オススメ漫画の紹介、ネタバレ感想、無料情報を中心にお届け!

「ファインダーの標的」を無料で読む方法とネタバレ感想紹介

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、リバもとです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

本日はやまねあやの先生が送る大人気作

 

「ファインダーの標的」

をほぼ無料で読む方法を紹介し、あらすじ・感想をネタバレ交えレビューしていきます。

 

【↓先に試し読みしたい方はコチラ↓】

⇒【無料試し読み】ファインダーの標的 

(ebookjapanの作品ページへ)

 

「ファインダーの標的」をほぼ無料で読む方法

「ファインダーの標的」をほぼ無料で読むには

 

VODサイトのU-NEXTを使います。

U-NEXT画像

U-NEXTは日本最大級の動画配信サイトで、電子書籍も配信しており、見放題の映画・アニメが90,000本もあります!

 

U-NEXTに初めて申し込みの方には

31日間の無料お試し期間があり、

申し込み時に600円分のポイントが付与されます。

 

 

そのポイントを使えば、

「ファインダーの標的」(税込680円)を

 

ほぼ無料(=80円)で読むことが出来ます。

※無料トライアルの31日以内に解約すれば料金は一切かかりません(*^^*)

↓↓オトクに読むなら↓↓

登録・解約共に1~2分ほどで済みますよ(*^^*)

 

「ファインダーの標的」レビュー(あらすじ・みどころ解説)

ざっくりネタバレ

ある日、フリーカメラマンである高羽秋仁は、新宿のクラブで代議士秘書のスクープを撮影する。そのクラブは麻見隆一がオーナーを務めるクラブだった。

 

麻見は、表向きは実業家だが、実は裏では国内政財界のみならず他国にも影響力を持つ闇社会の実力者でもあった。

 

麻見は秋仁が撮ったスクープの出所を探るため、秋仁のことを追いかける。

 

秋仁は昔からお世話になっていた刑事、ヤマさんから麻見の情報を入手し、麻見のスクープを撮影するために再び張り込む。

 

しかし、それは麻見の仕込んだ罠だった。

 

罠に嵌った秋仁は麻見に拉致監禁され、媚薬・玩具で調教された後、麻見に抱かれてしまう。

 

麻見の元から逃げ出した秋仁は拉致された際に置いてきてしまった荷物を取りに張り込んだ場所まで戻るとなぜかそこにはヤマさんの姿が。

 

秋仁はヤマさんが暴力団と関わりを持っていることに気づいてしまう。

 

暴力団との関わりを持っていることを知られてしまったヤマさんは秋仁に銃を向ける。

 

秋仁は信用していた人から裏切られてしまったショックからその場から動けないでいると、突然、麻見が現れ秋仁を助けたのだった。

 

麻見はショックを受ける秋仁を慰めるが、悪を頑として許さない秋仁はいつか必ず麻見のスクープを掴んでやると宣戦布告をするのであった。

 

スクープのネタのため政治家主催のパーティーに潜入した秋仁はそこで麻見と再会する。

 

潜入先での雑用をしている時にある騒動に巻き込まれ、その際に1人の男から麻見宛にディスクを渡して欲しいと頼まれる。

 

麻見に関わればきっと、ろくでもないことに巻き込まれると思いつつも渡すことを決心する。

 

ディスクを渡すために麻見のいるビルを訪ねるも門前払いされてしまい、仕方なく帰っていると麻見の部下だと名乗る男に話しかけられる。

 

話している途中で不審に思った秋仁だったが、逃げる間もなく拉致されてしまう。

 

連れてこられた場所はなんと中国マフィアのアジトだった。

 

麻見に渡すよう伝えられていたディスクはなんと中国マフィアから奪われたもので、秋仁はディスクのありかを聞き出そうとする男に拷問にかけられてしまう。

 

ディスクは捨てたと言い張る秋仁に今度は飛龍と名乗る男が話しかける。

 

秋仁は飛龍に麻見の手下だと勘違いされてしまい、犯されてしまう。

 

その頃、自分のマンションへ戻った麻見の元には秋仁からのディスクが届いていた。

 

しかし、肝心の秋仁が自分の家に戻っていないことを知った麻見は面倒ごとに巻き込まれていることを悟る。

 

牢屋に監禁されていた秋仁の元に麻見が助けに来るも、秋仁は自分の足で帰ると言い張る。

 

しかし、途中で飛龍に命を狙われた秋仁は恐怖を覚え、麻見と一緒に帰ることを決める。

 

マンションに着くなり、麻見は飛龍に汚された秋仁の身体を上書きをする。

 

秋仁は麻見の所から逃げ出すと、いつものようにスクープを求め街を走り回るのだった。

 

【↓無料試し読みはコチラ↓】

⇒【無料試し読み】ファインダーの標的  

(ebookjapanの作品ページへ)

 

みどころ解説

鬼滅の刃18巻見どころ紹介

ここでは、『ファインダーの標的』の見どころポイントをご紹介します。

鮮やかに描かれるマフィアの世界

 マフィアである麻見とフリーカメラマンの秋仁が主人公となっていますが、それぞれの世界の厳しさであったり少しずつ混ざり合っていく2人の世界を鮮やかに表現されています。

 

また、BL作品では珍しい暴力的な表現や流血表現が多く登場しますが、そう言った表現を惜しまずに描いてあるので物語に見入ってしまいます。

 

少しハードな性描写

見出しにありますようにハードな性描写も『ファインダーの標的』の魅力の1つです。

 

作品の中では無理矢理犯す表現があったり、拘束・玩具・媚薬などSMチックな表現が多くあるので、そう言った刺激を求めている読者にもおすすめです。

 

また、そう言ったSM系が苦手な方でもそこまで強く表現されているわけではないので、読みやすくなっています。

 

【↓無料試し読みはコチラ↓】

⇒【無料試し読み】ファインダーの標的 

(ebookjapanの作品ページへ)

「ファインダーの標的」まとめ

まとめ・総評

あるスクープをきっかけに麻見と出会い、少しずつマフィアの世界に引き込まれていく秋仁。

 

悪を頑として許さない秋仁だが、麻見によって身も心も奪われてしまう。

 

絶対服従させたい麻見と絶対服従しない秋仁。

 

2人の関係と、これからの展開から目が離せません!

 

⇒【無料試し読み】ファインダーの標的

(ebookjapanの作品ページへ)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^*)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、リバもとです。 少女、少年、女性、青年漫画とジャンル問わずに読み続けています。 新旧問わず、グッとくる作品を紹介していきます(`・ω・´)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リバログ-ribalog- , 2020 All Rights Reserved.