電子書籍・VODサイト比較、漫画の無料・最安情報

ドクムシ the ruins hotel最終6巻のネタバレ ラストの衝撃は前作以上

 
ドクムシ 続編のアイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

本日は恵那先生が送るエログロの大人気作

 

「ドクムシ-the ruins hotel-」

 

最終巻である6巻ほぼ無料で読む方法を紹介し、あらすじ・感想をネタバレ交えレビューしていきます。

 

6巻で真の殺人鬼の正体が遂に明らかになります。

 

何と真犯人は錯乱した女に噛み殺されたと思われていたエミでした!

 

詳しい解説は下記のネタバレをご覧ください。

 

【↓試し読みはコチラ↓】

⇒「ドクムシ-the ruins hotel-」を無料で試し読み

(まんが王国に行くので「ドクムシ」で検索してくださいね(*^^*))

【↓前巻のネタバレもチェックする↓】

前巻:5巻

 

「ドクムシ-the ruins hotel-」6巻をほぼ無料で読む方法

「ドクムシ-the ruins hotel-」6巻をほぼ無料で読むには、VODサイトのU-NEXTを使います。

U-NEXTは日本最大級の動画配信サイトで、電子書籍も配信しており、見放題の作品が15万本以上もあります!

 

U-NEXTに初めて申し込みの方には31日間の無料お試し期間があり、申し込み時に600円分のポイントが付与されます。

 

 

そのポイントを使えば、「ドクムシ-the ruins hotel-」6巻(税込660円)をほぼ無料(=82円)で読むことが出来ます。

 

※U-NEXTは無料期間中に解約しても料金は一切かかりません(*^^*)

↓↓6巻をオトクに読むなら↓↓

登録・解約共に1分ほどで済みます(*^^*)

※もし既にU-NEXTには登録済みだと言う方はmusic.jpをご利用ください。

 

music.jpVODサイトで無料お試し期間にもらえる600円分のポイントで「ドクムシ-the ruins hotel-」6巻がほぼ無料で読めます。

 

こちらもお試し期間中に解約しても費用は掛かりません。

 

無料期間は1日短い30日間となっています。

ドクムシ-the ruins-hotel-を全巻半額で読む方法

DMM.comが運営する「DMM電子書籍」では、初めて利用の方に100冊まで半額で買えるクーポンをプレゼント中です。

DMM電子書籍

アクセスしてクーポンをゲットし、会員登録すれば「ドクムシ-the ruins hotel-」が6巻で本来3982円のところを、半額の1991円で購入できます。

⇒DMM電子書籍公式サイト

 

「ドクムシ-the ruins hotel-」最終回6巻ネタバレ

25話

ブイの首を抱えて部屋に入ってきたエミ。

 

ミチカがエミの首なし死体と思っていたのは実はリンの死体で、エミが衣服を取り替えていたのであった。

 

これから自分が殺されることをミチカは予感するが、その前に謎を解かせてくれと言う。

 

まずエミが2日目に吊るされていたのはエミの自作自演であり、出口のカギを増やしたのもエミであることがわかる。

 

そしてミチカはエミを上手く操っていたつもりだったが、実はミチカの方が踊らされていたのであった。

 

完全に自分の負けを悟ったミチカはエミにブイがレイジだったことを知っていたかと聞く。

 

エミはブイだけではなく自分も”レイジ”なのだからと告げ、ミチカは困惑する。

 

26話

ブイとエミは過去に行われたコドクの生き残りであり、ブイはその時の記憶を失っていたので自分をレイジと思い込んでいたのだという。

 

エミは自分の過去を語り始める。

【エミの過去】

前作ドクムシで行われたコドクに参加していた少女ミチコ。

彼女はある教団の教主であった。

 

子供を亡くしてから夫とも別れ打ちひしがれていたエミはその教団に参加する。

 

教団にはマリ(前作ドクムシでのキーパーソン)の父も”レンビ”という名前で参加しており、スギウラレイジへの復讐に執念を燃やしていた。

 

ある日教団幹部から呼び出され、スギウラレイジとマリの子供を育てるように命じられたエミ。

 

レイジは妊娠したエミを殺してしまったのだが、赤ん坊は奇跡的に助かり、教団に保護されていたのだ。

 

自分の子供が戻ってきたように感じたエミはその女の子の母親となる決意をする。

 

2年後、教主ミチコがコドクでスギウラレイジに殺されてから教団は縮小傾向にあった。

 

そんな中レイジとマリの娘・トワコを実の娘のように愛情たっぷりに育てていた。

 

トワコは幼いわりにとても利発で教徒たちは「トワコはミチコの生まれ変わりのようだ」とトワコをあがめるようになっていた。

 

そして教団幹部はそんなトワコを利用して今一度教団の再拡大を図ろうとしていた。

 

トワコをコドクに参加させ、ミチコのようなカリスマを与えようと考え、そのことをエミとトワコに告げる。

 

27話

エミとトワコはレイジが参加したときに使われた廃校で目を覚ます。

 

他の参加者の中にはあのブイ(本名:サキヤマシンゴ)もいた。

 

カノウという教徒と共にエミは集団を殺し合いに導いていく。

 

そしてカノウ、エミ、ブイ、トワコが残り、カノウとエミは最後の仕上げとしてブイを殺そうとする。

 

ブイはカノウに切りつけられ気を失う。

 

そしてトワコをコドクの勝者とするため、カノウに今から予定通り死のうとエミは言うが、カノウは生きることに希望を見出し、トワコを連れて一緒に逃げようとエミに提案する。

 

エミとカノウがそんなやり取りをしてるところにトワコが現れ、自分のせいでみんなが死んだのかと問いかける。

 

28話

幼いながら聡明なトワコは、母と呼ぶエミが死ぬことになると見抜いていた。

 

エミはトワコが”特別”だと認めてもらうためにはコドクに勝利するしかない。

 

その為には自分が死ぬ必要があるとトワコに微笑みかけるが、トワコはそんなのイヤだと拒絶する。

 

カノウはトワコに自分と逃げようと提案するが、エミは断じてそれを拒絶する。

 

そしてエミはナタを振りカノウの首を刈ろうとするが、トワコがカノウをかばい飛び出してくる。

 

ナタはトワコのお腹に当たり、トワコは倒れる。

 

カノウはトワコの止血をし病院に連れて行こうとするが、コドクが終われば教団幹部が迎えに来ると考えたエミはカノウを殺す。

 

そして自分の首にナタを押し付けすべてを終わらそうとした時、気を失っていたブイが目を覚まし逃げ出そうとしていた。

 

エミはとどめを刺そうとブイを追いかけようとするが、トワコがエミの服をつかんでエミを止める。

 

結局ブイは逃げてしまい、その後教団幹部が廃校に現れる。

 

そしてコドクの失敗と、トワコは本物ではなかったと告げる。

 

トワコを助けてくれと懇願するエミに、今まで自分たちを騙していたのかと詰め寄る信者たち。

 

エミはトワコを抱えて逃げ出すが、トワコは途中で息絶えてしまう。

最終29話

エミはコドクの完成の為に、ミチカにミチカ自身の肉を食べてもらうと言い、ミチカの腹の肉を削ぎ落す。

 

その肉をフライパンで焼いてミチカの口に運ぶが、ミチカは口を閉ざして食べることを拒否する。

 

エミはその肉を自分で食べ「美味しいですよ」と軽く微笑む。

 

そんなエミに抵抗するかのようにミチカは言葉を振り絞る。

 

ミチカはエミが怖いのは『孤独』だと指摘する。

 

例えここを出たとしてもエミはずっと孤独で、生き地獄を味わうのだと。

 

ざまあみろとエミをなじり優越感に浸るミチカだが、エミは意外な言葉を口にする。

 

「コドクに勝って私が呪いたい相手。それは…私自身です。」

 

そう言いながら煮えたぎったフライパンの中身をミチカの頭部にかける。

 

激痛に耐えるミチカはこの時初めてコドクを開催したことを後悔する。

 

苦しむミチカをみてエミはこう続ける。

 

天使のように可愛かったトワコが地獄に堕ちてしまっているので、エミは自分を呪うことによって地獄に行き、トワコを救うのだと。

 

ミチカはエミが狂っていると確信し、本当の狂気というものがどんなものかを初めて理解する。

 

エミはノコギリを持ち出し、ミチカの首に刃をかける。

 

そしてミチカはエミに最後の言葉をかける。

 

「エミ、地獄に堕ちろ」

 

満面の笑みでその言葉を受け入れるエミ。

 

エミはミチカの首を切り落とし、これまでの被害者の首と一緒に並べる。

 

そして一人天に向かって手を掲げ叫ぶ。

 

「さあ殺せ!私を地獄へ連れて行け!!」

 

そう叫ぶエミは狂人以外の何物でもなかった。

 

後日、警察が廃ホテルを訪れ、死体と一人生き残ったエミを発見する。

 

【エピローグ】

刑務所の独房に収監されているエミ。

 

訪れた刑事は発見時エミが持っていた写真を見せる。

 

それはエミとトワコが写った写真であった。

 

その写真はエミとトワコが笑っている幸せそうな写真だが、トワコが地獄に堕ちて苦しんでいると信じるエミにはトワコが苦悶の表情を浮かべているように見えていた。

 

トワコが苦しんでいるからそれを救うため自分を早く地獄に行かせてくれと懇願するエミ。

 

刑事は娘さんは可愛い笑顔で写っていると告げ、エミは絶望してうずくまる。

 

刑事は今エミは自身が望んだ通りの本当の地獄にいるが、エミ自身がそれに気付いていないことを悟る。

 

そしてエミは最後にこうつぶやき物語は幕を下ろす。

 

「ひとりは いやなの」

 

(ドクムシ the ruins hotel 完)

 

【↓試し読みはコチラ↓】

⇒「ドクムシ-the ruins hotel-」を無料で試し読み

(まんが王国に行くので「ドクムシ」で検索してくださいね(*^^*))

 

6巻の感想・みどころ解説

鬼滅の刃18巻見どころ紹介

前作ラストとの繋がりがやっと判明

前作「ドクムシ」のラストで赤ん坊を抱いて窓からレイジの病院を見つめる女性の姿が描かれていましたが、あれはレイジとマリの子供を抱いたエミだったのです。

 

僕は別記事で「あの女性は実はエミなのでは?」と予想してましたが、その予想は見事に裏切られる形となりましたw

 

ただやっと真相がわかってスッキリしました。

 

死んだ女性から生まれた子供というのは若干無理があった気もしますけど(;^ω^)

 

「ドクムシ-the ruins hotel-」6巻まとめ

6巻まとめ・総評

エミの心理を考えながら読むと途中でアタマがおかしくなりそうでした((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

なのであまり考えずにさらっと読むのがオススメです。

 

正直僕は前作より面白かったですね。

 

この最終巻のエミの狂気は前作を超えていますし、また娘同然に育てていたトワコが本当にいい子で、トワコが息絶える場面は読んでて胸が苦しくなりました。

 

エログロで狂気に満ちた作品でしたけど、トワコとエミの愛情には心温まります。

 

総評としてかなり怖い作品でした。

 

グロさというより、狂気の描写という部分で。

 

【↓試し読みはコチラ↓】

⇒「ドクムシ-the ruins hotel-」を無料で試し読み

(まんが王国に行くので「ドクムシ-the ruins hotel-」で検索してくださいね(*^^*))

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^*)

【↓前巻のネタバレもチェックする↓】

前巻:5巻
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マンガログ , 2020 All Rights Reserved.