニバル」6巻まとめ

6巻まとめ・総評

ついに後藤家との全面戦争が幕を開けました。

 

警察とも連携し、怒涛の展開となった6巻。

 

金丸と村長が手を組んだ理由から恵介と洋介の出生の秘密が明らかになり、後藤家に隠された闇が次々と明らかに…。

 

恵介はどちらの味方なのか?

 

監禁された子供たちの行方は!?

 

7巻の発売が待ち遠しいですね!

 

⇒【無料試し読み】ガンニバル6巻 

(ebookjapanの作品ページへ)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^*)

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、リバもとです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マンガログ , 2020 All Rights Reserved.