電子書籍・VODサイト比較、漫画のネタバレ情報をお届け

漫画「あおいさんは16歳年下」のネタバレ|1巻完結

 
あおいさんは16歳年下アイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

『告白した相手の背中にはランドセルが!?』

 

あおいさんは16歳年下

 

この記事では、これまで3万冊以上の漫画を読破している筆者が広告で話題の漫画「あおいさんは16歳年下」について解説していきます。

 

【この記事でわかる事】

☑「あおいさんは16歳年下」のネタバレ

☑「あおいさんは16歳年下」を無料で読む方法

☑登場人物の情報

☑あおいさんは16歳年下を読んでみた感想

【↓先に試し読みはコチラ↓】

⇒「あおいさんは16歳年下」を無料で試し読み

まんが王国に行きますので「あおいさんは16歳年下」で検索してください(*^^*)

 

『あおいさんは16歳年下』を無料で読む方法

ひかりTVブック、コミック.jpの無料期間を利用する。

無料期間 初回にもらえるポイント 備考
ひかりTVブック 申し込みした月のみ 1170円分 990円コースに登録。

 

コミック.jp 30日間 675円分⇒1350円分 2021/6/1まで倍の1350ポイントもらえる。

 

詳しく説明していきます。

【ひかりTVブック】で無料で読む

ひかりTVブックの990円コース初回登録で、初月の会員費が無料かつ1170円分のポイントがもらえます。

そのポイントを利用すれば「あおいさんは16歳年下」が1冊無料で読めます。

「あおいさんは16歳年下」の画像

無料期間中に解約しても費用は一切発生しません。

 

↓「あおいさんは16歳年下」を無料で読む↓

 

【コミック.jp】で無料で読む

コミック.jpは30日の無料お試し期間があり、初回登録時にもらえる675円分の無料ポイントがもらえます。

2021年6月1日18時までは倍の1,350ポイントもらえ、そのポイントで「あおいさんは16歳年下」を無料で読むことが出来ます。


無料期間中に解約しても費用は一切発生しません。

↓「あおいさんは16歳年下」を無料で読む↓

 

『あおいさんは16歳年下』のネタバレ(結末まで)

1話ネタバレ

「好きです。付き合ってください」

毎週水曜日にパンを買いに来る美女に意を決して告白したパン屋の店主、橋田夏海(はしだなつみ)。

 

告白され、困った様子を見せる女性。

しかしその背中には何とランドセルのようなものが…。

夏海は見間違いかと思い目をこするが、それは間違いなくランドセル。

夏海が想いを寄せていた女性は実は小学生であった。

 

自分が小学生に告白してしまったことを自覚した夏海は絶望の表情を見せる。

しかし告白された女性、もとい少女は「付き合うとか良く分からないので、まずはお手紙交換しませんか?」と提案。

その表情にときめいた夏海は思わず「はい♡」と答えてしまう。

 

5時になったことに気付いた少女は明日手紙を持ってくると言い残し、帰っていく。

橋田夏海は28歳にして小学生とお手紙交換を始めることになった…。

 

2話ネタバレ

翌日、例の少女に告白したことをパン屋の隣で絵画教室を開いている幼なじみのミキに話す。

少女はミキの絵画教室の生徒で葵(あおい)という名前。

ミキはなんか面白そうだったので葵が小学生ということはあえて教えなかったとからかう。

夏海は葵が小学生ということがわかったので、告白は間違いだったと葵に告げる決心をする。

 

その日の午後、葵が昨日約束した手紙を夏海の元へ持って来る。

葵の健気な姿勢に心打たれる夏海だが、話している内に小学生らしさを見せる葵を可愛く感じ、彼女の頭を撫でる。

手紙を受け取り、次の絵画教室の日までに返事を書いておくと約束する夏海。

 

葵は店を出るが、頭をなでなでされたことにトキメキを感じ、夏海に恋心を抱いてしまう。

一方夏海は葵への「キレイなお姉さんイメージ」が崩れ、「小学生らしいカワイイ子」へとイメージが変換するのであった。

 

3話ネタバレ

ポーっとした表情を浮かべ帰宅する葵。

自室の机に向かい、夏海の似顔絵を描き、手足をバタバタさせる。

そして今頃夏海は何をしているのだろうとため息交じりに考える。

 

そのころ夏海は本屋で返信用の可愛いレターセットを選んでいた。

本屋でバッタリ同級生と会った夏海は、そのまま同級生と飲みに行く。

 

家に帰りついた夏海は、葵からの手紙を開き、その中に入っていたプロフィール帳を書いていき、葵からの手紙を読む。

見た目とはギャップのある葵の手紙のかわいさに思わず「かわいい…」とつぶやいてしまう。

「相手は小学生だから」と自分の思いを必死で打ち消し、返信を書く夏海。

告白のことを謝りつつ気持ち悪くない返事を書こうとするが中々筆は進まずに夜が更けていくのであった。

 

4話ネタバレ

そして翌週の水曜日、絵画教室が始まる前に夏海のパン屋に駆け込んでくる葵。

夏海が手紙を渡すと、葵は顔を赤らめて喜び、何度もお礼を言って教室に向かう。

 

葵は絵画教室で早速夏海からの手紙を開ける。

夏海からの返信には手紙のお礼と、いつでもパン屋に遊びに来てねという短い内容が書かれていた。

葵はプロフィール帳に書かれている夏海の名前を見て「王子様みたい…」と妄想に浸る。

 

絵画教室が終わった後、葵は再び夏海のパン屋を訪れる。

そして夏海は葵が小学生であることを知らず、大人の女性と思い勘違いで告白してしまったことを謝る。

しかし葵はそのことを知っており、手紙交換もパン屋さんに恋するのも自分がしたいからするんだとさらっと言う。

とまどう夏海に「これからパン屋さんのこと、なつみくんって呼んでもいいですか?」と尋ねる葵。

なつみは呆然として「あ…は、はい」と返事をしてしまう。

 

そしてあおいは次はまた自分が手紙を書いて持って来ると言って店から帰っていく。

 

5話ネタバレ

作成中

6話ネタバレ

作成中

7話ネタバレ

作成中

8話(最終話)ネタバレ

作成中

 漫画『あおいさんは16歳年下』の主要登場人物・キャラクター

  橋田夏海(はしだ なつみ)

28歳のパン屋の店主。

毎週水曜日に来るキレイなお姉さんを密かに想っていたが、実は彼女は小学6年生だった…。

 

尾道 葵(おのみち あおい)

見た目はキレイなお姉さんだが、実は小学6年生。

夏海のパン屋の隣にある絵画教室に通っている。

夏海から勘違いで告白されるも、今度は葵の方が夏海を好きになってしまい…。

 

 

漫画『あおいさんは16歳年下』を読んだ感想

メチャクチャ続きが気になる!

結局ラストは何も解決はしてなくて(そもそも夏海は途中から恋してないので何も問題はないが)、夏海とあおいの関係が淡々と描かれていました。

今後この2人の関係に変化があるのかが見たくて仕方ありません。

葵が中学生になって、同級生や先輩にモテ始めて心揺らぐ描写や、高校卒業して大学生or社会人になって遂に夏海が振り向いてくれるといった展開がどうしても見たいです(‘Д’)

 

明確な結末ではなかったので、どうしてもそんな感情になってしまいます。

描かれたのは大人への憧れ、そして子供への眼差し

大人なら葵と夏海の両方の視点を楽しめますし、子供が読んでも葵側の視点ですごく共感が持てます。

 

最初は大人と子供の禁断の恋愛ストーリーかと思ったのですが、早々に大人側の夏海は恋心を無くし、「子供だからカワイイな」的な視点で進んでいきます。

逆に子供側の葵は告白されたことによって「大人への憧れ」と恋心を混同してしまい、恋に恋する少女になってしまいます。

こういう「大人になりたい」と背伸びする感じ、子供の頃はよくあります(;^ω^)

 

葵を見ていると、自分の昔を思い出してしまい、少し恥ずかしくなってしまうのもこの漫画の持つ魅力です。

 

 

 漫画『あおいさんは16歳年下』ネタバレと感想まとめ

作成中

 

【↓試し読みはコチラ↓】

⇒「あおいさんは16歳年下」を無料で試し読み

まんが王国に行きますので「あおいさんは16歳年下」で検索してください(*^^*)

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
マンガ読み続けて30年、マンガ好きのKです。 マンガを安く読みたい、VODはどこがいい?といった要望や疑問に、今までのVOD・電子書籍利用体験を基にお答えしていきます。

Copyright© マンガログ , 2021 All Rights Reserved.