電子書籍・VODサイト比較、漫画の無料・最安情報

ブルーピリオド1巻をほぼ無料で読む方法とネタバレ感想紹介

 
ブルーピリオド1巻
この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

本日は山口つばさ先生が送る大人気作

 

「ブルーピリオド」

ブルーオーシャン1巻

1巻をほぼ無料で読む方法を紹介し

あらすじ・感想をネタバレ交えレビューしていきます。

 

 

この記事はこんな方に向けて書いています

  • 1巻の内容、みどころが知りたい
  • 1巻を無料で読みたい。

 

 

【↓先に試し読みしたい方はコチラ↓】

⇒【無料試し読み】ブルーピリオド1巻  

(ebookjapanの作品ページへ)

 

ブルーピリオドレビュー記事一覧

1巻2巻3巻4巻5巻6巻

 

「ブルーピリオド」1巻をほぼ無料で読む方法

「ブルーピリオド」1巻をほぼ無料で読むには

 

VODサイトのU-NEXTを使います。

 

U-NEXTは日本最大級の動画配信サイトで、

電子書籍も配信しており、

見放題の映画・アニメが90,000本もあります!

 

U-NEXTに初めて申し込みの方には

31日間の無料お試し期間があり、

申し込み時に600円分のポイントが付与されます。

 

 

そのポイントを使えば、

「ブルーピリオド」1巻(税込660円)を

 

ほぼ無料(=60円)で読むことが出来ます。

※無料トライアルの31日以内に解約すれば料金は一切かかりません(*^^*)

↓↓1巻をオトクに読むなら↓↓

登録・解約共に2~3分ほどで済みますよ(*^^*)

※もし既にU-NEXTには登録済みだと言う方は

music.jpをご利用ください。

 

music.jpVODサイト

無料お試し期間にもらえる600円分のポイントで

「ブルーピリオド」1巻がほぼ無料で読めます。

こちらもお試し期間中に解約すれば費用は掛かりません。

 

無料期間は1日短い30日間となっています。

「ブルーピリオド」1巻レビュー(あらすじ・みどころ解説)

1巻のざっくりネタバレ

物語の主人公、高校2年生の矢口八虎は、金髪、酒、タバコ、夜遊び当たり前の不良だが、学校では人当たりも良く成績優秀の人気者だった。

 

しかし八虎は、充実しているはずの日常がなにか虚しいと感じていた。

 

 

家で勉強していた八虎は美術室にタバコを忘れたことに気づく。

 

美術室にタバコを取りに戻る八虎だが、そこで大きな絵に目を奪われる。

 

その時、女装男子の鮎川龍二(ユカ)に後ろから声をかけられた。

 

龍二が美術大学を志望していることを知り、芸術系の大学には将来性がないと指摘する八虎。

 

堅実な大学に行くことが当たり前だと思っている八虎にとっては、美大を志望している龍二の気持ちが分からないでいた。

 

 

ある日大荷物を抱えた美術部の森先輩を見かけ、美術室まで荷物を運ぶのを手伝う八虎。

 

そこで、この前見た大きな絵を描いたのが森先輩だと知る。

 

八虎は森先輩と話をするなかで、森先輩が才能だけで絵を描いているのではないのだと感じていた。

 

 

八虎は美術の時間に、なんとなく自分の見た渋谷の街を描いてみる。

 

なんでもっと早く描き始めなかったのかと後悔しながら絵を完成させる。

 

張り出された八虎の絵を見る友人たち。

 

真っ青なその絵を見た友人たちに絵を褒められて、八虎は思わず涙を流す。

 

絵を描くことが楽しいと感じてはいたが、やはり絵の道に進むのは現実的ではないと諦める八虎。

 

 

そんなとき龍二から美術部の手伝いを頼まれる。

 

手伝いをするなかで、日本一受験倍率が高いという東京藝術大学の存在を知る八虎だが、どうしても美術なんて時間の無駄だと思ってしまう。

 

だが気持ちとは裏腹に、家に帰っても絵を描くことをやめない八虎。

 

八虎は自分の描いた絵を美術部の顧問の先生に見て貰ううちに、絵を描くことや美大に進むことにはメリットがあると教えられる。

 

好きなことを頑張るのは悪いことではないと感じた八虎は、美術部に入部すること、藝大を受験することを決心する。

 

 

親を説得しないといけないという不安がありながらも、美術部に入部した八虎。

 

絵については初めて知ることが多く完全に初心者の八虎だが、基本からしっかりと教えてもらい、楽しみながら絵を描いていく。

 

しかし、疲れて家に帰って寝ている間に、母親が進路希望票を見てしまう。

 

ちゃんとした大学に進んでくれると思っていた母親はショックを受けていた。

 

 

そんなことを知る由もなく、八虎は毎日絵を描き続けていく。

 

なんとなくで描いていた絵をちゃんと技術から理解して絵を描いていく。

 

 

夏休みに入り、家で絵を描きながら寝てしまった八虎の部屋に母親が入ってくる。

 

母親はあたりに散らばった絵がきれいだと思い絵の日付を見る。

 

八虎がたった2ヵ月で描いた絵だと知った母親は、八虎を応援することを決心する。

 

 

夏休みも終わり、美術の課題もすべて達成した八虎は、森先輩が武蔵野美術大学に合格したことを知る。

 

絵を描くきっかけになったのが森先輩の油絵だった八虎は、藝大油画科に進むことを決め、龍二と共に予備校の冬期講習を受けることにした。

 

予備校と美術部では雰囲気や緊張感が違うことを感じる八虎。

 

 

予備校の東京美術学院で、八虎と高橋世田介は出会う。

 

最初は世田介のアクの強さにびっくりする八虎だが、石膏像の課題で世田介の絵を見てその圧倒的なウマさに衝撃を受ける。

 

しかも石膏像を描いたのは初めてだった世田介。

 

八虎が初めて天才と出会った瞬間だった。

 

 

駅のホームで偶然世田介を見かける八虎。

 

世田介と話しながらも天才と自分を比べてしまうが、八虎は落ち込むどころかより一層やる気になる。

 

そして天才に追いつけるように努力していくことを八虎が決意するシーンで1巻は終わる。

 

【↓試し読みはコチラ↓】

⇒【無料試し読み】ブルーピリオド1巻  

(ebookjapanの作品ページへ)

 

1巻みどころ解説

鬼滅の刃18巻見どころ紹介

八虎の描いた「真っ青な渋谷の街」

森先輩の大きな油絵を見てから八虎は美術の課題で絵を描いてみます。

 

自分が見た世界を表現しようと、自分なりに試行錯誤して絵を完成させ、友人に絵を褒められて涙をながす八虎。

 

自分の世界を人に理解してもらうっていうのは、実は簡単なことではなくて、八虎にとってはすごく難しいことだったのではないでしょうか。

 

絵を通してそれを理解してくれたことが、八虎にとって何より嬉しかったのだと思います。

 

八虎が絵の道に進みはじめた瞬間ですね。

 

思わずもらい泣きしてしまいました。

 

母親の応援

八虎の進路志望を知り、ショックを受けていた母親ですが、八虎の絵を見てきれいだと感じます。

 

そして八虎が2ヵ月で描いた絵だっと知って応援することを決心します。

 

八虎が本気で絵を描いているということが母親にも伝わったのだと思います。

 

才能があるとかないとかではなく、八虎が純粋に絵が好きだというのが分かります。

 

なにより説得したつもりもないのに、寝ていただけで母親を説得してしまった八虎ww

 

超能力者ですかww

 

天才と出会う

八虎は予備校で世田介くんと出会います。

 

世田介くんは間違いなく天才ですが、始めたばかりで追いつこうとする八虎もある意味天才です。

 

毎日絵を描くだけでなく、天才に追いつくまで描き続けてやろうという八虎は純粋にすごいと思いました。

 

八虎は森先輩にも影響を受けていましたが、天才の世田介くんにどんな影響を受けていくのか、今後の展開が楽しみになる出会いでした。

 

個人的には、最後のシーンのセリフにはグッとくるものがありました。

 

【↓試し読みはコチラ↓】

⇒【無料試し読み】ブルーピリオド1巻  

(ebookjapanの作品ページへ)

 

1巻の口コミ

わかります!!

創作たことない人も何かしてみようかなと思っちゃいます。

漫画読んでるのに涙で読めない…

ブルーピリオドではよくありますww

全くその通りですww

ぜひ多くの人に読んで欲しい漫画ですね。

 

 

「ブルーピリオド」1巻まとめ

1巻まとめ・総評

1巻では不良の八虎が絵に向き合い始めたきっかけから、予備校に通いだすところが描かれていました。

 

天才と、人一倍絵を描いて成長していく八虎。

 

今後の展開が楽しみになるような始まりの1巻だったと思います。

 

八虎はどのように成長していくのか、夢を叶えることが出来るのか。

 

気になるところはたくさんありますので、2巻に期待です。

 

⇒【無料試し読み】ブルーピリオド1巻  

(ebookjapanの作品ページへ)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^*)

この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マンガログ , 2020 All Rights Reserved.