電子書籍・VODサイト比較、漫画のネタバレ情報をお届け

ザ・ファブル最終回のネタバレ ラストは第2部への期待が膨らむ終わり方

 
ザ・ファブルの最終回アイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

「殺し屋が『ふつう』の男に戻る時」

 

遂に完結を迎えた異色の殺し屋漫画「ザ・ファブル」

 

完結と書きましたが、あくまで第一部完結で続編が出ることが明言されています。

 

ラストを手短にまとめますと、佐藤アキラは殺し屋はやめることになり、人助けの為にヨウコとキャンピングカーで旅に出て、旅先でレイプ魔が乗っている車を見つける所で終わりました。

この記事でわかる事

  • 最終話のネタバレと感想
  • 最終巻22巻全体のあらすじ
  • 続編・第2部の情報
  • ザ・ファブルを4冊無料で読む方法

それでは最終話を詳しく解説していきます。

 

ザ・ファブル第一部最終話(240話)「ふつうの男…」のネタバレ

しばしの別れ

キャンピングカーに乗り真黒組から借りていた部屋から旅立つアキラとヨウコの二人。

大平市を出て行く途中、この町での様々な出来事が2人の脳裏をよぎる。

ヨウコはよく行っていたバー「バッファロー」の店長やそこで知り合ったぺ・ダイヨチャのことを、アキラはミサキと知り合った夜のことを思い出していた。

 

ボスとアキラの会話

ヨウコは山岡との一件の後、ボスと何を話したのかアキラに尋ねる。

 

ボスから山岡を殺さなかった理由を問われ、アキラは殺思ったが大平市で出会った人々の顔が浮かび、山岡を殺さずとも他に解決方法があるのではないかと考えたからと答えた。

その答えを聞き、ボスはプロの殺し屋としては失格だと言い放つ。

ボスは続けてアキラに語り続ける。

殺し屋稼業も近年変わってきており、あまりに突出した殺しのスキルを持つアキラは組織に用なしとなって来ていたと打ち明ける。

消そうかとも考えたが、休業させてアキラの心境に変化があるかをこの1年間観察していた。

山岡を殺さなかったことでアキラの心境は一般人に近づいてきていることがわかり、今後は殺し屋のスキルを使って人助けをしろとボスはアキラに指示したのであった。

 

佐藤兄妹が去った後の大平市の人々

アキラとヨウコが住んでいた家には現在は真黒組のクロが済んでおり、アキラを真似した生活を送っていた。

 

海老原は正式に真黒組五代目組長に就任。

 

そしてオクトパスではアキラとヨウコ同様組織を抜けたアザミとユーカリが新入社員として働いており、ミサキも変わらずオクトパスで働いていた。

 

ミサキからアキラへのメール

ミサキはアキラへメールを送り、オクトパスの様子、実家の母親に結婚と借金完済の報告に行ったこと、今回の出来事を通して自分が強くなったことを伝える。

 

そのメールを読みながらとある公園の駐車場で張り込んでいるアキラとヨウコ。

レイプ魔が出没するという情報を聞き、張り込んで3日になるがまだ怪しい人物は現れない。

そして公園に一台の車が入って来る。

その車に怪しい気配を感じたアキラが「ちょっと行ってくる」とヨウコに言ったところで第一部完となる。

 

ファブル最終回を読んだ感想

この結末は予想の斜め上だった

この展開は正直予想の斜め上でした。

僕は「十中八九アキラはラストで死ぬだろう。」と予想していました。

なぜならあくまでアキラは「殺し屋」であるから。

休業中にいいことをしていたとしても、仕事とはいえこれまで何人もの命を奪ってきたアキラがハッピーエンドが訪れていいはずがないからです。

こういった殺し屋主人公の場合、必ずラストは主人公が不幸になるバッドエンドが多いので、正直「あれ?っ」と思いました。

 

ザ・ファブル第二部が本当のラストになる(はず)!

第一部はミサキも借金返せて結婚して幸せになったし、ユーカリとアザミも組織を抜けて一般人として働けています。

そしてアキラとヨウコも人助けしに旅立っているので、一応ハッピーエンドと呼べる終わり方でした。

しかしこのハッピーエンドはあくまで第一部のモノ。

続編の第二部でメチャクチャ落としたバッドエンドがあると予想してます。

 

まずユーカリとアザミがオクトパスに入ったのも、新たな敵がミサキを狙ってくる伏線なのではと。

そして南勝久先生は「一片の救いのないラスト」を考えていると思います。

大胆予想してみると、「ミサキを守ることが出来ず死んでしまい、そしてアキラも死んでしまう」

もちろんヨウコやアザミも例外ではなく、殺し屋だった人間は死んでしまうのではと予想します。

 

ファブル最終巻(22巻)全体のまとめ

ザ・ファブル22巻は229~240話までが収録されており、以下の流れで話が進んでいきます

22巻の流れ

アキラVSアザミ・ユーカリ・山岡のバトルが展開されるが、アキラの圧勝(229、230話)

二郎の捕獲そして山岡の死(231、232話)

二郎の死とボスの登場(233、234話)

アキラはオクトパスに帰り、ミサキと再会。そして旅立ちを決意。(235、236話)

アザミとユーカリも死なずにアキラとヨウコの家に戻る。(236、237話)

アキラ、ミサキにプロポーズ。ミサキも承諾し2人は結婚。(238、239話)

人助けへと旅立つアキラとヨウコ。(240話)

結局死んだのは山岡と二郎

山岡はアキラではなく海老原に銃で殺されます。

 

そして京都の山奥に潜んでいた二郎はヨウコたちに捕まり、逃げようとしたところを撃たれ死んでしまいます。

 

山岡は死んで当然でしたけど二郎はちょっとかわいそうな気がします(;^ω^)

 

ヨウコとアキラは死亡せずに生き残る

ヨウコが死亡するのではないかとの声も聞かれましたが、ヨウコは死亡せずにアキラと共に人助けの旅に出ることになります。

なにしろヨウコは直に山岡に恨みを持っていましたからね(;^ω^)

熱くなって山岡に挑んで返り討ちに遭うという展開を想像した読者も多かったと思います。

 

ミサキへプロポーズし、結婚へ

これが一番のビックリ展開でした。

まさかのアキラからミサキへの結婚の申し込み。

作中ではユーカリもビックリしていました(笑)

アキラはミサキに対して「好き」という感情をはっきりと持っているわけではないのですが、ミサキが笑顔になると自分も嬉しくなり、悲しい顔をするとよくない気分を感じるようになったことを「好き」と認識しました。

 

ファブル第二部の情報

漫画版の続編の再開時期は未定

ファブル第二部に関しての情報

  • 第一部終了時には2020年夏の再開予定であった。
  • しかしコロナの影響で再開が大幅に遅れている。
  • 再開の準備が遅れているとのツイートが編集部の人からあったが、時期に関しては明言せず。

確かにコロナで取材が難しくなったでしょうから、大幅に遅れるというのも十分あり得ると思います。

しかし2020年12月現在でもコロナは収まっていないので再開は2021年以降になる事は確実です。

下手すると2022年の再開になる可能性も…。

続報が入り次第、こちらの記事でお伝えしていきます。

 

映画版第二部は2021年2月5日公開

漫画版はさておき、映画版の方は既に2021年初めの公開が決まっています。

 

 

ザ・ファブルを最大4冊無料で読む方法

ザ・ファブルを全巻無料で読むことは出来ませんが、クランクインビデオというサイトを利用することによって4冊を無料で読むことが出来ます。

クランクインビデオのLPファーストビューの画像
クランクインビデオのLPコミックの画像

 

初回登録で2週間のお試し期間があり、その際電子コミック購入にも使える3,000ポイントがもらえ、そのポイントを使い最大4冊までザ・ファブルを購入できます。

無料期間中に解約しても費用は一切発生しません。

↓ザ・ファブルを4冊無料で読む↓

【追記】

映画第二弾に該当する9~13巻の5冊を無料で読むにはクランクインビデオに加えて、コミック.jpを利用すれば可能です。

コミック.jpは一ヵ月のお試し期間があり、初回登録時に675円分のの無料ポイントがもらえ、そのポイントでファブルが1冊無料で読めます。

※2021年2月1日18時まではポイントが倍の1,350ポイントもらえます。

↓ザ・ファブルを1冊無料で読む↓

 

ザ・ファブル最終話まとめ

この記事のまとめ

  • アキラとヨウコは最終回で人助けの旅に出て、アザミやユーカリも一般人として生活。
  • 第二部は当初2020年夏の再開予定であったがコロナの影響で遅れている。
  • 映画版第二部は2021年2月5日公開。
  • ザ・ファブルを無料で読むにはクランクインビデオかコミック.jpがオススメ。

第一部はハッピーエンドでしたが続編ではいったいどんな結末が待っているのでしょうか?

続編の情報が出次第こちらの記事でお伝えしていきます。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マンガログ , 2020 All Rights Reserved.